タグ別アーカイブ: フィート

飛行機の機内食はなぜ美味しくないのか? « WIRED.jp

1952年にエコノミークラスが導入され、それまで少数のための特権だったサーヴィスを、多くの乗客に対して提供することはできなくなった。クオリティの高いサービスはビジネスクラスの特権として残ったが、次にフライトの技術が進歩するに従って、味覚にとっては不都合が生まれた。

その1つが、気圧だ。今日の飛行機は、高度35,000フィートか、さらに高くを飛ぶことができる。高度の影響を最小化するために、機内に対して与圧が行われているのだが、この気圧が食物を味気なくする。

もう1つの味覚の敵が、機内の湿気が低いことだ。ド・シオンによると、機内では数分ごとに空気が循環するようにコントロールされているため、エアコンの効果と相まって、わたしたちの目の前の皿の中身は信じられないほどの速さで冷めて乾燥するのだという。これが、数分でおがくずのようになってしまうであろうグリルチキンがまずメニューに現れず、むしろソース漬けの食べ物が多い理由だ。

ドイツのフラウンホーファー研究所はさらなる手段を求めて、何年も研究を続けている。飛行機での環境をすべてシミュレートし、気圧や湿度、気温や騒音から振動、さらには照明の変化の影響を検証しているのだ。

判明したのは、気圧は嗅覚──味を知覚する上で基本となる──をも変化させるということだ。その結果、甘味と塩味は著しくゆがめられる。しかし、苦味と旨味はほとんど変化しなかった。つまり旨みの強いトマトや肉などの食材や、カレーなどの調理法は「有利」だというわけだ。

引用元: 飛行機の機内食はなぜ美味しくないのか? « WIRED.jp.

観覧車付きクルーズ客船 – 革新的発明と製品情報

観覧車のようなキャビンを持つクルーズ客船。300フィート(ほぼ91メートル以上)の高さまで美しい景色を見渡すことができて、素敵な体験になりそう。

引用元: 観覧車付きクルーズ客船 – 革新的発明と製品情報.

ボーイング777xが同社の歴史始まって以来の大型受注 – Market Hack

ドバイのエアショーでボーイングの777x(トリプル・セブン・エックス)がエミレーツ航空から150機の注文を受注しました。これは760億ドルに相当します。カタール航空も50機、190億ドルの発注をしています。その他、合計すると今回の見本市だけでボーイングは1000億ドルを超える777xの注文を受注しました。納品は2020年頃と予想されています。ボーイングは向こう20年間で1.1兆ドルの777xを受注すると見積もっています。

777xはエミレーツ航空を初めとした中東の顧客の都合を最優先したデザインになっています。例えば砂漠の極めて高い気温の中でもエンジンが過熱することなく安全に離陸できること、また中東の航空会社のルートは長距離が多いので、一回の給油でこれまで以上に遠くへ飛べることなどの性能が要求されます。777xは特殊な合成素材を採用することで翼幅234フィートという、極めて長い主翼を実現しています。

引用元: ボーイング777xが同社の歴史始まって以来の大型受注 – Market Hack.

簡単に、しかし本格的にライト・ペインティング(長時間露光写真)を愉しむPixelstick | TechCrunch Japan

今回紹介するPixelstickは、ライト・ペインティングを徹底的に愉しむためのツールだ。

pixel test 2

Pixelstickという名前の通り、Pixelstickとはピクセルを並べたステッキだ。

もう少し詳しく紹介しよう。長さ6フィートの棒に、198個のフルカラーLEDが搭載されている。ハンドヘルドコントローラー、SDカードリーダー、カードから読み取ったイメージをパースするための電気的な仕組み(回路)から構成されている。

画像投影時、Pixelstickは画像を1列ずつ再現していく。目で見ていても、単に光が見えるだけで意味をなさなない。これを開放モードにしたカメラの前でゆっくり動かすことにより、それぞれのピクセルが画像となって記録されることになる。Pixelstickの描く光の軌跡により、使う人のイメージが写真上に実現されていくのだ。

これだけでもかなりクールな存在なのだが、実はアニメ画像を作成することもできる。連続イメージをSDカードに読み込み、それぞれの撮影シーンをコントローラー側で制御して再現する。まだ見ていない人は、ぜひ上のビデオを見てみてほしい。サンプルを見ればどれほど面白いことができるのかを感じてもらえるはずだ。Pixelstickは回転(スピン)させて使うこともでき、ぐるぐると目の回るような螺旋状のアニメーションも作成できる。

引用元: 簡単に、しかし本格的にライト・ペインティング(長時間露光写真)を愉しむPixelstick | TechCrunch Japan.

ニュージーランド政府、「ジェットパック」試験飛行を許可 « WIRED.jp

ニュージーランドとオーストラリアのメディアが8月13日(現地時間)に伝えたところによると、ニュージーランドの航空局(CAA)はMartin Aircraft社に対し、「実験飛行許可」を承認したという。これによって広範にわたって市販される道が開けるかもしれない。

同社の最新モデル「P12」は、技術的には「ジェットパック」とはいえないものの、2基のダクテッドファンを使って上昇し、2.0リットルV4ピストン200馬力のガソリンエンジンを備えた垂直離着陸機だ。最高高度は1500m、巡航速度は56km/hに達するように設計されている。予定価格は15万ドルだという。

「Martin Jetpack」の最初のモデルが発表されたのは2008年だった。※11年には飛行試験で、高度約1500mまで上昇、時速96km以上での巡航に成功している。(日本語版記事)

TVNZの記事のなかで、CAAは次のように述べている。「試験飛行は、必要な安全手順に関する厳しい制限の対象となった。それ以外にも、地面から20フィート(約6m)または水面から25フィート(約7.6m)を超えて飛行させてはならないなどの制限が課せられたうえ、人が住んでいない地域の上空に指定された2箇所の試験飛行区域に限られる」

引用元: ニュージーランド政府、「ジェットパック」試験飛行を許可 « WIRED.jp.

飛行機が太陽エネルギーだけで合衆国横断に成功, 次は世界一周に挑戦 | TechCrunch Japan

同機は11000基の太陽電池を動力源として30000フィートの高度まで上昇し、最大時速45マイルで航行した。11000基の太陽電池の多くはきわめて長い主翼に搭載され、翼の長さはジャンボジェットのそれに相当する。重量は小型自動車程度、そしてその動力の出力は小型スクーターのエンジン程度である。

引用元: 飛行機が太陽エネルギーだけで合衆国横断に成功, 次は世界一周に挑戦 | TechCrunch Japan.

ハエを駆除可能なガン – 革新的発明と製品情報

食塩を装填してハエめがけて撃ち放つ害虫駆除ガン「BUG-A-SALT」。バッテリーは不要で、射程距離は3~5フィート(約1m~1.5m)となり、1回食塩を充填すると50発発射することが出来る。こればあれば、煩わしいハエたちを駆除することでも楽しくしてくれる。

引用元: ハエを駆除可能なガン – 革新的発明と製品情報.

部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com

驚くことではないが、新本社の設計はグーグルのデータに対するこだわりから生まれた。例えば、広さ110万平方フィート(約10万2200平方メートル)で複数階に分かれたオフィスの中のどこにいても、従業員は互いに徒歩2分半以内で会えるようになっている。グーグルと設計を担当したNBBJはどのくらいの速さで人は歩けるかを計算し、さまざまな角度からスペースの直径を計測した。(無限ループの形をした通路が建物を貫き、従業員を互いにつなげている。)加えて、典型的なオフィスよりも机の配置の間隔が狭いため、互いに他のチームが視覚の中に入るようになっている。

引用元: 部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com.

部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com

複数の研究では、同僚が互いに近くで仕事をしていることと、協力関係の増大の間に関連性があることが分かった。ミシガン大学の研究者が最近、172人の研究専門の科学者を対象に調査を行ったところ、同じ建物を共有し、日常的に移動する動線――実験室やオフィス、一番近いトイレ、エレベーターといった場所へ移動する際の動線――が重なる場合は、より顕著に協力し合うことが分かった。動線が重なる部分が100フィート増えるごとに、協力関係が20%上昇するという。

引用元: 部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com.