タグ別アーカイブ: バンカー

週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg

ウォール街の最も優秀で才能ある若手バンカーの一部は、高い報酬と名声が得られる大手金融機関の仕事から身を引き始めており、そのうちの多くが自分の会社を起業している。こうした傾向に関する正確な統計はないが、米国勢調査局のデータでは、ニューヨーク都市圏の25歳から34歳の金融・保険分野の就労者数は2013年4-6月(第2四半期)時点で10万9187人と、07年第2四半期から19%減少した。富と名声の代償私生活をあきらめることは長年、投資銀行で得られる富と名声の妥当な代償だと考えられてきた。大卒や経営学修士(MBA)取得者が年間10万ドル(約1020万円)から30万ドルの報酬を得られる2年間の銀行研修プログラムは誰もが参加したいと望んでおり、競争はなお激しい。ただ、こうしたトレードオフ(交換条件)に若者が疑問を抱く状況は驚きではないと専門投資銀行ロスチャイルドでアナリストを2年間務めた経験を持つパトリック・カーティス氏は指摘する。就職助言やネットワーキング関連のウェブサイト、ウォールストリートオアシス・ドット・コムを運営するカーティス氏(34)は「報酬には当然見合わない仕事だ。平均週90時間の労働、本当にひどい時は週120時間働く。割に合うかと聞かれれば、答%2

引用元: 週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg.

ゴルフ離れを食い止めるためにカップの大きさを4倍にする試み | スラッシュドット・ジャパン

米国ゴルフ財団によると、この10年で米国のゴルフ人口は500万人減少し、さらに現在2500万人いるとされるゴルフ人口のうち2割が今後数年内にこの競技から離れると予想されるとのこと。米国ではそんなゴルフ人口の減少を食い止めるべく、様々な試みを始めているそうだ(The New York Times、slashdot)。

ゴルフという競技を試してもらうことがまず重要であり、それを乗り越えなければゴルフの面白さを伝えることはできないと米PGA会長のテッド・ビショップ氏は危機感を表している。特に35歳以下の層でのゴルフ離れが著しく、その理由としてプレイ時間の長さや技術的な難しさ、そしてルールの複雑さが挙げられるという。このような評価を覆えす策の一つとしてカップを大きくすることが試されているとのこと。既にいくつかのコースの15インチ(約38cm)という通常の4倍の大きさのカップが採用されているそうだ。

この「デカカップ」ルールは初心者やジュニア層に向けてゴルフの難易度を低くし楽しめるようにするためであり、他にも1ホールにつき1回の打ち直しを認めるルール、毎打ティーショットにする方法、バンカーからボールを投げて出すことを1ホールにつき1〜2回認めるといったルール、サッカーボールを蹴ってカップを目指し、そのキック数をスコアとして数える「フットゴルフ」なるゲームなどでゴルフに慣れ親しんでもらおうとしているという。また、従来の18ホールやハーフといった長い単位ではなくプレイ時間で課金する方式がおよそ30のゴルフコースにて始まるとのことだ。

引用元: ゴルフ離れを食い止めるためにカップの大きさを4倍にする試み | スラッシュドット・ジャパン.