タグ別アーカイブ: ピラミッド

<温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

温泉道は88カ所に入湯した人に「名人」の称号を贈る仕組み。参加者はパスポートならぬ「スパポート」に入湯印を押していく。市観光協会などでつくる実行委が2001年に始め、88カ所を制覇した名人は県内外に6074人。88カ所を11巡すると永世名人▽22巡で名誉名人▽33巡で永世名誉名人▽44巡で王位名人--とプロ棋士のようなピラミッドがある。

最近はさらにレースが激化し、55巡で「永世王位名人」、66巡で「泉王名人」、77巡で「永世泉王名人」、88巡で「泉聖」と達成者が出るたびに上位の称号を新設した。

一方、過熱する参加者のマナーへの温泉側からの苦情も目立ってきた。実行委によると「カラスの行水」式に1日に10カ所もの温泉に入り、数を稼ぐ人はまだ良い方。「金を払えば文句はないだろう」と風呂に入らずスタンプだけ押して帰る人や、スパポートを何冊も買い込み無人の共同温泉で多くのスタンプをまとめて押す人も目撃されたという。

引用元: <温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康)

乳幼児の数は都心に近い自治体ほど増加率が高い。

0~4歳児が2005年から15年までにどれくらい増えたのかを見ると、都心3区が突出している。最も増加率の高い中央区は、05年(1月1日現在)の3587人が15年には7473人と108%増。港区(100%増)、千代田区(85%増)と続く。都心から離れるほど増加率は低くなり、区部では練馬区と江戸川区で逆に減少。多摩地域では武蔵野市が29%増、日の出町が69%増だが、減少が目立つ。

乳幼児の増加は人口ピラミッドでもわかる。全国的には団塊ジュニアと呼ばれる40歳前後をピークに年齢が下がるほど人口が減る。しかし23区(15年)は、9歳(6万384人)から反転し、0歳(7万4873人)の方が約1万4千人多い。

ニッセイ基礎研究所の竹内一雅・不動産市場調査室長は、乳幼児増加の背景の第一に、人口の都心回帰を挙げる。「都心部はバブル経済崩壊後に地価が下がり、宅地として再開発された。特に湾岸部などで大規模開発が続いて子育て世代が多く流入している」

また「人口の多い団塊ジュニア世代の女性が出産できる年齢の上限に達しつつあり、出産に踏み切る人が増えている」とも指摘する。40~44歳で子どもを産んだ都内の女性は、03年の2413人から13年には7288人と3倍に増えた。

一方で、この傾向は長くは続かないという。竹内室長は「団塊ジュニアより下の世代は急激に人口が減る。出産可能年齢の人が減れば、東京でも子どもの増加は止まるのでは」と話す。

引用元: 東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康).

キャリアの考え方についての4類型 : モリコウスケ 公式ブログ

1 階層的キャリア(linear career)

ピラミッド型の組織構造のなかで自身の相対的な地位を高め、責任の範囲を拡大し、影響力を高めることを志す。

2 専門的キャリア(expert career)

自身の「天職」といえる仕事領域を見つけ出し、そのなかでより高い専門性(技術や能力)を追求する。

3 スパイラル・キャリア(spiral career)

比較的早い段階で経験した自身の仕事の領域を核にしつつも、その後5~10年程度ごとに新たな領域に挑戦し、より幅広いスキルや知識、能力を形成する。

4 変動的キャリア(transitory career)

自身にとって新しいことや変化とは何かを重視し、新しい経験を求め、前向きに仕事領域の変更や転職を繰り返す考え方。1つの仕事領域や組織に従事する期間も平均すると2~4年程度と必ずしも長くない。

引用元: キャリアの考え方についての4類型 : モリコウスケ 公式ブログ.

世界初の音波を遮る透明マント – 革新的発明と製品情報

デューク大学の研究チームは、世界初の三次元の音波を遮る透明マントを開発した。ピラミッドの構造となり、各層のピットで音波の速度を遅くして、検出器は返答信号を受信されなくなり、音波が平坦面にあったことを認識させるという原理。建築分野での防音に応用できそう。

引用元: 世界初の音波を遮る透明マント – 革新的発明と製品情報.

ギョベクリ・テペ | 歴史・古代文明と世界のミステリー

人類最古の文明メソポタミアをはぐくんだチグリス川とユーフラテス川の上流域に位置する、トルコ南東部、シリア国境付近の丘の上に定説を覆す巨大神殿が発見されていた。「ギョベクリ・テペ」と呼ばれる遺跡である。

"発見"といっても、決して華々しいものではなかった。ギョベクリ・テペ遺跡は、すでに1964年から存在が示唆されていたものの、1994年に地元の羊飼いが偶然に巨大な石柱を見つけ、現地入りしたドイツ人考古学者クラウス・シュミットが驚愕の分析結果を発表するまでに、実に10年以上の歳月が流れることになるからだ。

ここで、炭素年代測定をはじめとする厳密な科学的手法で出された分析結果は驚くべきものである。なんと、遺跡が建てられたのは推定1万1500年前!定説でいうギザの大ピラミッドが完成するよりも7000年はど早いのだ。

新石器時代という文明の曙の時期にあって、ここでは石灰岩でできたT字形の5メートルほどもある石柱(約5トン前後)が、石組みとともに30メートル前後の円形に立ち並んでいる。これまでに、サークル状遺構は4つ発掘されており、石柱の総計は約200本にのぼる。その運搬技術はいかなるものであったのか。5トンから20トンにもおよぶ巨大な石柱を目的地まで運ぶのには500人もの人員が必要だ。

引用元: ギョベクリ・テペ | 歴史・古代文明と世界のミステリー.

マヤ文明のピラミッドを建設業者が破壊 NHKニュース

ベリーズでは、マヤ文明の遺跡を破壊することは法律で禁止されていますが、考古学者によりますと、ピラミッドには良質の石灰岩が使用されていて、道路の建設資材として建設業者がこれまでも違法に採掘していたことがあるということです。

引用元: マヤ文明のピラミッドを建設業者が破壊 NHKニュース.