タグ別アーカイブ: パターン

ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明

インターネット広告は広告を出稿する広告主、広告を配信するアドネットワーク、広告枠を販売する媒体社によって成立している。広告主とターゲットと期間を指定し、広告を出稿すると、アドネットワークでは広告を審査した上で、秒単位で表示広告と表示先のサイトのマッチングを実行。ターゲットや期間にあわせた広告が媒体社に配信されることになる。しかし、広告配信を行なうアドネットワークには数多くの流通業者が介在しており、広告主と媒体社の意向を反映し、刻一刻と広告と掲載サイトが変化する。こうした複雑でリアルタイムなアドネットワークの中で、不正広告の混入を探すのは至難の業になる。

複雑なアドネットワークにある不正広告を検出するのはきわめて難しい

こうした中、トレンドマイクロとしては広告混入の原因を2つ考えている。1つ目は、外部からの不正アクセスにより、正規広告が改ざんされるパターン。実際、遠隔操作型の不正プログラムに感染した海外の事例では、広告配信ネットワークのサーバーへの不正アクセスから行なわれたという。2つ目は審査を回避して不正広告を正規手続きで出稿してしまうパターンだという。後者の場合、正規手続きで不正広告が混入してしまうので、より検知が難しい。

トレンドマイクロが推測する不正広告混入の原因

攻撃側としても、不正広告を使うのはメリットが大きい。そもそも広告を表示させただけで、複数のサイトから攻撃サイトに誘導できるほか、Webサイトを改ざんするより、攻撃範囲を拡大できる。また、前述したように複雑なアドネットワークでは、不正な広告の追跡が難しいというのも攻撃者のメリット。「Webサイトの改ざんよりも容易に攻撃を仕掛けられる。広告の仕組みを悪用することで、攻撃をターゲッティングすることも可能になる」と森本氏は指摘する。攻撃時期や表示サイトなどをコントロールでき、攻撃者側も詳細にターゲティングできる。まさに広告の仕組みを悪用することで、効率性の高い攻撃が行なえるわけだ。

引用元: ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明.

技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス | ツチノコブログ

図や表を描いて説明終了というのも、技術書における典型的なアンチパターンです。よく見かけるのは、フローチャートのみで説明に代えているケースです。どんな図表にも、すでにわかってる人にしかわからない見どころがあるものです。「図を見ればわかるでしょ」という態度で執筆されていると、たいていの読者は面食らってしまいます。うまい図や表は読者の理解を促進させますが、その図だけで理解できる話なら、そもそも技術書という形の込み入った解説は必要ないでしょう。図や表で解説をしたつもりになってはいけません。図表は本文の解説を補うために使ってください。

引用元: 技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス | ツチノコブログ.

技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス | ツチノコブログ

最後のアンチパターンは、具体例や動機付けに欠ける説明です。その技術が「どうやって」問題を解決するのかだけでなく、「どんな場面で」「なぜ」その技術が必要になるのかを伝えましょう。そもそも、ある技術によって解決する問題が見えているのは、その技術を十分に理解している人だけです。これからその技術を勉強しようという人に向けて、その技術が世界のどんな問題を改善するのか、なるべく具体的に明示してあげてください。いかにうまい例をひねり出すかが勝負です。

引用元: 技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス | ツチノコブログ.

高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

藤田さんは貧困高齢者を下流老人と名付けた。普通に暮らすことができず下流の生活を強いられる老人という意味で、日本社会の実情を伝える造語だという。「年収が400万円の人でも、将来、生活保護レベルの生活になる恐れがあります」(藤田さん) 実際に生活保護を受給する高齢者は増加中で、今年3月時点で65歳以上の78万6634世帯(受給世帯の約48%)が生活保護を受けている。昔なら子ども夫婦に扶助してもらうことが当たり前だったが、今は核家族が多い。頼りの子どもは派遣切りやニート。高齢で大病して貯蓄も尽きたら……。 藤田さんは、『下流老人』の中で高齢者が貧困に陥るパターンを五つに大別した。【1】本人の病気や事故により高額な医療費がかかる【2】高齢者介護施設に入居できない【3】子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる【4】熟年離婚【5】認知症でも周りに頼れる家族がいない

引用元: 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース.

オーストラリアの鳥が「原始的な言語」を使用、スイス研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

オーストラリアに生息する鳥が、音をつなぎ合わせたり組み合わせたりした鳴き声でさまざまな意味を伝えているという研究結果が29日、発表された。こうした技能は人間に特有のものと考えられていた。

 オンライン科学誌プロス・バイオロジー(PLoS Biology)に掲載された同論文の研究対象は、オーストラリア奥地で発見されたクリボウシオーストラリアマルハシ。

 研究者の間では、クリボウシオーストラリアマルハシが鳴き声をさまざまなパターンに組み合わせていることは以前から知られていたが、それに意味があるとは考えられていなかったと、論文の主執筆者のスイス・チューリヒ大学(University of Zurich)のサブリナ・エンゲッサー(Sabrina Engesser)氏は言う。

「1つのさえずりの中で音のアレンジを変えても全体のメッセージは変わらないようです」とエンゲッサー氏は言う。研究チームはこの鳥の鳴き声を研究し、状況によって鳴き声のパターンが異なることを発見した。

 例えば、研究チームが「A」と「B」と名付けた2つの鳴き声が組み合わされて「AB」となると飛翔中の鳴き声になり、「BAB」となるとひなに餌を与える時の鳴き声になる。

 これらの音を再生すると、クリボウシオーストラリアマルハシは異なる反応を見せた。餌を与える時の鳴き声を聞いたときは自分の巣を見て、飛翔中の鳴き声を聞いたときはこちらに向かってくる仲間を探すように目をやったという。

「意味のない音を組み合わせて新しい意味を生み出す能力が人間以外に認められたのはこれが初めてです」と論文の共著者であるチューリヒ大学のサイモン・タウンゼンド(Simon Townsend)博士は指摘する。

 研究チームは、この研究によって「私たちが現在使っている複雑な言語体系出現の初期段階と思われるものが明らかにされた」としている。

引用元: オーストラリアの鳥が「原始的な言語」を使用、スイス研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

ユーザー企業のSaaSの立ち上げや運用を支援:日立、SaaS事業のための月額課金型共通基盤「SaaSビジネス基盤サービス」開始 – ITmedia エンタープライズ

中でも「認証・ユーザー管理機能」は、システムログイン時に複数アプリケーション間のシングルサインオンを実現するSAML認証や、利用ユーザーを制限できるIPアドレス制限機能などを容易に設定できる。

このほかの機能は以下の通り。

アプリケーション運用ナビゲーション機能:従来のアプリケーションの障害・予兆監視機能に加え、サービス稼働状況を示す性能やログなどのデータを収集・分析し、関連付けを自動的に行う

アプリケーション運用ナビゲーション機能:アプリケーション利用ログやヘルプデスクへの問合せ履歴、購買実績などの業務データを収集・保管して、データ解析する

SaaS対応ログ解析:アプリケーション利用ログやヘルプデスクへの問合せ履歴、購買実績などの業務データを収集・保管して、データ解析する

カスタマイザブルデータ交換:エンドユーザーごとに異なるデータ送受信プロトコルやデータフォーマットなどの設定変更を実行する

既存データセンターの有効活用も可能。また、日本語、英語、中国語、タイ語と多言語に対応するヘルプデスクのほか、問い合わせログや操作ログの定期的な解析によるユーザーの利用パターンを改善する提案や、システムオペレーションを代行するBPOサービスも提供する。

引用元: ユーザー企業のSaaSの立ち上げや運用を支援:日立、SaaS事業のための月額課金型共通基盤「SaaSビジネス基盤サービス」開始 – ITmedia エンタープライズ.

うちの会社の変わった採用方法を紹介します – はてな匿名ダイアリー

さて、今回増田に書き込んだのは、我が社の一風変わった採用方法を紹介したいからです。

書類選考、一次面接と候補者を絞っていくのは従来通り。

特徴があるのはその後のグループディスカッションの段階です。

候補者のコミュ力や協調性を見るグループディスカッション。

我が社はここに一工夫加えます。

普通は候補者だけで行うグループディスカッションですが、我が社ではここに社員を候補者のふりをさせて紛れ込ませるのです。

こうすることにより、候補者だけでディスカッションさせただけでは見えてこない、より深い人物像が探れるのです。

事前に、これは、と思う候補者の、さらに深い部分を探るのに最適です。

例えば、高学歴でいかにも負け知らずといった人を選考する場合、できる社員をわざとFラン出身という設定で潜り込ませます。

そして、次から次へと名案を出させ、バリバリ議論を引っ張らせます。

これにどう反応するかで採用を決めます。

低学歴と下に見ていたのに、負かされそうだと張り合うようなら、その程度の小物として、不採用です。

こういう小物は結構多いのです。

また逆パターンで、学歴はぱっとしない候補者を選考する時は高学歴の設定にします。

そして議論を引っ張っていった後で、最後の最後に致命的な間違いを犯させます。

そこをきちんと指摘できるかどうかで採用を決めます。

イエスマンでやっていきたい人は、うちのような成長企業ではなく、何万人リストラした、うん千億赤字出したとかで騒がしい、

誰もが知っている有名な衰退企業に入っていってください。

この方法で取った人にはハズレがありませんでした。

うちのような、これから大きくなる成長企業においては、社員一人一人の役割が非常に重要な意味をもってきます。

採用にどんなに手間をかけても、かけ過ぎということはありません。

衰退企業の方々はこのような手の込んだ採用をする余裕はないでしょうが、

同じように成長している勢いのある企業のかたの参考になればと思います。

引用元: うちの会社の変わった採用方法を紹介します – はてな匿名ダイアリー.

一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese

ちなみに、いくら一卵性双生児といっても遺伝子によらない部分の特徴は異なります。たとえば指紋やほくろの場所、瞳の虹彩パターン、腕の静脈パターンなど。このため指紋や虹彩などをつかった生体認証システムは、簡単に一卵性双生児を見分けることが可能です。

引用元: 一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese.

なるほど。JR西日本が始めた酔っ払い線路転落防止策が海外で話題 : ギズモード・ジャパン

ふつう「酔っ払いの転落事故」と聞いてみんながイメージするのは、「線路と平行にちどり足で歩いていて足を踏み外す」パターンですよね? ところがいざ調べてみるとそれは意外にも少なく、約1割しかないことがわかりました。

逆に圧倒的に多かったのが、まったく想像もしなかったような行動パターンでして、「線路に突然歩き出してそのまま落ちる酔っ払い」、これが全体の約6割にも達したんです。次いで多かったのが「直立状態から突然ヨロけて落ちる酔っ払い」(約3割)。

いずれの場合も大半の酔客は「動き出して数秒で転落」していました。帰らなきゃって思っちゃうんでしょね…。

いきなり線路に突進して落ちる酔っ払いのイメージ図

この驚くべき結果をもとにJR西日本がやったのが、こちら。

そう、ホームに横向きになるようにベンチの向きを変えたのです。なーるほど、これだったら距離も稼げるし、周囲の人が止めに入るまでのエキストラ数秒が稼げますね! わかってしまうと、な~んでこんな単純なことに今まで気付かなかったんだろう、調べればわかることなのに、という感じです

引用元: なるほど。JR西日本が始めた酔っ払い線路転落防止策が海外で話題 : ギズモード・ジャパン.

酔ってホームに転落、「動き出して数秒」が9割 「前兆行動」も JR西分析 (1/2) – ITmedia ニュース

駅のホームから酒に酔った利用客が線路上に転落したり、電車と接触したりする事故のうち、9割の酔客がベンチで寝込むなどの静止状態から動き出して、わずか数秒で転落、接触していたことが23日、JR西日本の安全研究所の調査で分かった。こうした酔客によるホームでの人身事故は増加傾向にあり、春のお花見や歓送迎会シーズンを迎える中、酔客の行動パターンの分析結果をもとに、JR西は事故防止に取り組む。

転落検知システム

国土交通省の統計によると、全国の駅ホームでの人身事故は平成15年度の106件から25年度には221件と倍増。このうち酔客による事故は33件(15年度)から132件(25年度)と4倍に増加している。

安全研究所は昨年3月~今年1月に発生した136件の事故について、ホームに設置した防犯カメラ映像から転落事故などに至った酔客の行動パターンを分析した。その結果、ベンチで寝込むなどしていた酔客が突然立ち上がり、そのまま線路に向かって歩き出して転落するケースが6割に上ることが分かった。

また、立っていた酔客が突然バランスを崩し、転落するケースが3割あり、計9割が動き出してから数秒で転落したことになる。ホームの端を千鳥足で歩く酔客がふらついて転落するケースも1割あった。

引用元: 酔ってホームに転落、「動き出して数秒」が9割 「前兆行動」も JR西分析 (1/2) – ITmedia ニュース.