タグ別アーカイブ: バイアス

正しいコース滑って遅れ バイアスロン女子抗議へ NHKニュース

ソチパラリンピック、バイアスロン女子12.5キロ、立って滑るクラスのレースで、多くの選手が間違ったコースを滑ったため、運営側が正しいコースを滑った出来島桃子選手などに、その分だけ余計にコースを滑らせる措置を取り、途中までトップを滑っていた出来島選手は7位入賞になりました。日本代表選手団は、IPC=国際パラリンピック委員会に対して正式に抗議するということです。このレースは1周2.5キロのコースを5周する間に射撃を4回行う設定で、日本からは出来島選手1人が出場しました。レースは1周目に多くの選手たちがコースの分岐点を誤って、別の長いコースに進み、正しいコースをとった出来島選手は、4回目の射撃を終えるまでトップにつけていました。日本チームによりますと、これに気付いた運営側が「公平を期す」として、正しいコースを滑っていた出来島選手に対し、最後の周回で間違った選手たちが滑った別のコースを滑らせる措置をとりました。この結果、ウクライナの選手がトップになり、出来島選手は7位となりました。これについて日本チームは「もともと正しいコースを滑っていた選手に誤ったコースを滑らせるのはおかしい」として運営

引用元: 正しいコース滑って遅れ バイアスロン女子抗議へ NHKニュース.

自分のバイアスに気がつく|ライフネット生命 社長兼COO 岩瀬大輔のブログ

大切なのは、自分の見方や意見が100%正しいわけではないことに気がつき、自らがどのようなバイアスを抱いているかを認識し、それによって正しい答えに着地するようにその見方を修正することだ。私自身、絶えず自分にそう問いかけて、注意している。

しかし、多くの人は、そのように「自分のバイアスを意識し、それによって自らの意見を修正する」ということができない。自分がかけている眼鏡がどのような色が入っているかに気がつかず、自分の意見が正しいと考えてしまう。異なる仕事の進め方があることに理解を示そうとしない。

バイアスをなくせ、とは言わない。なくすことはできない。ただ、自分がどんなバイアスを持っているかを意識していれば、たえず必要な修正を施すことができるはず、ということだ

これは当社のような職場に限らない。

自らの強みと弱みを把握すると同時に、自分がどのような職場環境で育ってきたか、それによってどのようなバイアスを有しているかを意識し、それによって、必要に応じて自らの意見を修正していくことで、よりよい仕事ができるはずだ。

皆さん、自分のバイアスに、気が付いていますか?

引用元: 自分のバイアスに気がつく|ライフネット生命 社長兼COO 岩瀬大輔のブログ.

集団的知性 – Wikipedia

集団的知性は、細菌、動物、人間、コンピュータなど様々な集団の、意思決定の過程で発生する。集団的知性の研究は、社会学、計算機科学、集団行動の研究[1]などに属する。

Tom Atlee らは、Howard Bloom が「グループIQ」と呼んだものから一歩進み、人間の集団的知性に研究の焦点をあてている。Atlee は集団的知性を「集団思考(集団浅慮)や個人の認知バイアスに打ち勝って集団が協調し、より高い知的能力を発揮するため」のものと主張している。

引用元: 集団的知性 – Wikipedia.

ロシア 戦車でバイアスロン NHKニュース

ロシア国防省が企画したこの大会は、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせたバイアスロンを戦車で行おうというもので、的に向かって砲撃しながら20キロほどの距離をどれだけ早く移動できるかを競います。

ロシアとカザフスタン、ベラルーシ、それにアルメニアの4か国が参加し、通常とは異なるピンクや水色の戦車が泥の中を突き進みながら遠くの的に向けて砲撃を繰り返していました。

ロシア軍の担当者は、「観客たちは、ただの“ショー”ではなく本物の戦車を使った男の中の男たちの競技を見ることができる」と話していました。

引用元: ロシア 戦車でバイアスロン NHKニュース.

世界の「英語化」はいいこと? EF Englishtown CEOに訊く語学教育の最前線と「言葉の未来」 « WIRED.jp

モバイルデヴァイスが、英語学習において大きな役割を果たすのではないか、とわたしたちは期待をもっています。わたしたちは人の習慣というものがどうやって生成されていくかをリサーチしていますが、習慣化というサイクルのなかにうまく英語を組み込んでいくことができれば、よりストレスなく英語が上達するのではないかと思っています。教材を小さく分断して、日々の暮らしのなかのあちこちに埋め込んでいくことで、学ぶ意識をもたずに学んでいけるといったやり方です。

ただ、そのことによってトータルな学習時間が減るかどうかは未知数です。細切れにしたものを合わせると結局は、これまでと同じだけの時間を費やしていることになるかもしれません。学習時間の短縮ということで言えば、重要なのはむしろ学習内容のクオリティです。英語を学ぶ際に、普段話している母国語がいったいどのようなバイアスをかけているか、といった研究はいまだ十分にはなされていません。日本人と中国人の英語の理解の仕方の違いについて専門家ですらきちんと述べることができないのです。わたしたちは、そうした研究を行うべく、ケンブリッジ大学、ハーヴァード大学、モスクワ大学、北京大学の4つの大学と連携して研究を行っています。こうした研究を通して、英語学習をいかに効率的にローカライズできるのか日夜研究しているのです。そのことによってより短時間で効率的で、エレガントな学習が可能になるのではないかと考えています。

引用元: 世界の「英語化」はいいこと? EF Englishtown CEOに訊く語学教育の最前線と「言葉の未来」 « WIRED.jp.

技術職の求人広告には、微妙な性的バイアスが:研究結果 � WIRED.jp

技術職の求人広告には、微妙な性的バイアスが:研究結果 � WIRED.jp: たとえば「市場を分析(analyze)でき、適切な販売価格を決定(determine)できる」という文言と、「市場を理解(understand)でき、適切な販売価格を定める(establish)ことができる」とを比べた場合、前者のほうが男性の応募者を引きつける可能性が高いという。この言い回しの違いは些細なものに感じられるかもしれないが、研究者らはこれだけの違いでも応募者の男女比に大きな違いが出てくる可能性があると指摘。また、特定のポジションに関して自分が適切だと考えている女性でも、求人広告のなかに男性的な文言が少しでもあれば、それを見て応募に対する意欲が減少することもわかったという。