タグ別アーカイブ: ノーベル物理学賞

IBM Research、原子を使った世界最小の映画を製作 – Japan

IBMが発明しノーベル物理学賞を受賞したSTM(scanning tunneling microscope: 走査型トンネル顕微鏡)を使って原子を動かし、映画は製作されました。STMは、個々の原子レベルの観測を初めて可能にしたツールです。このSTMは、重さが2トン、摂氏マイナス268度で動作させ、原子の表面を1億倍超に拡大して観察することができるツールです。IBM Researchの研究所は、温度、圧力、振動を正確なレベルでコントロールする能力を有し、高い精度で原子を動かすことができる世界でも数少ないところのひとつです。IBMの研究員は標準的なコンピューターで遠隔的にSTMを操作し、銅表面上に非常に鋭利な針を使って原子を“感知”します。銅表面からわずか1ナノメートル1メートルの10億分の1の距離から針を操作し、表面上の原子や分子を物理的に引き付け、特定の位置に正確に配置することができます。原子が動くときに出す独特の音を観測して、実際にいくつの原子の上を動いたのかを決定します。IBMの研究員は、配置した個々の原子を俯瞰する静止画像をつくり、この繰り返しで242コマが撮られました。

引用元: IBM Research、原子を使った世界最小の映画を製作 – Japan.