タグ別アーカイブ: ハード

生産わずか1日3台「ミライ」納車3~4年待ち : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

トヨタ自動車が水素で走る燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売して15日で1年となった。

受注は国内だけで3000台を超えたが、生産が追いつかず納車時期は3~4年待ちの状態だ。燃料補給に必要な水素ステーションの整備も遅れており、普及にはハードルが多い。

名古屋市の無職男性(91)は今年7月、トヨタの高級車からミライに乗り換えた。排ガスを出さず、環境にやさしい車が魅力的に映ったからだ。「初の燃料電池車として完成度が高い」と評価する一方で、「水素ステーションが少ない」と不満をもらした。

ミライは、燃料電池の量産が難しいうえ、熟練工が手作業で仕上げるため、1日の生産台数はわずか3台。今年11月末までの国内販売台数は383台にとどまり、官公庁や企業向けが中心だ。トヨタは人員や生産体制を強化して、生産台数を16年に2000台、17年に3000台と段階的に引き上げる。

引用元: 生産わずか1日3台「ミライ」納車3~4年待ち : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).

僕の結婚は失敗でした。 – Everything you’ve ever Dreamed

繰り返し僕は言っている。「結婚すれば喜びは二倍、悲しみは半分」そんな結婚は嘘だと。結婚は悲しみだけでなく喜びも半分にしてしまうものだと僕は考える。ハーフサイズの喜びや悲しみを、一枚のクッキーを二つに割って食べるように共有して味わう。その共有を楽しむ。それが僕の考える結婚だ。結婚とは思ったよりずっとハードコアなのだ。

引用元: 僕の結婚は失敗でした。 – Everything you've ever Dreamed.

第9回 カーネル内部のセキュリティを強化,ネストカーネルでメモリ区画化:BSD界隈四方山話|gihyo.jp … 技術評論社

ネストカーネルでは,次の過程がアイディアの根幹をなしています。

メモリ管理ユニット(MMU:Memory Management Unit)のページテーブルへのアクセスを規制することができれば,カーネル内部においてもメモリの区画化を実現できるのではないか。たとえそれが単一のハードウェア特権レベルで動作しているのであったとしても。

カーネルはこれまでスーパバイザモードで動作し,その世界はすべての特権を持つものでした。ネストカーネルのアイディアは,このスーパバイザモードで動作するカーネルを仮想化して,そこでのメモリアクセスをより細かに規制して保護すればよいのではないか,というものです。

ここで従来のカーネルは次の2つのカーネルに分かれます。従来のカーネルに相当するものは「アウタカーネル」と呼ばれ,新しく追加されるカーネルが「ネストカーネル」と呼ばれています。そして,ユーザランドからシステムコールが呼ばれると,カーネルは次のような処理をするようになります。

システムコールが呼ばれる

アウタカーネルが呼ばれる

アウタカーネルはネストカーネルを呼ぶ

ネストカーネルが処理を実施する

処理は「アウタカーネル」と「ネストカーネル」の2つに分かれています。そして従来と異なり,それぞれ次のような規制が加わります。

アウタカーネル

ページテーブルは常にリードオンリー

ネストカーネル

カーネルコードはリードオンリー

カーネルデータは実行不可能(Non-executable)

ユーザコードはSMEP(Supervisor Mode Execution Protection)

ユーザデータはSMEP(Supervisor Mode Execution Protection)

ページテーブルは常にリードオンリー

引用元: 第9回 カーネル内部のセキュリティを強化,ネストカーネルでメモリ区画化:BSD界隈四方山話|gihyo.jp … 技術評論社.

Cerevo、技適取得済みWi-Fiモジュール発売 ハードベンチャー向け新ブランド立ち上げ – ITmedia ニュース

Cerevoは7月7日、ハードウェアスタートアップや電子工作ファン向けの新ブランド「Cerevo Maker series」を立ち上げ、第1弾製品として、技術基準適合証明(技適)取得済みの無線LANモジュールとブレイクアウトボードのセット「CDP-ESP8266」を発売した。842円(税別、為替レートにより変動)。

Cerevo Maker seriesは、モジュールやキットなどハードウェア販売や、開発に必要なソフトウェア、ライブラリ、ノウハウ提供などを行い、ハードウェア開発を支援する新ブランド。

第1弾製品の「CDP-ESP8266」は、IEEE 802.11b/g/n対応のSoC「ESP8266EX」を搭載した技適取得済みの無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」と、同モジュールをブレッドボードやユニバーサルボードに取り付けられるブレイクアウトボードをセットにした製品。

無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」単体でも販売する。単体なら100個・1000個単位での購入も可能だ。価格(税別)は1個710円、100個なら1個あたり685円、1000個なら1個当たり673円。

引用元: Cerevo、技適取得済みWi-Fiモジュール発売 ハードベンチャー向け新ブランド立ち上げ – ITmedia ニュース.

Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan

Googleがデータセンター用に独自のハードウェアを作っていることは、よく知られているが、しかし、おそらくあまり知られていないのは、データセンター内部で使うネットワーキングプロトコルも、インターネットの標準プロトコルではなく同社独自のものであることだ。

Googleによると、現在の’Jupiter’と呼ばれるネットワーキングのセットアップは、同社の第五世代のセットアップで、自前のデータセンターの初代に比べると容量は100倍に増えている。現世代の二分割帯域幅(ネットワークを二つの部分に分けたときの両者間の帯域)は、毎秒1ペタバイトだ。言い換えるとそれは、10万台のサーバが互いに10GB/sで対話できる、ということ。

Googleのネットワーキング技術のトップAmin Vahdatによると、全体的なネットワークコントロールスタックは、“従来のルータ中心型のインターネットプロトコルよりもむしろ、Google自身の分散コンピューティングのアーキテクチャと共通している部分が多い”。

彼は、Googleのデータセンターネットワークの設計原則として、次の三点を挙げた:

ネットワークの編成にはClosのトポロジを使用して、小型で安価なスイッチの集合が大きな論理スイッチの性質を備えるようにしている。

データセンター内の数千のスイッチを管理するために中央集権型のソフトウェアコントロールスタックを使い、それらが実質的に一枚の織物のように働くようにしている。

インターネットの標準プロトコルではなく、データセンター用に社内で特製したプロトコルを主に使いたいので、そのためにソフトウェアもハードウェアも内製している。

Facebookが過去に共有した情報などに比べると、それほど詳しくない。数か月後ぐらいには、もっとましな情報を出してほしい。とくに知りたいのは、同社独自のネットワーキングプロトコルの動作仕様だけど、それに関してはちゃんとしたペーパー(技術論文)を発表してほしいね。

引用元: Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan.

高校生の金銭感覚を再現する京アニのこだわりがすごすぎる : さざなみ壊変

空港からセントラルまでの運賃はなんと17豪ドル。

1豪ドル100円とすると1700円もする。シドニー国際空港から中心部までは10キロほどで、羽田空港から品川や浜松町はこれより長い距離で500円しないのであまりにも高すぎる。

これはオーストラリアは鉄道での空港アクセス料を高く設定しているからのようで、これに対してバスを乗り継げば5ドルしない。シドニーに留学して住んでいた凛はこれを知っていたため、くそみそに高い空港鉄道を使わずバスを乗り継ぐ方法を選んだと考えれば自然となる。

ただし、バスで乗り継ぐのはマイナーすぎて日本語の観光ガイドで一番有名な「地球の歩き方」にも載っておらず、シドニーへ観光に行く人でバスルートを知っている人はほとんどいないだろう。更に、遙たちと同じように実際にバス乗り継ぎを中心部から空港で試してみたが、バスのりばがわからず迷ったりして時間が足りなくなり結局失敗したので結構ハードルが高い。

・ざけんな!シドニーの空港鉄道エアポートリンクが高すぎるのでバスで市内へ行く

その顛末はこちらで。

このため、バス乗り継ぎをできる観光客はほぼ皆無と思われるので、ロケハンスタッフは実際にシドニーに住んだことがあるか、よほど旅慣れた人か、もしくは”執念で調べ上げた”可能性が高い。

引用元: 高校生の金銭感覚を再現する京アニのこだわりがすごすぎる : さざなみ壊変.

磁気テープに再び脚光 大容量化でデータ向け急伸:朝日新聞デジタル

CDやDVDに押され家庭であまり見かけなくなったカセットテープやビデオテープ。同じ仕組みの「磁気テープ」が今、世界のデータセンターで引っ張りだこだ。読み込み時間はかかるが、安くて省エネ性能が高く、寿命も長い点が見直された。生産は日本の3社のみで、膨大な情報が飛び交ういまの社会を下支えしている。

「データ保存分野で一層の売り上げ拡大を目指していく」。富士フイルムホールディングスの助野健児取締役は4月30日、決算発表の席上で力を込めた。富士はデータセンターなどで使う産業用磁気テープで世界首位。2015年3月期の売上高は482億円で、3年連続で増えた。

データセンターで使われるのは、ビデオテープのVHSよりやや小ぶりのカセット型などだ。

家庭用の磁気テープは、デジタル音源の音の良さや頭出しの速さなどでCDなどに負け、市場が徐々に縮小した。産業用でも、12年時点の世界のデータセンターの記憶容量では上回っているが、急伸するハードディスク(HDD)の勢いに押され、一時、シェアが下がっていた。だが米調査会社IDCによると、世界のデータセンターで使われている磁気テープの記憶容量は、12年の327兆メガバイトから17年には2倍超に増えるという。

引用元: 磁気テープに再び脚光 大容量化でデータ向け急伸:朝日新聞デジタル.

【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch

最も大きいのは、Xeon E5 v3でサポートが見送られたTSX(トランザクショナルメモリ)がXeon E5 E7 v3では正式にサポートされたことだ。

TSXでは、メモリのロック機能とデータベースなどで使われるトランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現している。

メモリのロックは、現在読み書きしているメモリをロックして、ほかのプログラムから、作業中にデータを書き換えられることを防ぐ機能だ。

この機能は便利だが、ほかのプログラムからはロックが解除されない限り、他のプログラムはそのメモリの読み書きができないため、他のプログラムはアイドル状態になってしまう。もしプログラムのミスなどでメモリのロックが解除されない場合は、ずっとアイドル状態で待ち続けることになる(デッドロック)。

そこで、データベースなどで使われているトランザクショナル機能と同じような機能をメモリに持ち込んだのが、TSXになる。

TSXでは、メモリロックを行って、メモリの読み書きを制限するのではなく、全てのプログラムを同時に実行させる。

もし、あるメモリ領域のデータを読み込こんで処理を行っているプログラムがある場合に、別のプログラムが同じメモリ領域に別のデータを書き込んだとする。そのときには、メモリに新しいデータを書き込む段階で、読み込んだときのデータと比較して、データが異なっていたら、処理のやり直しを行う。このことをトランザクショナル処理という。

Xeon E7 v3を使えば、トランザクショナル処理プログラミングせず、プロセッサのTSX機能を利用することができる。また、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現するため、性能が向上する。ソフトウェアで、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をインプリメントするには、膨大なコードが必要になるが、これがいくつかの命令で実現できるなら、アプリケーション自体のコードもシンプルになる。このため、TSX機能をサポートしたインメモリデータベースなどでは、高い性能を出すことができる。

引用元: 【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch.

【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch

仮想化においても、Xeon E5 v3と同じくVMCSシャドウイングがサポートされている。この機能では、頻繁に起こるVM Read/VM WriteをVMCSシャドウが中間層としてまとめ、ルートVMMに送ることで、頻繁に起こるVM開始/VM終了の数を劇的に減らす。VM開始/VM終了は、プロセッサから見れば、1つの命令に多くのクロックが費やされるため、これを減らすことで、ハイパーバイザーのパフォーマンスがアップすることになる。

また、ハイパーバイザーが使用するEPT A/Dビットをハードウェアが管理することで、ハイパーバイザーがEPT A/Dビットのトラッキングをする必要がなくなる。これにより、ハイパーバイザーの動作が軽くなる。

引用元: 【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch.

ITpro編集長日記 – オラクルCEOのいかにもな記者会見:ITpro

米オラクルのマーク・ハードCEO(最高経営責任者)による、同社のクラウド戦略説明会に行ってきました。内容も面白かったのですが、同氏らしさを感じた場面が印象に残りました。

競合他社とオラクルのクラウドがどう違うのかについて、自分で手書きしたホワイトボードを用意し、この書き込みを指し示しながらハードCEOが語っていたことです。書き込みの詳細は「『SalesforceやSAPに対し、統合力で差異化』、米オラクルのハードCEO」から確認できます。

長年、IT関連の記者会見に出席してきましたが、ホワイトボードに手書きしたメッセージを使うCEOを見た記憶はありません。いや、CEOでなくてもです。この珍しい光景を、いかにもハードCEOらしいと感じたのには理由があります。

「カーリーのプレゼンはPowerPointを使いながら華麗に進んでいくが、マークは暗記している数字をホワイトボードに次々に書き込みながら早口で話す。どの数字も経営に関連した重要なものだが、よくあれだけ覚えていると感心した」

オラクルに入社する前、ハード氏が米ヒューレット・パッカード(HP)でCEOを務めていたころでしょうか。前任のCEOであるカーリー・フィオリーナ氏と比較したこんな話を聞いたことがあったからです。

華麗さや見栄えは気にせず、必要なことを自分が最善と考える手法で伝える。CEOとしてハード氏が必ず結果を出してきた理由を垣間見た気がします。

引用元: ITpro編集長日記 – オラクルCEOのいかにもな記者会見:ITpro.