タグ別アーカイブ: バックアップ

OpenSSL脆弱性の再発防止へ、業界大手が重要オープンソースプロジェクトを支援 – ITmedia エンタープライズ

オープンソースのSSL/TLS暗号化ライブラリ「OpenSSL」に致命的な脆弱性が見つかったことを受け、GoogleやMicrosoft、IBMなどの業界大手が参加して、インターネットのインフラを担うオープンソースプロジェクトを資金面でバックアップする「Core Infrastructure Initiative」を発足させた。Linux Foundationが4月24日に発表した。

Core Infrastructure InitiativeにはAmazon Web Services(AWS)、Cisco、Dell、Facebook、富士通、Google、IBM、Intel、Microsoft、NetApp、Rackspace、VMwareなどの各社が参加。Linux Foundationの運営の下、支援が必要なオープンソースプロジェクトを見極めて、人材獲得やセキュリティ強化といった必要経費のための資金を提供する。

まず最初の候補となるのはOpenSSLで、人材など必要なリソースのための資金を拠出して、セキュリティ強化や外部からの検査、パッチ対応などを支援する方針。

OpenSSLは多くのWebサーバやOS、ソフトウェア、ネットワーク機器などに利用され、インターネットインフラの根幹を支える存在だ。ところがOpenSSL Software Foundation幹部によれば、寄付などを通じて得る収入は年間2000ドル程度にすぎず、フルタイムでOpenSSLの開発にかかわる担当者は1人だけだという。

「共有ソースコードの重要性はかつてなく増し、開発やメンテナンスの複雑性も増しているにもかかわらず、その重要性に見合ったサポートを受けていないプロジェクトが存在する」(Linux Foundation)。そうした実態を打開するために業界大手が協力して、OpenSSLで起きた「Heartbleed」のような事態の再発を防ぐことを目指す。

引用元: OpenSSL脆弱性の再発防止へ、業界大手が重要オープンソースプロジェクトを支援 – ITmedia エンタープライズ.

SanDisk、既存のDIMMスロットに装着できる超低遅延SSD「ULLtraDIMM」 – PC Watch

既存のRegisterd DDR3 DIMMスロットに装着できるサーバー向けのSSD。ストレージコントローラやバスコントローラなどを経由せずにデータを記録でき、最近のCPUはメモリコントローラを内蔵するため遅延が少なく、書き込みレイテンシは5μsec以下としている。 また、シーケンシャルリードは1GB/sec、同ライトは760MB/sec、ランダムリードは15万IOPS、ランダムライトは65,000IOPSを実現。同社はビッグデータの解析や高頻度トレーディングなどの金融アプリケーション、ストレージ仮想化、仮想化デスクトップインフラストラクチャ向けとしている。 3つの独自技術「Guardian」を搭載。FlashGuardは書き込みパラメータを最適化し、MLCフラッシュにおけるデータの信頼性を確保。DataGuardはデータパスを保護し、転送時に発生するデータの破壊を防ぐ。EverGuardは電力喪失時のデータ消失を保護する機能で、第3世代のバックアップ電源回路と高信頼性のディスクリートコンデンサによって構成される。 開発には次世代エンタープライズコンピューティング技術を開発しているDiablo Technologiesが携わったとしており、同社の「Memory Channel Storage」技術が利用されているとみられる。

引用元: SanDisk、既存のDIMMスロットに装着できる超低遅延SSD「ULLtraDIMM」 – PC Watch.

ドメイン コントローラー降格手順 (Windows Server 2012) – Ask the Network & AD Support Team – Site Home – TechNet Blogs

ドメイン コントローラーを降格する際には、降格対象のドメイン コントローラーのみが保持する更新情報を他のドメイン コントローラーに複製してから降格処理が行われます。

トラブルが発生している環境で、複製ができていない状態で降格処理を実施しなければならないこともあります。

この複製ができない状態で降格をするためには、強制降格と呼ばれる処理が必要となるのですが、その手順もご案内します。

なお、強制降格については注意が必要です。

ドメイン コントローラーの更改などの作業にともない、古いドメイン コントローラーを降格処理をするケースを考えます。

この場合に通常降格が失敗する場合には、新しくドメイン コントローラーに昇格したサーバーが正常に機能していない可能性があります。

このまま強制降格処理をおこなってしまうと、正常なドメイン コントローラーが存在しなくなり、復旧はバックアップからのリストアが必要になるという現象が発生しますので十分に注意の上、実施ください。

ドメイン コントローラーを降格する際には、そのドメイン コントローラーが FSMO である場合には、事前にその役割を他のドメイン コントローラーに移動させることが必要ですので、 FSMO を担っているかの確認方法と移動方法についてもご案内します。

また、実際の操作については、画面キャプチャ付きで以下のファイル (xlsx 形式) にお纏めしましたので、こちらもお役に立てれば幸いです。

引用元: ドメイン コントローラー降格手順 (Windows Server 2012) – Ask the Network & AD Support Team – Site Home – TechNet Blogs.

共産市議が離党届「毎月の上納金で生活に支障」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

日本共産党相模原市議団(4人)の大田浩氏(37)が、党への多額の寄付やカンパを事実上強制され、生活に支障をきたしているとして、離党、離団届を出したことが13日、分かった。

取材に対し大田氏は「年間約300万円も上納させられ、公認時にそんな話は聞いていない」と主張。党神奈川北部地区委員会は「詳細を説明している。党公認で当選した以上、役目を果たすべきだ」としている。

大田氏は2011年4月の市議選で初当選。8日に離団届を提出し、10日に離党届を党に郵送した。離団届は現在、市議団長預かりになっている。

大田氏によると、納付金は、月約48万円(税引き後)の市議報酬のうち、党費と党への寄付金として毎月約16万円。8月と12月には「夏季・冬季カンパ」として各約17万円、年2回の期末手当(ボーナス)時にも各約40万円を納めており、年間総額は約306万円に上る。

市議会局によると、議長、副議長を除く相模原市議の年間報酬は約1090万円(税引き前)。

大田氏は、国政選挙などの際にも臨時のカンパを求められるとし、これらの納付が「事実上の強制」と訴えている。離党、離団については、「昨年11月に結婚し、子供ができれば生活できなくなるので決断した」と話し、無所属の1人会派で活動していく考えを示した。

共産党の公認候補は、党員の中から選出され、選挙戦で全面的なバックアップを受ける。党規約は、党の資金に関し、「党費、党の事業収入および党への個人の寄付などによってまかなう」と記載しており、「党費は実収入の1%とする」と定めている。

大田氏の離党、離団届提出に対し、党神奈川北部地区委員会の菅野道子副委員長は「寄付金などの詳細は擁立する際、本人に伝えている」と説明。「個人ではなく、党として取り組んだ選挙で当選した以上、党の議員として役目を果たしてほしい。思いとどまるよう話し合いたい」としている。

引用元: 共産市議が離党届「毎月の上納金で生活に支障」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

本の虫: MySQLの七年間修正されていないバグに七歳の誕生日ケーキが送られる

バグの内容は、mysqldumpの出力が、–no-dataを指定しても、テーブル定義にAUTO_INCREMENT=xxxが含まれてしまうというものである。これはバックアップ目的にはふさわしいかもしれないが、開発目的のダンプにはふさわしくない。現状では、開発目的に使うには、ダンプ後のファイルを手動や、あるいはsedなどで書き換えなければならない。

期待される修正は、出力しないオプションを付け加えるか、–no-dataオプションが指定されたときは出力しないようにするというものだ。

変更自体は些細なことなのだが、明確に対応されないまま7年間も放置されている。

そこで、7歳の誕生日ケーキが送られた。

引用元: 本の虫: MySQLの七年間修正されていないバグに七歳の誕生日ケーキが送られる.

2013年SMB(中小中堅企業)における仮想化データ保護報告書 | 仮想環境(VMware & Hyper-V)エンジニア技術ブログ

報告書の結論として、SMBの85%がバックアップとリカバリでのコストに関する課題をかかえていて、83%が機能の欠如、80%が複雑性を経験しています。

他の結果として:

●SMBでのリカバリー:仮想サーバは物理サーバよりも少し早い結果。

SMBの仮想サーバのリカバリはそれぞれで4時間21分、4時間51分で、物理サーバよりも少し速くなっています。

●Eメールなどの個別ファイルのリカバリーは12時間8分を要しています。SMBの62%はしばしば個別ファイルまたはアプリケーション・アイテムの抽出する必要以上にリカバリする必要があります。

●SMBのバックアップ・ツールの67%は複雑性を付加する可能性のあるエージェントを使用し、それらのSMBの76%はエージェントの複雑な管理、低パフォーマンス、バックアップとリカバリの両方における頻繁なファイルなどの問題に直面しています。

●SMBの63%は会社が成長すれば、今のバックアップ・リカバリー・ツールではデータとサーバの容量では効率が落ちると考えています。

●SMBの41%はITフェイル時でのダウンタイムは1時間当たり15万ドル以上としています。停電では、決められた回復時間では、これらの企業ではに60万ドル以上の費用が係るとしています。

●バックアップ・マシンの17%以上のリカバリー率はリカバリー時間とダウンタイムのコストを増加させています。8%のみがテストのことを考えていることは驚きではありません。

●現在、平均SMBの33%の仮想インフラはバックアップをしていません。

●SMBの55%が2014年までに仮想サーバ用のバックアップ・ツールの変更を予定しています。

引用元: 2013年SMB(中小中堅企業)における仮想化データ保護報告書 | 仮想環境(VMware & Hyper-V)エンジニア技術ブログ.

「無料より優れたもの」: 七左衛門のメモ帳

「無料より優れたもの」: 七左衛門のメモ帳: 無料より優れた八つの生成力
即時性 — 遅かれ早かれ、あなたは何でも欲しい物の無料コピーを見つけることができるだろう。しかし創作者がそれを発表した瞬間に、または、うまくいけば作った瞬間 にあなたの受信箱にコピーが配送されてくるようなら、それは生成力のある資産である。多くの人は初日に映画館へ行って高いお金を払って映画を見ようとす る。その映画は後になればレンタルやダウンロードによって、無料あるいはほとんど無料で見ることができるのに。ハードカバーの本には、ハードカバーという 姿の即時性にプレミアが付いている。同じ品物でも最初の物には高い値がつくことがよくある。売れる性質としての即時性にはいろいろなレベルがある。たとえ ばベータ版が入手できるとか。ここではファンが生成力の過程に参加している。ベータ版は完全ではないのでたいていは価値が劣るのに、売ることができる生成 力を持っている。即時性は相対的なものであり、だからこそ生成力がある。それは製品と消費者に適合しなければならない。ブログには映画や車とはまた違った 時間の感覚がある。しかし即時性はどのようなメディアにも見受けられる。

個人化 — コンサートを一般的な形で録音したものは無料だとしても、まさにあなたのリビングルームで完璧に聞こえるように調整を加えたコピー、つまりあなたの部屋で 演奏しているかのように聞こえるものか欲しければ、たくさんのお金を払ってもいいと思うだろう。本の無料コピーのかわりに、あなたの今までの読書歴に応じ て出版社が個別に編集してくれるものになるかもしれない。無料の映画にお金を払うとしたら、あなたが望む評価(暴力不可、汚い言葉OKとか)に応じて適切 にカットしたものかもしれない。ふつうのアスピリンは無料でも、あなたのDNAに合わせて調整したアスピリンは非常に高価だろう。多くの人が言うように、 個人化のためには創作者と消費者、芸術家とファン、製作者と使用者の間で継続的な対話が必要である。それは回数と時間がかかるので、たいへん生成力があ る。人と人のつながりによる個人化はコピーできない。マーケティング専門家はこれを「粘着性」とよぶ。つながりの当事者たちはこの生成力のある資産に投資 したことで結びついていて、乗り換えたりもう一度やり直そうとは思わないからである。

解釈 — 古い冗談に「ソフトウエアはタダ、マニュアルは10,000ドル」というのがある。しかし冗談だとも言っていられない。レッドハットやアパッチその他いく つかの有名企業はまさにその通りのことをして稼いでいる。彼らは無料のソフトウエアに対する有料のサポートを提供する。単なるビットの集まりにすぎない コードのコピーは無料である。そしてそれはサポートと指導があって初めてあなたにとって有益なものになる。遺伝情報などは、この経路をたどると思う。今の ところは自分のDNAのコピーを得ようとすれば多くのお金がかかるが、すぐにそうでなくなるだろう。実際に、あなたの遺伝子配列を得るためにお金を払おう という製薬会社がある。だから、あなたの遺伝子配列のコピーは無料であっても、それが何を意味するか、あなたが何をすべきか、それをどのように使うか、と いった解釈をすること、いわばあなたの遺伝子のマニュアルは高価なのである。

信憑性 — 重要なソフトウエアアプリケーションを無料で手に入れることは可能かもしれない。そして、もし仮にマニュアルは不要であったとしても、バグがなくて信用できて保証されていることを確認したいだろう。信憑性にお金を払うのだ。
ロッ クバンド「グレートフル・デッド」の演奏はほとんど無限個と言っていいくらいあちこちに存在するだろう。なのにそのバンド自身から本物を買うということ は、それがまさにあなたの欲しい物であること、すなわち、本当に「デッド」が演奏したものであることを保証する。芸術家たちは長年この問題を扱ってきた。 写真や版画の複製は、その複製の価格を上げるために、作者による真正性の証印すなわち署名がついてくる。デジタル透かし等の署名技術はコピー防止の仕組み としては機能しない。(コピーは超伝導という話、覚えてる?)しかし、関心がある人に対して信憑性という生成力のある性質を提供することはできる。

アクセスしやすいこと — 所有というのは厄介なものだ。持ち物を整頓したり更新したり、そしてデジタル素材の場合はバックアップしなければならない。このモバイルな世の中では、そ れを持ち歩かなければならない。私を含めて多くの人は、自分の「所有物」を誰かに頼んで面倒見てもらえたらうれしいと思っている。「アクメデジタル倉庫」 にお金を払えば、世界の音楽をいつでもどこでも取り寄せることができる。そのほか、映画や写真も(自分のもの、他の写真家のもの)、本やブログについても 同様。アクメは何でもバックアップして、創作者にお金を払い、私たちの欲しい物を届けてくれる。私たちはそれをどこからでも、電話で、PDAで、パソコン で、あるいは大画面テレビで取り出すことができる。これらの材料の大部分は無料で手に入れることができるのだが、それを自分で面倒見て、バックアップし て、更新して、整理することを考えると、長期間保有するためには、無料ということにはますます魅力がなくなってくる。

具体化 — 根本的にデジタルコピーには実体がない。ある作品の無料コピーを取ってきて、画面に映すことはできる。でも、それを高解像度の巨大画面で見たいとは思わな いか?もしかして3Dで?PDFも良いけれど、同じ文章が白い綿のような紙に印刷されて、それを革で製本したものを読むのも素敵だ。とっても良い気分だ。 あなたが好きな無料ゲームの中で、35人の他人と一緒に同じ部屋で住むのはいかがなものか。さらなる具体化には終わりはない。今は高解像度画面にひかれて 大きな劇場へ足を運ぶかもしれないが、明日にはそれがあなたのホームシアターに導入されているかもしれない。しかしいつの時代にも、消費者が持っていない ような新しくてめちゃくちゃすごい画像表示技術が出てくる可能性はある。レーザー投影、ホログラフィック表示、それにスタートレックの「ホロデッキ」と か!そして、生演奏の音楽ほど実体を伴って具体化できるものは他にない。音楽は無料だが、生身の人間の演奏は高価である。この公式は音楽家だけでなく著述 家にまで当てはまるようになりつつある。本は無料だが、生の講演は高価である、と。

後援 — 視聴者は創作者にお金を払いたがっていると私は確信している。ファンは芸術家、音楽家、著述家などに対して、評価のしるしとしてご褒美をあげたい。それに よってつながりができるからだ。ただしお金を払うのは、支払いが非常に容易で、手頃な値段で、しかもそのお金が創作者に直接恩恵を与えると思われる場合で ある。最近注目を集めたロックバンド「レディオヘッド」の実験では、ファンが無料コピーをもらうかわりに、彼らの欲しい物にお金を払ってあげるということ で後援という力を実証した。理解のあるファンと芸術家との間の漠然としたとらえどころのないつながりは結構な価値があるものだ。「レディオヘッド」の場合 はダウンロードごとに約5ドルだった。視聴者が満足感だけでお金を払う例は、他にもたくさんある。

見つけやすいこと — 前述の生成力のある性質は独創的なデジタル作品に内在しているのに対して、見つけやすいということは、多くの作品の集合体に対してもっと高いレベルで出現 する資産である。価格がゼロであることが作品へ注意をひきつけるのに役立つわけではない。実際には時として妨げることさえある。値段がいくらであっても、 作品は見られない限り価値がない。未発見の名作など無意味だ。何百万冊もの本、何百万曲の歌、映画、アプリケーションプログラムやら何やらが私たちの注意 を惹きつけようとしていて、しかも大部分が無料である中で、見つけられるということには価値がある。