タグ別アーカイブ: ハイパフォーマー

安倍首相 労働制度の見直しを指示「成果で評価される仕組みを」 – MSN産経ニュース

安倍晋三首相は22日、経済財政諮問会議と産業競争力会議との合同会議で、労働分野の改革について、「時間ではなく成果で評価される働き方にふさわしい、新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」と関係閣僚らに指示した。労働改革を生産性の向上や企業の競争力強化につなげ、日本経済の活性化を後押しする狙いがある。

民間議員からは、少子高齢化に伴って当面は人口減少が続くことから、女性や高齢者の活用を進めることが提案された。長時間労働を是正するため、有給休暇の強制取得や時間外労働に対し賃金ではなく休暇を給付する仕組みを導入することも検討すべきとした。

同時に、長時間労働を強要したり、残業代を支給しないような法令上問題のある企業の取り締まりを強化する必要性も強調した。

また、一定の条件のもと労働時間ではなく、成果を報酬に反映する方式の導入も提言。従業員本人の同意を前提として、労使が合意して対象職種を決める「労働時間上限型」と、年収1千万円以上で、高度な能力を有する職業を対象とする「高収入・ハイパフォーマー型」の2種類をあげた。

民間議員の提言は、労働時間規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間の規制除外制度)」を念頭においたものとみられる。同制度は、企業は社員に一定の年俸と成果に応じた給与を支払うが、労働基準法で定められている時間外労働に対する残業代や休日や深夜勤務の割り増し賃金はなくなる。その代わりに自分の判断で働き方を選べるので、在宅勤務の活用が進むことも見込まれている。

引用元: 安倍首相 労働制度の見直しを指示「成果で評価される仕組みを」 – MSN産経ニュース.

当たり判定ゼロ ゲーム業界各社決算まとめ – 2013年春

たとえばかつてのVIPなんて典型的だと思うんですけど、最初にいた連中が面白い場所を作ったとしても、後からやってきた人の数だけ同じように面白さが比例して増すのかと言えば、そうではないという話があるとかないとか。成長企業にしても同じ事で、社員が増加したとき、全員が当初いた社員と同じレベルの生産性が上げられるかといえばそうではありません。いや、後から来た人がコバンザメかって話かといえばそうではなくて、単純に母数の問題で。少人数だとたまたま優秀な人ばかり集まったり、あるいは全くダメな人ばかり集まったり、ゆらぎが大きい。企業の規模が拡大するにつれてハイパフォーマーの割合がある程度に収斂し、結果として生産性が落ち着いた数字になるのは、組織のメカニズム上やむを得ないところではあります。

引用元: 当たり判定ゼロ ゲーム業界各社決算まとめ – 2013年春.