タグ別アーカイブ: ハーバード

アトピーにはキスが効果的? イグ・ノーベル賞に日本人:朝日新聞デジタル

世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の発表が17日、米ハーバード大であった。キスをするとアトピー性皮膚炎患者のアレルギー反応が弱まることを示した大阪府寝屋川市の開業医、木俣肇院長(62)が医学賞をスロバキアの研究者らと共同受賞した。日本人の受賞は9年連続となった。

木俣さんは授賞式には出席せず、19日にマサチューセッツ工科大である講演会に参加する。「栄誉あるイグ・ノーベル賞を受賞いたしまして、誠に光栄です」などと声明で述べた。

受賞理由は、「情熱的なキスの生物医学的な利益あるいは影響を研究するための実験」。木俣さんは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎の患者と健常者それぞれ30人ずつ計90人に対し、それぞれの恋人やパートナーと静かな音楽の流れる個室で30分間、自由にキスをしてもらった。キスの前後でアレルギー反応の強度を調べる皮膚テストや血中成分を測定したところ、改善傾向がみられた。2週間後、今度は同じカップルにキスをせずに部屋で30分抱き合ってもらったが、効果は確認されなかった。さらに性交でもキスと同様の効果があることを確かめ、2004年に論文を専門誌に発表した。

引用元: アトピーにはキスが効果的? イグ・ノーベル賞に日本人:朝日新聞デジタル.

ミツバチの群れ消滅、原因は農薬 米・ハーバード大が実験 – 47NEWS(よんななニュース)

ミツバチへの害が指摘されているネオニコチノイド系農薬をミツバチに与えると、冬場から春先にかけて群れの中のハチの数が急減し、実際に観察されるミツバチの群れの消滅、「蜂群崩壊症候群(CCD)」によく似た現象が起こることを米・ハーバード大などの研究チームが16日までに実験で突き止めた。 チームは「与えた量は致死量よりはるかに低く、実際の農場で確認されるレベルだ」と指摘。「世界各地で起こっているCCDの原因がこの農薬である可能性が高まった」としている。 ネオニコチノイド系農薬は、ニコチンに似た物質が主成分で、農作物や家庭用の殺虫剤として広く使われている。

引用元: ミツバチの群れ消滅、原因は農薬 米・ハーバード大が実験 – 47NEWS(よんななニュース).

ビーチで掘った穴が突然崩壊、死亡事故相次ぐ 米 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

米国各地の海岸で砂浜に掘った穴が突然崩れる事故が相次ぎ、この夏だけで少なくとも3人が死亡した。

警察によると、オレゴン州リンカーンシティのビーチで8月29日、子どもたちが穴を掘って遊んでいたところ、穴が突然崩れて9歳の少女が生き埋めになった。

周りにいた人たちが懸命に砂を掘り起こそうとしたが、穴に向かって砂が崩れ続けて救出できず、警察や消防が駆けつけて約5分後にようやく掘り出した。しかし少女の意識はなく呼吸停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

これに先立ちノースカロライナ州のビーチでも6月23日に49歳の男性が深さ150~180センチの穴に埋まって死亡。7月21日にはカリフォルニア州のビーチで男性がトンネルを深さ3メートルまで掘っていたところ、砂が崩れて生き埋めになり、死亡した。

こうした事故について専門家は、多くの人は砂の穴が崩れる危険性を認識していないと警鐘を鳴らす。

米ハーバード大学の研究者が2007年6月に医学誌に発表した統計によると、砂に穴を掘って遊んでいた人が生き埋めになった事故は、それまでの10年間で52例が確認されており、うち31人が死亡、21人は的確な救命措置のおかげで命を取りとめた。

ビーチで深い穴を掘ることを禁止する自治体もあり、例えばバージニア州のバージニアビーチでは、ひざの高さよりも深い穴を掘ることが禁じられている。

引用元: ビーチで掘った穴が突然崩壊、死亡事故相次ぐ 米 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース.

白元 御曹司社長が会社をつぶすまで 慶応→米ハーバードでMBA – 政治・社会 – ZAKZAK

防虫剤「ミセスロイド」の製造で知られる日用品メーカー「白元」(東京都台東区)は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。慶応から米ハーバードのMBA(経営学修士)という創業家出身の御曹司、鎌田真社長(47)が会社を率いたが、決算の不明朗さが指摘され、四代目にして有名会社を破綻させた。

負債総額は約255億円。事業は継続する。

パラゾールやアイスノン、ホッカイロ、ソックタッチなどのヒット商品を生み出し、非上場ながら知名度が高い白元。

鎌田社長は創業者の孫で、慶応大経済学部卒業後に都市銀行を経て白元に入社。その後ハーバード大でMBAを取得し、2006年に四代目社長に就任。マスクの「快適ガードプロ」などヒットを飛ばす一方、民放テレビ局の女子アナとの交際も報じられるなど華麗な交友関係でも知られた。

09年3月期には売上高301億1400万円と公表していたが、防虫剤市場でエステーに押されるなど競争激化で業績が伸び悩み、財務状態が悪化した。

13年に住友化学が白元の第三者割当増資に応じ、白元株の19・5%を保有する筆頭株主となった。今年1月には、主力商品「ホッカイロ」の国内販売事業を医薬品メーカー「興和」に譲渡するなど資金繰りに追われた。

その後、同社のずさんな経理処理が発覚。東京商工リサーチによると、決算内容に信憑(しんぴょう)性の問題が浮上、白元は金融機関に今年3月末から6月末までの返済猶予などを要請したが、銀行団は白元支援でまとまらず、取引先も事態を重く見たことから自力再建の道が絶たれた。

29日付で引責辞任した鎌田社長。同社のウェブサイトでは「強いリーダーシップと確かなマネージメントをもって、白元に関わるすべての人を幸せへと導く」とうたいあげているが、ハーバードの教科書に「正直」の文字はなかったのか。

引用元: 白元 御曹司社長が会社をつぶすまで 慶応→米ハーバードでMBA – 政治・社会 – ZAKZAK.

世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版

生態学者のカール・サフィーナ氏は出版したばかりの「The View from Lazy Point(レイジーポイントからの眺め)」の中に、全ての人間が米国人と同じ生活水準で暮らしたら、地球が2つ半以上必要になると書いている。米国人の消費水準を基準にした場合、今ある農地だけでは25億人以上分の食糧を生産できないからという。生態学の創始者の1人と言われるハーバード大学名誉教授のE・O・ウィルソン氏は人類全てが菜食主義者になれば、100億人を養うに十分な食糧の生産が可能と計算した。

経済学者の反論はこうだ。世界の大部分、特にアフリカには肥料や近代的な農業技術が行き渡っていないのだから、農地の生産性が今以上に向上しないと考えるのは合理的ではない。ロックフェラー大学のオーズベル氏は同僚のイッド・ワーニック、ポール・ワゴナー両と共に驚くべき結論に達した。人口が増加して、世界がますます豊かになり、肉などの高級品の需要が増えることを大目に見る一方で、将来における世界の食糧生産の改善率を厳しく見積もっても、50年に必要となる農地は00年から減少することがわかったのである(食糧を生産できる農地でこれ以上バイオ燃料を育てなければ、の話だが)。

引用元: 世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版.

米軍が4Dプリンタに投資する理由 : ギズモード・ジャパン

4Dプリンティングは、「4次元」のわかりにくさのせいか、新しすぎるせいか、具体的に何なのかが理解しにくいです。でも「4次元」とはこの場合、簡単にいうと変化を意味します。つまり4Dプリンティングとは、形や性質を変えたり、場合によっては自律的に組み上がったりするものを作り出すようなプリント技術のことです。

だから軍が強い興味を持っているんです。米海軍が兵器やドローンの3Dプリンティングを実験していることは以前にもお伝えしました。ただ課題になっているのは、3Dプリンタ全般にも言えることですが、プリントしたパーツの組み立てをどうするかってことです。複雑なパーツを自動で大量に作っても、組み立てに結局人手が取られてしまっては魅力激減です。この問題を解決するようなプリント技術、そして素材を作り出すべく、4Dプリンティングが研究されているわけです。

でも問題は、組み立てだけじゃありません。軍の補助金を受けた研究者によれば、彼らは指令を受けると特定の条件に適応するような4Dプリント素材を作っています。「その性質や形状を複数回変えられるような素材を使えば、状況に応じて作り直す必要がなくなります。」ハーバード大学のジェニファー・ルイス教授はプレスリリースでコメントしています。ちなみにハーバード大学はこのグラントを受けた研究機関のひとつで、他にはピッツバーグ大学とイリノイ大学があります。

引用元: 米軍が4Dプリンタに投資する理由 : ギズモード・ジャパン.

変形可能なイオンスピーカー – 革新的発明と製品情報

ハーバード大学工学・応用科学大学院(School of Engineering & Applied Sciences)の二人の研究員は、透明な円盤の形をしたスピーカーを開発した。2枚の塩水のゲルで超薄いゴムシートを挟まれていて、無色透明のイオンを伝導体とし、数倍まで伸ばしても抵抗値が安定され、光学領域への応用が可能となる。電解質として使われているゲルは、生体適合性を持つので、人工筋肉などの生体システムにも用いられる。

引用元: 変形可能なイオンスピーカー – 革新的発明と製品情報.

骨髄移植でHIV消滅か 米で新たに2例確認 – MSN産経ニュース

米国でリンパ腫の治療のための骨髄移植を受けた男性患者2人の体内から、感染していたエイズウイルス(HIV)が消滅したようだと、ハーバード大の研究者が3日、マレーシアの首都クアラルンプールで開かれた国際エイズ会議で報告した。ロイター通信などが報じた。HIVが完全に消滅したかは確認できていないが、1人目の患者は、HIVを抑制するための抗レトロウイルス薬の投与を4カ月近く、2人目は2カ月近く中断しているという。 同様の例では、2007年にドイツで白血病のため骨髄移植を受けた男性の体内からHIVが消えたことがあるが、HIVへの耐性があるとされる特殊な骨髄の遺伝子を持つドナーからの移植だった。 今回の患者2人のように通常のドナーからの骨髄移植でHIVが消滅するのは初めてといい、専門家は「HIV撲滅の研究は新たな領域に入ろうとしている」と期待している。

引用元: 骨髄移植でHIV消滅か 米で新たに2例確認 – MSN産経ニュース.

チームの成果を左右するのはリーダーではない? | マーシャル・ゴールドスミス/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

クライアントの成功は、すべてがあなたの功績ではないということです。最大の功労者は、あなたをパートナーに選んだ人たちなのです」。彼は含み笑いをしながら、さらにこう言いました。「ある意味、それは私も同じです。組織の成功は私の功績ではない。私と一緒に働いている立派な人たちのお陰だということです」

 実にすばらしい考え方だと思います。これはリーダーシップに関する一般通念とは違います。リーダーシップに関する文献の大半はリーダーの貢献を誇張し、美化さえしています。たとえば、すべてはリーダーから始まる、従業員の進歩はリーダーのおかげ、勝利に導くのはリーダーである、リーダーなくして進路は定まらない、というようなものの言い方です。

 これは間違っています。よく引き合いに出される言葉ですが、次の教訓を紹介しましょう。「最高のリーダーは、誰にも気づかれない。最高のリーダーが仕事をやり遂げたとき、人々は『自分たちでやり遂げた』と言う」

引用元: チームの成果を左右するのはリーダーではない? | マーシャル・ゴールドスミス/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー.

チームの成果を左右するのはリーダーではない? | マーシャル・ゴールドスミス/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

コーチへの質問

「チームをうまく統率できずにいます。チームのメンバーは私の指示に従おうとしません。むしろそのほうがプロジェクトの成果が上がると、私自身も思っています。どうすればいいのでしょうか」

 問題は単純です。プロジェクトの成否を担うのはあなたより、むしろチームであるということを、あなたが忘れているだけです。

引用元: チームの成果を左右するのはリーダーではない? | マーシャル・ゴールドスミス/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー.