タグ別アーカイブ: バランス

バーに行けるようになったら大人です。 バーの椅子は座りにくいように出来.. – はてな匿名ダイアリー

バーに行けるようになったら大人です。

バーの椅子は座りにくいように出来ています。

椅子に座るには姿勢を崩さないように、背筋をグッと伸ばしてバランスをとります。

そうすると、本人からしたらただのやせ我慢でも、外からみると立派な大人達が並んでるように見えるのです。

大人になるのではなく、大人という状態になるのです。

それが大人の正体です。

引用元: バーに行けるようになったら大人です。 バーの椅子は座りにくいように出来.. – はてな匿名ダイアリー.

ライザップの健康被害隠蔽やらブラック企業やらの話: やまもといちろうBLOG(ブログ)

なお、私自身は栄養学にはまったく詳しくありませんが、入手したライザップの食事指導の内容をもとに栄養士さんたちが判断するには、一日あたりのカロリーが決定的に不足する場合があり、痩せて当然という見解ばかりが出てきます。もちろん栄養失調やホルモンバランス異常になるようなケースは少ないだろうとのことですが、むしろ、ライザップの契約期間中に意識障害(過度な眠さや疲労)が出る会員さんは実は多いのではないかという印象をもたれるケースが多いようです。実はそれは過度な食事制限ダイエットによる健康被害そのものなんじゃないかと私なんかは思うわけですが、どうでしょうか。

逆に言えば、このビジネスモデルで急成長するのが分かっていて、しかし大手のフィットネスクラブその他が似たようなビジネスに参入しないのは、トレーニングと食事療法の組み合わせで時間をかけて体質改善をし、急激には痩せさせないで長くスポーツに慣れ親しみ食事を改善することによって末永く健康であるようサポートするのが正しいと考える会社が多いからです。

「もし『二ヶ月で10kg落としました』というのが本当に望ましいダイエット方法であるならば、とっくに参入していますよ」というのが業界関係者から聞かれたとても特徴的な台詞でありましたが、ぜひライザップを運営する健康コーポレーションにおかれましては週刊新潮を営業妨害などで提訴したりして騒ぎを拡大して心行くまで殴り合っていただきたいと切に願う次第であります。

引用元: ライザップの健康被害隠蔽やらブラック企業やらの話: やまもといちろうBLOG(ブログ).

起業支援者なんだけど、普段は言わないことを書く。酔ってるから。 – はてな匿名ダイアリー

③意識高い系起業志望者

世間知らずな人達。

具体的には、学生・フリーター・メーカーで管理部門や開発部門にずっといた。という類の方々。

面白いのはたいていが、そこそこ有名な私立大学を出ている人が多く、また修士までとっている方が少ないことだ。

ひょっとしたら受験等で苦労しなかったために経て失うものが余り無いと感じているのかもしれない。

彼らは起業は良いものだと信じている反面、リスクを忌避し続けるという性質を持つ、

彼らは起業する前に自分が起業して食べていくのにはどの程度の投資が必要かを事前にスタディし、

余りにも割に合ないことを学ぶ知性を持っているからだ。

こうしたギリギリの均衡状態にいる世間知らずたち、起業志望者は昔から一定数いた。

しかしそのバランスは崩れつつある。

それが近年のベンチャーブームだ。

このベンチャーブームのおかげで、僕みたいな起業支援者の言葉を真に受けて、起業をすれば自己実現できるし、

「起業はいい経験だから失敗しても誰かがそれを評価してくれる」という幻想に取りつかれた起業家が多く生まれた。

彼らはかわいそうなことに、孫正義 やら ちきりん やら Jobsやらの言葉が自分にも100%当てはまると本気で信じている。

そしてリーンプロダクション、「Stay Foolish」な精神で、実際にとんでもなく稚拙なビジネスモデルで起業して、自らの将来価値を大いに既存している若者が

徐々に増えてきている。

ただ、こうした起業家志望者に伝えたいことが一つある。

起業家支援者の中で、起業を勧める人間がいたら彼らの言葉に耳を貸してはいけない。

起業のリスクの本質は50年前から少しも変わっていない。

起業家に貼られるレッテルは昔のままだし、社会的信用なんて成功するまで0に近い。

それなのに、起業を勧めてくる奴には裏がある。

そこそこの知性があるからこそ騙されてしまう、起業家志望者は多くいる。

自分だけはその例外などと決して思わないでほしい。

それでも起業したいなら、せめてMBAくらいは取って履歴書の見栄えを良くして転職の準備をして、

あわよくば、ハイエンド層の仲間入りをしてから起業してほしい。
起業支援者なんだけど、普段は言わないことを書く。酔ってるから。 – はてな匿名ダイアリー.

経営者視点で考える「ゲーセンが閉店を選ぶ時」

店舗数が年々減っているのに、ゲームにかかる開発費は増えているため、その金額はダイレクトに基板や機械の価格に跳ね返ってきています。

格ゲーブームだった頃、餓狼伝説スペシャルやKOF94などは58000円や68000円だったと言うから驚きです。これが最新の鉄拳7になると基板だけで120万円、二桁違ってきます。プレイ料金が変わってないのに基板価格の高騰が止まらず、その負担は全て店舗がかぶらないといけません。

高いから数が売れない、数が売れないから高くなるの悪循環が、ゲーセン経営を圧迫しているのは間違いありません。

ゲーセン経営に見切りをつけて閉店を選択するにしても、閉店ラッシュで中古相場が下がっているタイミングでは、せっかく所有している機械を買い叩かれてしまいます。かと言って、閉店ラッシュが落ち着くまで待とうとすると、需要と供給のバランスが崩れた中古市場では結局機械が良い値段で売れなくなってしまう。

それなら早く閉店した方がマシ、と実際にそう考えているかどうかはわかりませんが、そうでも言わないと説明がつかないほどの閉店ラッシュが目の前で起きています。

引用元: 経営者視点で考える「ゲーセンが閉店を選ぶ時」.

【電動1輪車がいよいよ発売へ】バイクのような操縦性を楽しめる国産「電動1輪車」が登場!(佐川健太郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

またひとつ、ユニークな乗り物が出現した。滋賀県にある国産メーカー、(株)シムスインターナショナル(組織名:ワンホイール運営事務局)が開発する電動1輪バイク「ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」である。電動1輪車では米国の「RINO(ライノ)」が有名だが、実はそのコンセプト自体はワンホイールi-1のほうが先であり、すでに10年前から開発に着手していたという。

1輪ということは当然、自立するためには何らかの姿勢制御装置が必要になる。大雑把な言い方をすれば4輪は止まっていても自律しているし、2輪もある程度の速度に達していればセルフステアによってバランス走行できる。ただ、これが1輪だと速度を上げても単体では自立を制御するのは非常に難しい。

そのため、すでにいくつか存在する1輪や2輪(「セグウェイ」のような)の自立型の乗り物ではジャイロモーターを搭載しているのが一般的だ。ジャイロとは地球ゴマと同じ原理で、高速で錘を回転させることで安定を保つ仕組みになっている。

ところが、従来の「オートバランス式重心移動型のジャイロ搭載車」(というらしい)の場合、停止時や発進時、または上り坂や下り坂での重心移動ミスによる転倒などの課題があった。そこで、ワンホイールi-1では、ジャイロ変位アクセル&ブレーキテクノロジーなどによって、これらの問題をすべて解決したという。

たとえば、座りながら重心移動による操作も可能ですが、独立した手動操作によって「ハンドルで曲がる」、「ブレーキで止まる」、「アクセルで進む」などバイクのような操作が可能になっている。これは世界初の特許技術ということだ。

引用元: 【電動1輪車がいよいよ発売へ】バイクのような操縦性を楽しめる国産「電動1輪車」が登場!(佐川健太郎) – 個人 – Yahoo!ニュース.

【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

昨日外資投資銀行で採用をしているアルファ道場生と話をしていたら、投資銀行部門でも新卒採用の多くは外国人留学生になってきていると言っていた。

この傾向は前からだが、いよいよ顕著になってきた。やっぱりこの日本ののんびりした雰囲気は日本を負け組へ誘導していると思うんだよね。シリコンバレーで共感したことの一つはみなが真剣に、必死になって頑張っていること。それが当たり前。なんか日本は頑張っていることに対してネガティブな雰囲気が出てきてない?なんでそんなに頑張ってんの??みたいなさ。

真剣に必死にやる人が勝って富を得るわけで、それをやらない個人や組織が世界で勝ち続けられるわけがない。それで日本企業の競争力が落ちて、雇用が支えきれなくなって、税金が減って、国が滅びていく。国はご丁寧にワーク・ライフ・バランスとか朝に働きましょうとかご指導してくれてるけど、そんなのいらねーつうの。

真剣に必死にやりたいやつはどんどんやらせて世界に出すべきだし、そいつらに投資しまくったほうが孫正義とか三木谷さんのように大量雇用してくれる会社創ってくれるだろ。こんな生ぬるい社会の雰囲気を作ってると、元気のいい日本人は海外に出て行くし、外国人留学生は更に日本で圧勝だ。

真剣に、必死にやるのがカッコイイ。

そんな当たり前の雰囲気にしたいな。

引用元: 【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).

【日本の議論】真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も  – 産経ニュース

真っすぐ立っていられない原因の一因は、足指の形も関係しているとみられる。保健室を担当する小澤京子主任養護教諭が平成23年、児童全員分の足型を測定したところ、足の指が床につかない「浮き指」がある児童が81・7%に上った。同2年に測定した大田区の小学校児童の割合16・3%と比べ、約5倍以上。浮き指の子供が急激に増えていることがわかった。

浮き指になる原因は、赤ちゃんのときに、つかまり立ちや、つたい歩きをしない▽幼児期や学童期に歩く距離が短い▽足の指を使う雑巾がけなどの運動をしなくなった-などが原因として考えられるという。

「浮き指」があると、足の前方に力が入らないため、かかとに重心がかかり、バランスを取るために、体は膝を曲げ、腰が落ち、肩が前に出る猫背になりがちだ。

「膝を曲げて、手をぶらぶらさせて歩くのは、ゴリラの姿勢。体つきはスリムで手足は長いのに、姿勢はよくない。進化というより類人猿に退化している印象」と小澤教諭。23年の同小学校の調査では、足の裏のアーチが形成されない扁平(へんぺい)足の疑いがある児童も4人に1人(24・4%)に上った。

引用元: 【日本の議論】真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も  – 産経ニュース.

「半月で3,000万円稼いだ」スマホアプリ「今日、彼女が死んだ」のNagisaが語る「放置ゲーム」で稼ぐためのゲームバランス3要素。 | アプリマーケティング研究所

あと、Twitterで気をつけなきゃいけないのは「サブアカ対策」なんですよ。

最近は「シェアしたら何かもらえる」って、割と当たり前になってきているので、「そのため専用のサブアカウント」をつくっている人が、ほんとうに多くてですね。

当然「フォロワー0」のアカウントがほとんどなので、シェアされたとしても拡散されないわけです。ユーザーも、ある意味賢くなってきている。

なるほど、それはどうしたらいいんですか?

井上:

一言でいうと「本アカウントでシェアしたくなるゲーム」をつくるのが一番。例えば「ねこあつめ」だと「猫こんなに集まったよ」って友だちに自慢したくなるじゃないですか。

もちろん、そういうゲームをつくるのは、簡単ではないと思うので、すぐ出来そうなことでいうと「シェアをお願いする時のテキストを変える」でしょうか。

例えば「シェアしたらプレゼント!」という文言を、「友だちと一緒に遊ぶとプレゼント!」に変えるだけでも、本アカでシェアされる確率って上がると思うんですね。

うちの「ブリ猫」という放置ゲームは、TwitterとFacebookのシェア比率が50:50なんですけど、出来ればそういう「Facebookでシェアされるゲーム」をつくりたいですね。

引用元: 「半月で3,000万円稼いだ」スマホアプリ「今日、彼女が死んだ」のNagisaが語る「放置ゲーム」で稼ぐためのゲームバランス3要素。 | アプリマーケティング研究所.

遠い – はてな匿名ダイアリー

もうすぐ40になる独身・一人暮らしの自分

 

仕事はあまりできない

決められた時間に行ってできない部分は言葉で誤魔化したりしつつ、終わりの時間が来るまで何とか乗り切る、その繰り返し

新しいことは学ばず、古いことはだんだん忘れてゆく

 

生活はだらしない

掃除機かけるのもバスタオルの洗濯も、月1回もやらない、猫のトイレだけは2日以内に何とか掃除する

食事は半分くらい安い外食、栄養バランスもあまり考えてない

税金払うのを忘れていてよく督促状が来るが、滞納金は発生する前に払えている

 

こんな駄目人間だけど、それでも自分の人生の中では、今は一番ちゃんとまともに生きられている時だ

何もできない子供の時代から、カタツムリよりもゆっくりだけど、前進はしていると思う

まがりなりにも自力で稼ぎ(そうできるようになれたのは、嫌がる自分に金と発破かけて受験とかさせてくれた親の力だが)

まがりなりにも自分で身の周りの事を処理して(一般的には処理できているレベルに達していないにしても)

破たんしないで毎日を継続できている

 

周囲の話を聞くと、仕事も生活もそのレベルの高さにポカーンとする

そんなにもエネルギッシュに、高い目標をいくつも達成しながら、どうやって毎日を送れているのか

結婚している人に対しては特にそう思う

一人で適当に折り合いをつけながらだから、今ようやく自分は破たんせずに回っているのに

他人と日々折り合える点を探しつつ、自分以外の人間の人生に責任を持てるレベルの仕事や家事をするなんて

あまつさえ複数の人間関係を、何十年にわたって死ぬまで壊さず保ち続けられるなんて

自分には、宇宙飛行士になるとか石油王になるくらいに、想像がつかない遠い話だ

 

でも多くの人間ができているのだから、人という生き物のポテンシャルとしては、それは可能なことなのだろう

自分にだって、生まれた時点ではそれができる可能性があったに違いない

いや、もしかしたら今だってあるのかもしれない

ただ、今までにそれが出来たことはないし、今後も実際に出来る有様をおよそ想像できないというだけで

 

今から宇宙飛行士になろうと本気で思わないように、今後そういう生活を目指そうとは正直思わない

低レベルながらも自力で何とか回している今の生活は、気に入っている(それが単なる錯覚だったとしても)

40年近くかけてどうにか作り上げた、このちっぽけで粗末な自分の世界を、壊したくはない

 

猫はいい

彼らの幸せに対して負うべき自分の責任は、人間に対するそれよりもずっと軽くていいことに、世の中ではなっている

同じキャットフードを毎日やって、トイレの砂を取り換えて、時々爪を切る

餌を食わなくなったら獣医に連れて行って点滴をしてもらう、そのくらいで済む

人間の子供にこれだけしかしなかったら、とんでもない虐待だろう

真っ当な人間の世界は自分にはあまりに遠すぎる

遠い – はてな匿名ダイアリー.

選挙カー、名前連呼には理由があった ところで効果は…:朝日新聞デジタル

「サトウ、サトウ、サ・ト・ウをお願いします」

選挙期間に突入すると、どこからともなく聞こえてくる候補者名の連呼。選挙カー乗車歴24年の安東美智子さん(46)は、約250の選挙でマイクを握った。「指の間から票が逃げないように」と、手を振る時は必ず指を閉じて。いつもの験担ぎだ。

でも、そんなに名前ばかり繰り返さなくてもいいのに――。いや、繰り返すしかないのだ。

理由は公職選挙法にある。走行中の選挙カーで演説などの選挙運動をすることは原則禁止されているが、例外として連呼は認められている。1964年、ポスター掲示などをめぐる規制が強化されたのと同時に決まった。「規制と緩和。バランスをとろうとしたのでは」と総務省。

1軒ごとに票をお願いする戸別訪問が禁止されている日本では「連呼は貴重な選挙運動の一つ」と当選2回の神奈川県議は言う。

選挙カーの声が届かないと「うちらを忘れたのか」と怒る支持者もいるとか。「ちゃんと見てますというPRなんだ」。相模原市議選の現職陣営がそう話していた。ただ、山形県選管が2013年に公表した調査では、連呼を参考に投票先を決めた人は0・4%。選挙運動に「正解」はない。

引用元: 選挙カー、名前連呼には理由があった ところで効果は…:朝日新聞デジタル.