タグ別アーカイブ: ピカソ

本の虫: アニメにおけるセルシェーディングの利用について

アニメは完全にセルシェーディングにして、ビルドして映像生成という形にすべきではないのか。すなわち、ソフトウェアだ。ソフトウェアである以上、自由ソフトウェアにすべきだ。そうすれば、稚拙な3Dメッシュが直されたり、シェーダーが改良されたりするのではないか。

いい加減に人の手で努力しただけのものを評価するのは、やめようではないか。もはや、写実画は写真に負けている。人間がまだ優位に立てると安心しているデフォルメの世界だって、例えばアニメ塗りのようなものは、セルシェーディングで近似できる。セルシェーディング技法は今後もますます発展することに疑いはなく、人間の優位性はいよいよ危うい。

将来は、ピカソのような絵や、デフォルメ化された3Dメッシュなども、自動的に生成できるようになるだろう。

私の観測できる範囲では、プログラマーとアニメの親和性は高い。私はアニメが好きではないから、これは不思議なことだ。私には、なぜ彼らがアニメを尊ぶのか、理解できない。現行のアニメが、単に人の手による単純作業で作られている。アニメ制作者が安く買い叩かれているのは、やはり、ある程度の画力があれば、代わりはいくらでもいるような単純作業だからだろう。

変えようではないか。現状を。アニメは技術者が作ればいいのだ。作画は3Dメッシュに取って代わられる。塗りはセルシェーディングに取って変わられる。高品質な3Dメッシュを作成するのは困難だが、一度作成してしまえば、後はアニメーションを作ればどのようなシーンもアニメーションできる。破綻しない自然な塗りをシェーダー言語で記述するのは困難だが、一度書いてしまえば、後はどのようなシーンでもレンダリングできる。

怠惰は美徳である。機械的な作業は機械に任せようではないか。もし、ある手動作業が自動化できるとするならば、我々はむしろ自動化するための準備に労力を注ぐべきなのだ。そうすれば、後は全て自動化される。我々人間は、機械を作るべきなのだ。その身を機械におとしめてはならない。

なるほど、私がアニメを好まない理由が、今にしてわかった。アニメは手動の単純作業だから感動しないのだ。そして、その映像の描画方法、すなわちソースコードが公開されていないから嫌悪するのだ。ああ、残念ながら、この考え方はあまりにも先進的すぎる。おそらく、数百年は理解されないことだろう。

ただし、2013年にこのような考えを持つ進んだ一個の人間がいたということは、ここに記しておく。

本の虫: アニメにおけるセルシェーディングの利用について.

厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com

5. 想像力は習得できる

伝統的な教育は創造性を損なうと批判されている。しかし、テンプル大学のロバート・W・ワイスバーグ心理学教授の研究によると、それは逆だという。トーマス・エジソンやフランク・ロイド・ライト、ピカソなど創造性豊かな天才を研究した結果、教授は生まれながらの天才は存在しないという結論に達した。天才の多くは猛烈に努力して、(外の世界には)突然のひらめきや大発見のように見えるものを徐々に達成する。

引用元: 厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com.

ベーコンの絵画に史上最高値140億円 NY、美術品競売 – MSN産経ニュース

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、英国の代表的画家、故フランシス・ベーコン氏(1909-92年)の「ルシアン・フロイドの3習作」がニューヨークで競売に掛けられ、1億4240万ドル(約141億7千万円)で落札されたと伝えた。美術品の落札価格としては史上最高値という。

これまでの最高落札価格は昨年5月、ニューヨークで落札されたノルウェーの画家エドバルト・ムンクの代表作「叫び」の約1億1992万ドル。

ベーコン氏は1909年、アイルランドのダブリンに生まれ、英国・ロンドンを拠点にしながら、世界を舞台に活躍した画家。ピカソとともに、20世紀の巨匠と呼ばれる。故ルシアン・フロイド氏は精神分析学者フロイトの孫で、女性の裸体画で知られる現代画家。同紙によると、フロイド氏はベーコン氏の「友人でライバル」だったという。(共同)

引用元: ベーコンの絵画に史上最高値140億円 NY、美術品競売 – MSN産経ニュース.

ベンチャーの主役は中高年の起業家! | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ベンチャーの主役は中高年の起業家! | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト: シカゴ大学のデービッド・ガレンソン教授は芸術と科学に関する創造力を2つに分類した。

1つは先鋭的な新しい概念に基づく創造力で、若さがものをいう。いい例がパブロ・ピカソやアルバート・アインシュタイン。もう1つは徹底的な試行錯誤の上に築かれる創造力で、開花に時間がかかる。ポール・セザンヌやチャールズ・ダーウィンのケースだ。

後者のタイプの創造力は、より奥が深く、未完成に終わることが多い。ガレンソンに言わせれば、中高年の「天才」が冷遇されるようになったのはそれが一因だ。