タグ別アーカイブ: バングラデシュ

インドとバングラデシュが領土交換 162カ所の飛び地:朝日新聞デジタル

英領からの独立以来、インドとバングラデシュの国境地帯に残っていた162カ所の飛び地を整理・解消する領土交換が1日午前0時、両国の間で発効した。母国から隔絶されてきた5万人以上の住民は、それぞれ新たな国籍を選択。村々で喜びの声を上げた。

タイムズ・オブ・インディア紙などによると、これまでバングラデシュに囲まれたインド領の飛び地111カ所に約3万7千人が居住。このうち約千人がインド国籍を希望して移住を選択した。インドに囲まれたバングラデシュ領51カ所に住む1万4千人は全員がインド国籍への移籍を希望している。

引用元: インドとバングラデシュが領土交換 162カ所の飛び地:朝日新聞デジタル.

Facebookの「いいね!」大量生産するダッカのクリック工場(木村 正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

今回、調査報道の対象になったのは、縫製工場の崩壊事故で1千人以上が犠牲になったバングラデシュのダッカにあるクリック工場。オーナーは「Facebookの王様」と呼ばれていた。

ビルの一室で10数人の若者がパソコンの画面を見ながら、アカウントを使い分け、ひたすらクリックを続ける。ある若者は1千のアカウントを持っていると打ち明けた。この工場ではFacebookのいいね!は1千人分で15ドル、YouTubeは1千ビューで3ドルだ。3~4時間もすれば、いいね!が1千人分増えている。

バングラデシュの若者は1日3交代で24時間、Facebookのいいね!やTwitterのフォロワーを増殖させている。国民1人当たりの月収は約60ドル。クリック工場はバングラデシュでは割のいいビジネスなのだ。

引用元: Facebookの「いいね!」大量生産するダッカのクリック工場(木村 正人) – 個人 – Yahoo!ニュース.

証券会社をやめて社会人インターン!バングラデシュでソーシャル・アントレプレナー支援 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報

心の中では「即決断」でした。まず、自分の殻を破りたくて。決断を妨げるものとして、一般的には家族、仕事、恋人、お金などの問題があるのかもしれないですけど。当時の自分は、家族は健康で、恋人もいなくて。

引用元: 証券会社をやめて社会人インターン!バングラデシュでソーシャル・アントレプレナー支援 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報.

200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp

英国の都市マンチェスターでは、住人の間で話されている言語は200に上る。これは前回の推計から33%増加している。

「マンチェスターには、世界で最も多様な言語文化がある」と話すのは、今回の調査を準備したマンチェスター大学のヤロン・マトラス教授だ。

人口が500,000人を超えるマンチェスターは、2011年に行われた最新の国勢調査で、英国で最も急成長している都市であることが判明した。1990年代の人口減少から一転し、10年前に行われた前回の調査から人口が19%増加したのだ。2027年までに、さらに20%の増加が期待されている。

マンチェスター住民のうち、英語をまったく話せない人は3%しかいない。英語を第2言語とする住民のうち80%は、英語をうまく、あるいはとてもうまく話すことができると答えている。

第2言語として最も広く話されているのはウルドゥー語(パキスタンとインド北部で使われている言語)で、そのあとに、アラビア語、中国語、ベンガル語(バングラデシュおよび西インドで使われている言語)、ポーランド語、パンジャブ語(インドとパキスタンにまたがるパンジャブ地方の言語)、ソマリ語(アフリカ東部ソマリ族の言語)と続く。

南アジアの言葉が優勢なのは、グレーター・マンチェスターにおいて、同地域の出身者が最大の少数民族グループであることの表れだ。

英国全体だと、英語に次いで最も話されている言語はポーランド語になる。これは、ポーランドが欧州連合(EU)に加盟した2004年以降、同国からかなりの数の移民が来ていることを反映している。

ロンドンの各特別区では100言語以上が話されており、また、いくつかの推計によると、ロンドンの学校全体では300言語以上が話されているという。

引用元: 200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp.

米国で話題のオンラインアイウェアショップ「ワービー・パーカー」創業の裏話 « WIRED.jp

例えばバングラデシュ北部では、「たとえタダだとしても、キャットアイ(1970年代に流行したメガネのデザイン)をかけるぐらいなら、何も見えない方がいい」という反応を示す人たちを目にしたという。

そこでヴィジョン・スプリングは人々に好まれるデザインで、しかもリーズナブルな価格のメガネづくりにとりかかった。この開発の過程で、ブルメンサル氏はメガネの値段はもっと安くていい、見た目がいいからといって高くする必要はないとの考えを抱くようになる。メガネの価格を押し上げていたのは、実は流通やライセンスなどに関わる仲介業者であったと同氏は言う。

引用元: 米国で話題のオンラインアイウェアショップ「ワービー・パーカー」創業の裏話 « WIRED.jp.