タグ別アーカイブ: ブレークスルー

レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli

現CEOのヨアン・ヴィー・クヌッドストープ氏がレゴ社の低迷期である2004年にトップに就任した際に行った改革の1つが、開発デザイナーへの厳しい制限でした。それまでは自由度を高めることで創造性を確保しようと、レゴのパーツの形や色、数はデザイナーに一任していたのです。

クヌッドストープ氏はこのやり方を改め、1つの製品で使えるパーツの数に制限を課します。デザイナーからは「自由度が制限されれば、製品の創造性も損なわれる」と反論しましたが、同氏は「制約があるからこそ革新が生まれるのだ」と言下に断ったのでした。

これはレゴの製品そのものにも通じる精神です。1つの製品には限られたパーツしか入れられていません。しかし子供達はその中で創意工夫し、大人では想像もつかないようなオブジェを作り上げます。限られた状況の中で知恵と創造力を振り絞るからこそ、真のブレークスルーが見つかるのです。

引用元: レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli.

頭脳放談:第163回 MRAMの時代がやってくる? – @IT

ご存じかと思うがMRAM以外にも、いろいろな原理の新しい不揮発メモリが提案されている。それらは全て現時点の代表的なメモリであるSRAM、DRAM、Flash(フラッシュメモリ)の弱点を突いて自分の居場所を見つけようとしている。SRAM、DRAMは高速で、実用的にはほぼ無限ともいえる書き換え可能回数を持つが、電源を切れば記憶は消えてしまう。それに対して、Flashは電源を切っても記憶は残るが、速度は遅い。特に書き込み速度のDRAMと大差があり、致命的に遅すぎる。そして、DRAMもFlashもそろそろ原理的に集積度の壁にぶち当たりつつある。ブレークスルーが待たれているような状態にあるわけだ。新たな不揮発メモリは、altenergy06速い書き込みと多い書き換え可能回数を持つが、STT型のMRAMは、DRAMに匹敵する速さと書き換え可能回数に近いところまで来ており、他の不揮発メモリと比べてもアドバンテージがある。市場規模を考えれば力瘤が入るのもうなずける。

引用元: 頭脳放談:第163回 MRAMの時代がやってくる? – @IT.

「ユニバーサルサービス」こそ、イノベーションとクリエイションの源 – Chikirinの日記

それらを使用するためのコストが高すぎたり、使うのに高い専門技術が必要だと(=誰でも簡単に利用できないと)、少数の特別な人だけがその用途を考えるので、たいしておもしろいことが起こらないのです。

ところが、価格や技術障壁が下がり、誰にでも利用できる状態になったとたんに、わけのわからん人も含めて世界中の人がそれを使いはじめる。すると、これまで誰も想像していなかったような画期的なアイデアを持ち込む人が現れ、次のブレークスルーやイノベーションにつながっていくのです。

引用元: 「ユニバーサルサービス」こそ、イノベーションとクリエイションの源 – Chikirinの日記.

オンライン教育が教えてくれること

オンライン教育が教えてくれること: 突如可能になったこととどうしても必要とされていたものが出会ったとき、大きなブレークスルーは起きる