タグ別アーカイブ: フィクション

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

米国の刑務所には、日本の自動車部品メーカーの幹部ら51人が収監されているのだ(2015年3月9日現在)。米国の独占禁止法に違反する「価格カルテル」で摘発され、有罪判決を受けた人々である。

米司法省による日本の部品メーカー幹部の摘発がはじまったのは2010年頃から。記者が入手した資料によると、2011年9月に古川電機工業の社員3人が約10年間にわたってカルテルにかかわっていたとして2億ドルの罰金が課せられ、幹部3人が禁固刑に処された。

続いて矢崎総業に4億7000万ドルの罰金が課せられ、幹部6人が禁固刑に。他にもデンソー、日本精機、パナソニック、日立オートモティブシステムズ、三菱電機、三菱重工、東洋ゴム、ブリジストン、日立金属、日本ガイシなど計34社、51人に禁固刑が科された。

米国は他の先進国、資本主義国の中でも、自由競争を妨げるような行為に対する取り締まりが厳しい。ライバル企業間であっても、担当部署の人間同士が頻繁にあって情報交換したり、他社と調整しながら製品開発したりする日本の企業文化は米国には馴染まないのかもしれない。

だが、それだけで米国で有罪判決を受けた人間の大部分が日本人であり、日本企業であることの説明がつくだろうか。

こうした実態に疑問を投げかけた議員もいる。自民党の三原じゅんこ参議院議員だ。ことし3月16日の予算委員会で、宮澤洋一経産相(当時)にこう問うている。

<グローバル競争の中で闘う日本の企業戦士51名が、現在アメリカの刑務所に数珠つなぎにされております。具体的に申し上げると、我が国の自動車部品メーカー、これがアメリカの反トラスト法、この法律の下でカルテルを行ったというアメリカの司法省の摘発で30社51名にのぼる日本人社員が起訴または収監されているんです>

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

異常破裂の原因とされているのは、エアバックを膨らませるインフレーター内でガスを発生させるために使われる「火薬」だ。タカタは2000年以降、硝酸アンモニウムという火薬を使ってきた。

世界の部品メーカーで硝酸アンモニウムを使ってきたのはタカタのみ。他社は、世界シェア首位のオートリブ(スウェーデン)をはじめ硝酸グアニジンを使ってきた。

硝酸アンモニウムは爆発力に優れている反面、水分を吸いやすく、高温多湿の地域では体積が変化してしまうのが難点と言われていた。他の部品メーカーはこの難点を解消できなかったために採用しなかったのだが、唯一、技術的にクリアできたのがタカタだった。

タカタは自前でインフレータから布まで一貫生産する唯一の国産メーカー。もとはクルマ搭載のシートベルトを主製品にする典型的な部品メーカーだったが、80年代、タカタの「後見人」と目されるホンダからエアバック製造を持ちかけられ、経営リスクを負いながらも事業にのりだす。

ホンダは87年、高級車「レジェンド」に初のエアバックを搭載。もちろんタカタ製だ。タカタはクルマの安全文化に貢献したとして2005年、米高速道路交通安全局(NHTSA)から「特別功労賞」を受賞している。

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

野球部「廃部」のPL学園 受験生が「28人」しか来なかった (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

名門・PL学園野球部が突然、「部員募集停止」を発表してから4か月が過ぎた。背後に学園の母体・パーフェクトリバティー教団の意思があることを週刊ポスト誌上で報じてきた柳川悠二氏(ノンフィクションライター)が、2月16日発売の同誌(2月27日号)で、野球部の“廃部”によって学園そのものが存亡の危機にあることをレポートしている。

同誌によると、2月10日、大阪府富田林市にあるPL学園高校の入学試験会場は閑散としていたという。付属中学からの内部進学者を除く今年度の受験者は、国公立コースと理文選修コースを合わせた定員75人に対し、わずか28人(専願は20人)にとどまったのだという。とりわけ定員割れした理文選修コースの0.23倍という競争倍率(定員65人に15人の受験者)は、大阪府内の共学私立としては最低の数字だった(大阪私立中学校高等学校連合会のデータ)。

敷地内に点在する寮には空室や老朽化が目立ち、短大の校舎同様、取り壊されることがないまま廃墟化している建物も多い。学校関係者からは「数年後には学園がつぶれてしまうことを危惧しています」といった声まであがっているようだ。

春夏合わせて7度の甲子園制覇を誇る名門野球部は、野球未経験者である校長の正井一真氏が代行監督を務める異常事態が続き、部員募集を再開する気配はないという。野球部OB会長の鶴岡秀樹氏(ミズノ常務取締役)は、柳川氏の取材に対し、OBの署名を集め、野球経験のある監督の早期決定と新入部員募集の再開を求める嘆願書を校長宛に提出したと明かした。だが、校長をはじめとする学園関係者に野球部の未来に関する決定権はなく、嘆願書提出も徒労に終わる可能性が高いという。

引用元: 野球部「廃部」のPL学園 受験生が「28人」しか来なかった (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース.

風立ちぬ、ここで泣いた(ネタバレ) – UEI shi3zの日記

夢を追いかけるのに犠牲はつきものだ。

これは、どうしようもない事実である。

ワークライフバランスという言葉があるけれども、実際には両方器用にこなすのは至難の技だ。集中すべきときは集中したいし、そのときに女は邪魔だ。あらゆる邪念を排し、ただ目標に向かってひたむきに進みたいと思う時もある。ワークライフバランスを大事にしたほうがいい、と理屈では思う。けれども僕は極端なバランスでしか生きられない人間だ。仕事に溺れるか、女に溺れるか。どちらも取るなんていう器用なことが僕にはできない。だから二郎の葛藤もわかる。

仕事をしているときに、女に片手を握られていたら邪魔だ。あんな状態でいい仕事ができるわけがない。あの描写はフィクションと思うが、思い当たる節がいくつもある人もいるだろう。

仕事だけを考えたら、しばらくしたら手を振りほどいて図面に向かうべきだ。

反対に、女が大事なら、そんな仕事はあきらめることだ。

女の方にも都合がある。こちらのタイミングにあわせてくれる相手ばかりではない。

理屈ではそういうことになる。しかしなかなか、人の感情というのは理屈通りにはいかない。

引用元: 風立ちぬ、ここで泣いた(ネタバレ) – UEI shi3zの日記.

【GQ Blog】高級品とは何か。ラグジュアリーとは何かー The New Tokyo’s View � GQ JAPAN

【GQ Blog】高級品とは何か。ラグジュアリーとは何かー The New Tokyo’s View � GQ JAPAN: 級品が一般化し「ラグジュアリー」が「量産」されるようになった以降、ラグジュアリー・ブランド業界の神々達は自分たちのグループの商品がもはや「高級品」の定義に当てはまらなくなることを少なからず恐れているのだろう。株主の反応、株価の行く末。全ては神話として語られ理想から成るフィクションがコマーシャルとしてファッション誌を賑わせることだけで十分に効果があった。まさに「コマーシャル・アート」 資本主義のもたらす芸術作品である。