タグ別アーカイブ: フラッシュ

パパラッチを回避する服 – 革新的発明と製品情報

海外の衣料メーカー『Betabrand』が、このパパラッチを回避することができる服のコンセプトを発表した。カメラのフラッシュを物凄く反射することができるので、フラッシュを使った撮影でしたら、はっきり見えなくなり、パパラッチを無効化してくれる。

引用元: パパラッチを回避する服 – 革新的発明と製品情報.

アプリケーション高速化に集中:米Fusion-io、PCIeフラッシュ新製品発表とともに戦略もシフト – @IT

「だが、IONもアプリケーション高速化のための製品だ。ストレージというと、スナップショットとか重複排除といった機能の話になる。しかし、アプリケーション側で、そうした機能を果たすツールはたくさん提供されているし、データベース管理者はそれに親しんでいる。だから、改めてこうした機能を買う必要はない」。

引用元: アプリケーション高速化に集中:米Fusion-io、PCIeフラッシュ新製品発表とともに戦略もシフト – @IT.

「万物のGoogle」を目指す携帯スキャナー「SCiO」 « WIRED.jp

「Google」は素晴らしいシステムだが、欠点もある。物理的なモノを検索できないことだ。薬剤についての情報であればGoogleで検索できるが、ハンドバッグの底で、何の薬だったか忘れてしまった昔の錠剤を発見した場合は、その用途は「ググれない」。

こうした状況を変える必要があると考えているのが、Consumer Physics社の共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のドロール・シャロンだ。イスラエルの都市テル・アヴィヴを拠点とする新興企業である同社は、ハンドヘルドスキャナー「SCiO」によってこの問題を解決しようとしている。SCiOは、フラッシュメモリーほどの大きさで、食品や薬品をスキャンすると分子組成を調べることができる機器なのだ。

スマートフォンに搭載されるカメラが進化したおかげで、光学技術の小型化には、すでに多くの時間と金が費やされてきた。Consumer Physics社の共同創設者であるシャロン氏とダミアン・ゴールドリングは、こうした技術の大きな進歩を利用して、小型スペクトロメーター(分光計)を開発できると考えた。スペクトロメーターは、世界中の科学研究所ですでにで活用されている技術だが、これを小型化して一般の人に使いやすくすれば、大きな可能性があると考えたのだ。

引用元: 「万物のGoogle」を目指す携帯スキャナー「SCiO」 « WIRED.jp.

フラッシュを搭載するだけでは不十分:「ストレージの世界のアップル」を目指す、米ティントリCEO – @IT

「2014年末までには、ハイパーバイザから独立した製品になる。これにより、1台のVMstore上に、ESXi、KVM、Hyper-Vの仮想マシンを混在できるようになる。スナップショット、レプリケーション、クローンといった機能は、これらすべての仮想化環境に対してまったく同じように適用できることになる」。

ティントリは2015年の株式公開に向けた最後の資金調達を2014年2月に実施。これに基づいて、日本を含む世界市場における本格的な事業展開を始めている。

引用元: フラッシュを搭載するだけでは不十分:「ストレージの世界のアップル」を目指す、米ティントリCEO – @IT.

イェッター氏が語る、「IBM POWER8のここがすごい!」:企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)

今回は、従来なら公開しないIBM独自のアーキテクチャ部分をオープン化し、3rdパーティーに開示することにしたのだ。さらにPOWERベースのハードウェア上で3rdパーティーがさまざまな開発ができるよう「OpenPOWER Foundation」というコミュニティも、2013年にすでに立ち上げている。これらによりIBMだけでなく3rdパーティーベンダーが、最新POWERベースサーバーに付加価値を容易に提供できるようにしたのだ。

その1つが、CAPI (Coherent Accelerator Processor Interface)という仕組みの活用だ。CAPIを使うと、PCIe経由で接続する機器とプロセッサ間の通信を高速化できる。従来であればこれを最大限に活用できるのはIBMだけだったろう。それがコミュニティでの取り組みにより、3rdパーティーのフラッシュメモリストレージなどもこのCAPIを使って高速化できるのだ。今後OpenPOWER Foundationに参加している企業が、Power Systems上で動くさまざまな付加価値製品をどう展開してくれるかがIBMのサーバービジネスの成否を左右することとなりそうだ。

引用元: イェッター氏が語る、「IBM POWER8のここがすごい!」:企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ).

参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO

困っていたこととして、ネットワーク構成上ブロードキャストドメイン(L2ドメイン)が広くなっており、サーバのNICがdown/upしてMacアドレステーブルがフラッシュされてしまったタイミングで1Gbps超のデータが発生する(unknown unicast flooding)問題が発生していたそうです。対策としてはL2ドメインを狭めることとして、元々は集線スイッチ単位でL2ドメインを構成していたものを、エッヂスイッチ単位でL2ドメインが分かれるように構成を変更したそうです。またシステム構成上インターネット向けの通信だけでなくサーバ間通信も大量に発生するため、各集線スイッチからインターネットに出る線とは別に集線スイッチ同士を繋ぐ線を用意し、通信を分離する施策も行ったとのこと。またL2ドメインを細分化したことに合わせて、これまでL2DSR方式で行っていたロードバランサをL3DSR(DSCP)に変更したそうです。

引用元: 参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO.

アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch

親機としてスマートフォンが必要な腕時計型デバイスとは異なり、EC309は単独でスマートフォンとしての使用が可能。microSIMカードを装着でき、3G(W-CDMA方式)による通話および通信いずれもサポートする。

OSのバージョンはAndroid 4.0で、Google Playからのアプリダウンロードに対応する。CPUはデュアルコア仕様(1.2GHz)。RAMは512MB、ストレージは4GBフラッシュメモリ。タッチスクリーン液晶の解像度は240×240ドット。本体部サイズは47.5×42.0×13.0mm(幅×奥行き×高さ)。重量は76g。

このほか、GPS、重力センサー、Wi-Fi、200万画素カメラ、Bluetooth 4.0などの機能を搭載する。通話時間は最大180分、スタンバイ時間は約100時間。本体カラーバリエーションはブラックとホワイト。

引用元: アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch.

SanDisk、既存のDIMMスロットに装着できる超低遅延SSD「ULLtraDIMM」 – PC Watch

既存のRegisterd DDR3 DIMMスロットに装着できるサーバー向けのSSD。ストレージコントローラやバスコントローラなどを経由せずにデータを記録でき、最近のCPUはメモリコントローラを内蔵するため遅延が少なく、書き込みレイテンシは5μsec以下としている。 また、シーケンシャルリードは1GB/sec、同ライトは760MB/sec、ランダムリードは15万IOPS、ランダムライトは65,000IOPSを実現。同社はビッグデータの解析や高頻度トレーディングなどの金融アプリケーション、ストレージ仮想化、仮想化デスクトップインフラストラクチャ向けとしている。 3つの独自技術「Guardian」を搭載。FlashGuardは書き込みパラメータを最適化し、MLCフラッシュにおけるデータの信頼性を確保。DataGuardはデータパスを保護し、転送時に発生するデータの破壊を防ぐ。EverGuardは電力喪失時のデータ消失を保護する機能で、第3世代のバックアップ電源回路と高信頼性のディスクリートコンデンサによって構成される。 開発には次世代エンタープライズコンピューティング技術を開発しているDiablo Technologiesが携わったとしており、同社の「Memory Channel Storage」技術が利用されているとみられる。

引用元: SanDisk、既存のDIMMスロットに装着できる超低遅延SSD「ULLtraDIMM」 – PC Watch.

頭脳放談:第163回 MRAMの時代がやってくる? – @IT

ご存じかと思うがMRAM以外にも、いろいろな原理の新しい不揮発メモリが提案されている。それらは全て現時点の代表的なメモリであるSRAM、DRAM、Flash(フラッシュメモリ)の弱点を突いて自分の居場所を見つけようとしている。SRAM、DRAMは高速で、実用的にはほぼ無限ともいえる書き換え可能回数を持つが、電源を切れば記憶は消えてしまう。それに対して、Flashは電源を切っても記憶は残るが、速度は遅い。特に書き込み速度のDRAMと大差があり、致命的に遅すぎる。そして、DRAMもFlashもそろそろ原理的に集積度の壁にぶち当たりつつある。ブレークスルーが待たれているような状態にあるわけだ。新たな不揮発メモリは、altenergy06速い書き込みと多い書き換え可能回数を持つが、STT型のMRAMは、DRAMに匹敵する速さと書き換え可能回数に近いところまで来ており、他の不揮発メモリと比べてもアドバンテージがある。市場規模を考えれば力瘤が入るのもうなずける。

引用元: 頭脳放談:第163回 MRAMの時代がやってくる? – @IT.

IBM、x86のメモリバスにフラッシュメモリを直結した新アーキテクチャのx86ハイエンドサーバを発表。最大で12テラバイトの超高速ストレージ統合サーバ - Publickey

メモリバスにフラッシュメモリを直結

フラッシュメモリは「XFlash」メモリチャネルストレージという技術により、DIMMベースでx86のメモリバスに直結されています。最大で12.8テラバイトまでのフラッシュメモリがプロセッサからバス経由でアクセスできるため、非常に高速で低レイテンシなストレージがサーバに統合されていることになります。

FlashCache Storage Accelerator技術によって、アプリケーションからはこのフラッシュメモリがSANやNASと同様にアクセスできるため、大規模データに対して高速なトランザクション処理や分析などが飛躍的な速度で行えるわけです。

引用元: IBM、x86のメモリバスにフラッシュメモリを直結した新アーキテクチャのx86ハイエンドサーバを発表。最大で12テラバイトの超高速ストレージ統合サーバ - Publickey.