タグ別アーカイブ: バッテリー

CNN.co.jp : ネット競売で「戦車」を衝動買い、置き場所に苦労 英国

英国人男性がインターネットの競売で「戦車」を衝動買いし、置き場所の確保に苦労し、家を新規購入する羽目に陥った。

ジェフ・ウールマーさんが1万4000米ドル(約166万6000円)支払った戦車は重さ7トンのCVRTスコーピオンで、以前はカナダ軍が保持していた。

買ったものの、イングランド西部ブリストル近くの自宅は寝室が2つあるアパートで、戦車の駐車は禁止だった。

戦車購入のきっかけは職場の同僚との雑談がきっかけ。話の種は「このごろは軍用車両を含めインターネットでは何でも買える」だったという。職場では、時速1000マイル(約1609キロ)を突破出来る車両のデザイン、製造を狙う事業を進めている。

この雑談後、ウールマーさんは自宅で特殊車両の競売サイトに接続し、スコーピオン戦車の入札に参加。その後、連絡がなかったのでほぼあきらめていたところ、職場に電話があり落札が決まったとの説明を受けたという。

CNNの取材に応じたウールマーさんによると、この戦車は製造後の1989年、カナダの英国陸軍訓練部隊に所属。作戦のためエジプトに配備されたこともある。

戦車のバッテリーは交換が必要で、戦車内部は油などで汚くなっている。しかし、ウールマーさんは今後数週間内に走行可能な状態にすることを目指している。また、公道を走ることが出来る可能性もあるとしている。英国内では、正当な書類手続きを進めれば、戦車を公道で運転することも可能だという。

引用元: CNN.co.jp : ネット競売で「戦車」を衝動買い、置き場所に苦労 英国.

彗星着陸機「フィラエ」、再起動に成功 7か月の眠りから覚める | 科学衛星 | sorae.jp

最初の通信では300を超えるデータ・パケットが受信でき、分析が行われた結果、今回のデータが送られてくるよりも前から、フィラエはすでに目覚めていたこともわかったという。ただ、今日まで通信することができなかったとされる。

フィラエに搭載されたメモリーには、実際に再起動してからの間に取得された、8000を超えるデータ・パケットが記録されているという。運用チームは現在、このデータをダウンロードするため、次の通信可能な機会を待っているとのことだ。

フィラエは2004年3月2日、母機であるロゼッタに搭載され、アリアン5 G+ロケットで打ち上げられた。そして10年を超える航海を続け、2014年8月6日に目的地であるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着した。ロゼッタの調査によってフィラエが着陸する場所が選ばれ、そして11月13日0時33分(日本時間)、彗星表面に到達した。

しかし、機体を彗星表面に固定するために器具がうまく作動せず、3度バウンドした後、起伏の多い岩場と思われる場所に落ち着いた。また機体も大きく傾いていたこともあり、太陽光が十分に当たらず、太陽電池による発電が十分にできない状態だった。しかし、あらかじめ充電されていたバッテリーを使って活動を開始し、当初予定していた観測はほぼすべて完了した。

そして着陸から約57時間後、バッテリーが切れたフィラエは活動を停止し、休眠状態に入った。しかし、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は今後徐々に太陽に近付いていく軌道に乗っているため、フィラエに当たる太陽光の量も増えることから、太陽電池の発電によってバッテリーが再充電され、再起動する可能性はあると予測されていた。

引用元: 彗星着陸機「フィラエ」、再起動に成功 7か月の眠りから覚める | 科学衛星 | sorae.jp.

新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報

新しいMacBookで使えるUSBハブ「Hub+」。MacBookとマッチするデザインを持って、2ポートのUSB-Cや3ポートのUSBやMini Display PortやSDXCカードスロットなどを備えて、さらに400mAhのモバイルバッテリーを内蔵し、デバイスに充電することができて、実用性が高そう。

引用元: 新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報.

三井住友銀、現金の持ち運びにロボットスーツ「HAL」活用 金融機関初 – ITmedia ニュース

三井住友銀行の連結子会社で、同行の各店舗に搬送する現金の仕分けや集配金を手がけるSMBCデリバリーサービスは5月から、サイバーダインの「ロボットスーツHAL 作業支援用(腰タイプ)」を金融機関として初めて導入すると発表した。重い現金を持ち運ぶ際の従業員の腰への負担を減らす狙いだ。

HAL 作業支援用(腰タイプ)は、腰に装着するバッテリー駆動のロボットスーツ。重量物を持ったときに腰部にかかる負荷を軽減できる。

搬送する現金は重く、特に高齢の従業員は体に負担がかかるケースがあったという。HALの導入により、作業時の腰への負荷を軽減できるとしている。

引用元: 三井住友銀、現金の持ち運びにロボットスーツ「HAL」活用 金融機関初 – ITmedia ニュース.

Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog

コード キャッシングはもうひとつの新たな技術で、特に同じページを何度も表示するときにページが迅速に読み込まれるようになります。通常、ページの JavaScript はページを表示するたびに V8 エンジンによってコンパイルされ、プロセッサが認識できるインストラクションに変換されますが、このコンパイル済みのコードは、コンパイル実行時のマシンの状況やコンテキストによって大きく左右されるため、ユーザーがそのページから移動すると保持されません。Chrome 42 では、このコンパイル済みコードのローカルコピーを保持する拡張技術を採用することで、ユーザーがそのページに戻ってきたときにパースをダウンロードしてコンパイルする手順をすべて省略できるようになります。これによってすべてのページでコンパイル時間の 40% を削減し、モバイル端末において貴重なバッテリーの消費量を減らすことができます。

引用元: Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog.

無線・無電源のiPhoneケース – 革新的発明と製品情報

背面のLEDで着信を知らせしてくれるiPhoneケース。携帯端末が放射する電磁波で発電し、その電気を利用して電話かSMSのアイコンを光らせて、バッテリーが必要なくなる。Kickstarterで支援を募集しているので、興味があればそれを是非。

引用元: 無線・無電源のiPhoneケース – 革新的発明と製品情報.

Bluetoothでキーレス解錠できる自転車ロックSkylock。加速度センサで事故通報や盗難警報にも対応 – Engadget Japanese

基本機能の自動アンロックは、Bluetooth Low Energy のシグナル強度を使い、ペアリングしたスマートフォンを近づけると自動で解錠する機能。自動解錠してもそのまま立ち去ればまた自動で施錠されるほか、自動解錠自体をオフにすることもできます。

スマートフォンをなくしたり忘れてしまった場合、スマートフォンのバッテリーが完全に切れた場合などは、Skylock 本体側のタッチパッドに特定パターンを入力して手動解錠もできます。

またアプリを通じてキーコードを共有することで、物理的なカギのやりとりをせずに自転車を共有できる機能もあります。番号式のロックで番号を教えても同じことができますが、Skylockではスマートフォンを使って特定の相手を認証してアクセス権を渡したり、アプリからアクセス権を取り消す機能で柔軟に自転車シェアリングが可能です。

引用元: Bluetoothでキーレス解錠できる自転車ロックSkylock。加速度センサで事故通報や盗難警報にも対応 – Engadget Japanese.

Android端末向けの物理ボタン – 革新的発明と製品情報

Android端末の背面に貼りつけるだけで、どんな機能も割当てられる物理ボタンが増えるようになる。厚みはわずか0.49mmとなり、NFC技術を利用して作られて、電池が不要なので、バッテリー切れの心配もなくなり、使いやすくて便利。

引用元: Android端末向けの物理ボタン – 革新的発明と製品情報.

「人機一体」こそウェアラブルの本質——JINSがまんま“メガネ”の新デバイス「JINS MEME」を2015年春に発売 | TechCrunch Japan

JINS MEMEは、三点式の眼電位センサーと六軸の加速度、角速度センサーを備える——といっても、センサーは少し太めのフレームに収められている。Google Glassのようにモニターがついているわけでもなく、メガネそのものとほぼ変わりないと言っていい——ウェアラブルデバイスだ。ウェリントン、ハーフリム、サングラスタイプの3種類のモデルを用意。ウェリントンタイプで重量約36グラムとなっている。僕も実際にデモ機を掛けてみたが、通常使用しているメガネ(フレームが太くて多少重く感じていた)よりも軽い付け心地だった。通信にはBluetooth 4.0を採用する。バッテリー内蔵で連続8時間の使用が可能。メガネのフレームを延長して頭部をカバーするヘアバンドのようなアタッチメントパーツを取り付ければ、約16時間までの利用が可能になるという。非接触での充電に対応する予定で、蓄積されたデータを送信するためのUSBポートも備える。価格は現状非公開だが、「JINSが作る商品なので、皆さんの手の届かない物ではない」(田中氏)とのことだ。

引用元: 「人機一体」こそウェアラブルの本質——JINSがまんま“メガネ”の新デバイス「JINS MEME」を2015年春に発売 | TechCrunch Japan.

Raspberry Piを利用して作ったDIY携帯電話の「PiPhone」 | TechCrunch Japan

Raspberry PiにGSMモジュールおよび小さなTFTスクリーン、そしてバッテリーモジュールを加えて完璧にDIYな携帯電話を作ってしまった。

製作にかかった費用は158ドルほどだったとのこと。大きなパーツとしては、GSMモジュールが48ドルで、Raspberry Piとスクリーンがそれぞれ40ドルだ。独自に実装した電話機能にて、電話をかけたりあるいは受けることができる。昨今のスマートフォンではプライバシーがいろいろと盗み出されているようだと心配している人に最適なのかもしれない。

驚かされたのは、製作にあたってはハンダ付けなどの作業が無用だったという点だ。また回路設計等の知識も必要ないのだそうだ。ショップで購入してきたパーツをそのまま組み合わせればできあがると言っている。製作時間も1時間未満であったそうだ。但しオーバーヒートの可能性があり(実際、かなり熱くなったそうだ)、ケースに入れて見栄えをよくすることは諦めたらしい。雨の日には利用を諦めた方がよさそうだ。

引用元: Raspberry Piを利用して作ったDIY携帯電話の「PiPhone」 | TechCrunch Japan.