タグ別アーカイブ: パッション

アップルがビーツ・エレクトロニクスを32億ドルで買収する交渉中 パッション・ブランドであること、デザイン重視、ハイエンドへの特化など、両者には共通点が多い – Market Hack

ビーツ・エレクトロニクスは2013年9月にカーライル・グループから5億ドルの投資を受け入れており、その時のバリュエーションは10億ドルでした。カーライルの内部者によると去年のビーツの売上高は12億ドルだったのだそうです。

若しこのディールが成立したなら、カーライルはわずか8か月足らずの間に3倍の投資リターンを得たことになります。

引用元: アップルがビーツ・エレクトロニクスを32億ドルで買収する交渉中 パッション・ブランドであること、デザイン重視、ハイエンドへの特化など、両者には共通点が多い – Market Hack.

アップルがビーツ・エレクトロニクスを32億ドルで買収する交渉中 パッション・ブランドであること、デザイン重視、ハイエンドへの特化など、両者には共通点が多い – Market Hack

なお「アップルの目的はストリーミング・サービスだ」という意見もありますが、僕はその考え方には反対です。なぜならビーツのストリーミング・サービスはクリティカルマスに達していないし、今回アップルが払おうとしている提示価格(=PSRで2.67倍)はソフトウェアやサービスのマルチプルではなく、典型的なハードウェア会社のマルチプルだからです。

引用元: アップルがビーツ・エレクトロニクスを32億ドルで買収する交渉中 パッション・ブランドであること、デザイン重視、ハイエンドへの特化など、両者には共通点が多い – Market Hack.

伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp

まず「教育」と「学び」は違います。英語で言うと「Education」と「Learning」ですが、いま大事なのは「教育」ではなく「学び」のほうです。学ぶためのパッション、学ぶためのコラボレーションをどうやって子どもたちに授けていくのか。そこをやっていかないかぎり、授業をいくらオンライン化したところで意味がありません。

日本に限らず、世界中のどこにも「何にも興味がない」という子どもたちはたくさんいます。けれども、学校では「興味をもつ」ということは教えてくれません。子どもたちはむしろ、何かへの興味を友達やコミュニティから得ていくんです。マンガでもゲームでも、興味をもったところに行動が起こり、その行動のなかから「学び」が起きてくる。先生は必要なく、仲間とのコラボレーションから新しい考えや発想が生まれてきます。メディアラボがやっているのもまさにそういうことなのです。つくりたいという欲求から始めて、そのためには何が必要かを考えていくのがわたしたちのやり方です。ものづくりを通して、興味をドライヴとした学びが起きるんです。

豊かに暮らし、社会に貢献していくためには、子どもたちにさまざまなことに興味をもたせることが必要で、それは大人になってからも同じです。かつての社会システムでは、子どものときだけ学んで、学び終わったら大人になり、同じ仕事を繰り返しながらもっているものを守り、子どもをつくるというのが人の一生のモデルでしたが、いまは学び続けなければ死んでしまいます。メディアラボには「ライフロング・キンダーガーテン(生涯幼稚園)」というクラスがありますが、この言葉の通り、これからは誰もが一生学び続けることが必要で、そこでは「働き」と「学び」とは同列なのです。

引用元: 伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp.