タグ別アーカイブ: バクテリア

スイスチーズの穴の謎解明、100年ごしの研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

「分かったぞ!」――約100年に及ぶ研究の末、スイスの科学者チームが、「スイスチーズの穴」をめぐる謎を解明した。子どもの頃、ネズミがかじって穴ができたと教えられたかもしれないが、実際はそうではない。

 スイス連邦政府の農業研究機関、アグロスコープ(Agroscope)研究所(ACW)の専門家チームによると、エメンタールやアッペンツェラーなどの有名なスイスチーズの特徴でもある「穴」は、材料の牛乳に含まれる微量の干し草と関係しているのだという。これまでは、チーズ内のバクテリアに起因していると考えられてきた。

 研究では、チーズ作りに使われる牛乳の搾乳方法によって穴に変化が生じることがわかった。現代的な方法では、スイスチーズの謎の穴は小さくなるか、消えてしまうこともある。

 ACW広報のレジス・ナイフェラー(Regis Nyffeler)氏は、この違いが生じる原因として伝統的な乳搾りで使われる「昔ながらのバケツ」の存在を挙げた。バケツの中に落ちた干し草の微小片が、最終的にチーズの穴に発生させているのだという。

 このテーマに関する研究は、少なくとも1917年から続けられてきた。当時、米国人研究者のウィリアム・クラーク(William Clark)氏が詳細な研究結果を発表し、牛乳に含まれるバクテリアが放出する二酸化炭素(CO2)によって穴が生じると結論付けていた。

 現代のチーズ生産現場においては、密封された搾乳機が開放状態のバケツに取って代わり、牛乳に含まれる干し草の微小片が完全に排除されている。研究チームは、過去10~15年間で、スイスチーズの穴の数が少なくなっていると説明した。

引用元: スイスチーズの穴の謎解明、100年ごしの研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

シャワーの後の濡れた身体を、乾いたタオル以外でなんとかしたい | TechCrunch Japan

シャワーはとても便利なものだと思う。とても大好きだ。しかし身体を拭く段になるとどうだろう。これは非常に面倒だと思うのだ。あちこちをタオルで拭くうちに汗をかいて、もう一度シャワーを浴びたくなるようなこともある。ニューヨークのThe Body Dryerも、そのように感じたようだ。そこでタオルを使わずに身体を乾かす方法を生み出してくれたのだ。

名前からしてすでにおわかりだろう。体重計のような形をしたこのデバイスは、下から風を送ることでいらない水分を飛ばしてしまう仕組みになっているのだ。快適に身体を乾かすことができるだけでなく、濡れたタオルで増殖して育っていくバクテリアを減らすことにもつながるわけだ。濡れタオルというのは黴などの絶好の巣となってしまうのだ。

このBody Dryerではイオン化した温風ないし冷風を送り出すことが出来るようになっている。家庭用としてだけではなく、ジムなどなどの業務施設でも利用できるのではないかと、商機をうかがっているところだ。定価は250ドル程度となる予定だそうだ。しかし現在進行中のindiegogoのキャンペーンにてプレオーダーを行えば、125ドルで手に入れることができる。目標資金調達額は5万ドルだが、すでに3万4000ドル以上が集まっている。

引用元: シャワーの後の濡れた身体を、乾いたタオル以外でなんとかしたい | TechCrunch Japan.

ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待 国際ニュース : AFPBB News

英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らは、ネコの鱗屑(りんせつ、皮膚や毛から剥げ落ちた角質細胞の微落片)から見つかるタンパク質が、ありふれたバクテリアの一種と接触すると、人間にアレルギー反応を誘発する可能性があると考えている。アレルギー反応には、くしゃみやせき、目の腫れやかゆみ、呼吸困難などがあり、一般的な風邪の症状に似ている。

科学者らは今回の研究が、ネコアレルギーのみならず、イヌアレルギーの患者にも有効な新治療法の開発につながる可能性があると期待している。

最も一般的なアレルゲン(アレルギー誘発物質)は「Fel d 1」というタンパク質で、ネコの唾液に含まれており、毛繕いによって体の表面の至る所に付着してしまう。このタンパク質が、一般的なバクテリアの毒素に接触することでアレルギー反応が誘発されるという。

引用元: ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待 国際ニュース : AFPBB News.

クマムシの紫外線耐性能力が明らかに – むしブロ+

多量の紫外線が降り注ぐような環境をもつ他惑星でも、バクテリアのような単細胞生物だけではなく、多細胞生物のようなより複雑な生命体が、クマムシと似たような生存戦略機構をもち繁栄しているかもしれないのだ。 火星の地表やそれに近い環境から、クマムシ型生命体が発見される日も近いかもしれない。

引用元: クマムシの紫外線耐性能力が明らかに – むしブロ+.

大雨の後に海水浴に行ってはいけない。なぜなら…… – IRORIO(イロリオ)

アメリカの海水浴場では、水質汚染のせいで遊泳禁止になったり注意報が出されることがよくある。そのほとんどが、海水中のバクテリアの量が危険なほど多かったためだ。このことは米天然資源保護協議会の年次報告書で報じられている。

「汚染の一番大きな原因は、豪雨による水流だろう」と、同協議会の水部門のエキスパートは言う。大雨が降ると、排水溝から溢れた汚水が川に直接流れ込む。すると、本来なら処理場で処理されるはずの水が、未処理のまま川を下って海に流れ込むことになる。地表にある動物の糞や虫の死骸や人が出したゴミや汚物が、雨に流されて海に入る様を想像してみてほしい。バクテリアが繁殖して当然だ。

「でも、ちゃんと水質検査してるんだから、注意報が出ている時に泳がなけりゃ大丈夫でしょ」、と思うかもしれないが、そうでもないらしいのだ。前出の協議会のエキスパートはこう言う。「ビーチの管理者は、検査値が危険なレベルになっていてもすぐに注意報を出さないことがある。彼らは注意報を出すよりも再検査をしたがるのだ」

引用元: 大雨の後に海水浴に行ってはいけない。なぜなら…… – IRORIO(イロリオ).

朝日新聞デジタル:人工クモ糸、量産技術を開発 鋼鉄より強い「夢の繊維」 – 経済・マネー

クモ糸は、鋼鉄より4倍ほど強く、ナイロンより柔軟なことから「夢の繊維」と言われる。だが、クモは縄張り争いや共食いが激しく、蚕のように人工飼育できないため、工業化は困難とされてきた。

開発したのは鶴岡市のスパイバー(関山和秀社長)。単純な微生物にもクモ糸のたんぱく質が作れるよう合成した遺伝子をバクテリアに組み込んで培養し、たんぱく質を生成。紡績技術も確立し、合成クモ糸の量産を可能にした。繊維は「QMONOS」(クモの巣)と名付けた。関山社長は「自動車や医療などあらゆる産業で利用できる。石油に頼らないものづくりの大きな一歩だ」と話した。

引用元: 朝日新聞デジタル:人工クモ糸、量産技術を開発 鋼鉄より強い「夢の繊維」 – 経済・マネー.