タグ別アーカイブ: ノイズ

悪魔崇拝系バンドがCIAの拷問に使われた曲の使用料として666,000ドルを請求 – GIGAZINE

「強化尋問テクニック」の報告書によると、グァンタナモ基地内で「テロに関する貴重な情報を得るため」として長時間にわたって繰り返し溺死寸前の状態に追い込む「水責め」、180時間以上の「睡眠禁止」、直腸からの「栄養摂取」といった非人道的な「拷問」が行われていたことが分かっています。

拷問の中には「長時間にわたって耐えがたいほどの大音量でデスメタルバンドなどの音楽を聞かせる」といったものも存在しており、メタリカ、Rage Against The Machine、Queen、エミネム、デヴィッド・グレイ、スキニー・パピーといったノイズ系・ロック・ヘヴィメタルなどのバンドの曲が使われていたとのこと。

これを受けたスキニー・パピーはペンタゴンに対して、無断で楽曲が使用された補償金として66万6000ドル(約7876万円)を請求。この請求額は「悪魔の数字」と言われている「666」に由来するものと見られます。バンドのメンバーは収容所内で拘留者に損害を与えるために楽曲が使用されたことに怒りを覚えており、キーボーディストであるCevin Key氏は、「どんな音楽であっても、休憩もなしに大音量で6時間~12時間も聞きたいとは思わないだろう。CIAは我々の音楽を他者を傷つける本当の『武器』として無断で許可なく使用した」とコメントしています。

引用元: 悪魔崇拝系バンドがCIAの拷問に使われた曲の使用料として666,000ドルを請求 – GIGAZINE.

着るだけで心拍数を測定できる機能素材「hitoe」、東レとNTTが開発 ドコモが年内に商品化 – ITmedia ニュース

「hitoe」はナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングし、生体信号を高精度で検出できる上、耐久性に優れるという機能素材。液晶ディスプレイなどにも使用される導電性高分子「PEDOT-PSS」による導電性布技術をベースに、配線材料や発汗・汗によるショート防止構造、ノイズ低減、違和感を減らしたコネクタの配置など、必要要素を高い技術レベルで統合しているという。

インナーウェアとして着用することで、心拍数や心電波形を日常生活の中で連続的にトラッキングできる。配線はウェアに一体化されているため、洗濯して繰り返し利用可能という。スポーツのパフォーマンス向上や生活習慣の見直しなどに役立てられるという。

同素材を利用したウェアラブル製品を年内にNTTドコモが発売する予定。子会社ドコモ・ヘルスケアが運営する健康プラットフォーム事業「WM」(わたしムーヴ)との連携など、スポーツや健康増進などの分野で利活用に取り組んでいくという。

引用元: 着るだけで心拍数を測定できる機能素材「hitoe」、東レとNTTが開発 ドコモが年内に商品化 – ITmedia ニュース.

Spotifyでこれまでに一度も聴かれていない曲だけを聴けるForgotify | TechCrunch Japan

インディーミュージックだって? 終わったよ。今のインディーって、かぎりなくメジャーに近いだろ、な? ほんとにクールなガキたちがやってる音楽は、誰も一度も聴いたことのないのばかりさ。

そこでForgotifyの出番だ。ForgotifyはSpotifyを調べて、再生回数ゼロの曲を取り出し、その、誰もがまだ聴いたことのない曲だけを聴かせる。

そんなに多くないだろ、って?

きみは、間違ってる。Spotifyが10月に発表したデータによると、同サイトの2000万あまりの曲のうち、その80%は一度以上聴かれている。残りの20%は、一度も聴かれていない。つまり再生回数ゼロの曲は400万曲ある。

もちろん、一度も聴かれないのには、それなりのわけがあるのだろう。Sptifyは必ずしも敷居が高くない“局”だから、XXXXの曲をKidzBopがカバーしたのをアマチュアがさらにカバーしたのとか、しかもそのXXXXは原曲の録音がどこにもなくて、昔一度だけ聴いたことのある誰かのうろ覚えの曲だったとか、そんな粗悪な音源が多いのだろう。

でも、中には本当にいい曲もある。そんなレアな宝石を見つけたときには、全宇宙サイズの満足感に浸れる。きみは、ノイズの中で溺死しそうになっていたシグナルを救出したのだ。

しかし、きみがその曲をForgotifyで聴いたら、再生カウントがゼロでなくなるから、もう二度とこのサイトでは聴けなくなる(のだろう)。つまり、その曲は、誰かが一度聴いたら終わりだ。Snapchatの写真みたいに。

でもそれなら、Forgotifyそのものも短命に終わるかもしれない。Forgotifyで聴かれる曲数の方が、Spotifyの新曲登録数よりも多ければ、Forgotifyは自分を食い尽くして終わりになる。

引用元: Spotifyでこれまでに一度も聴かれていない曲だけを聴けるForgotify | TechCrunch Japan.

騒音を完全シャットアウト!ダイソンが認めた、窓に取り付けるだけで室内を静寂にするスピーカーSono – Build Something!

Sonoは、逆位相の振動(ノイズキャンセリング)を起こすことで室内の平穏を保ちます。さらに、室内へ通過させたい音だけを選ぶこともできます。例えば、建設工事の騒音はシャットアウト、小鳥のさえずりだけを聞く、なんてことも可能です^^

引用元: 騒音を完全シャットアウト!ダイソンが認めた、窓に取り付けるだけで室内を静寂にするスピーカーSono – Build Something!.

ネットに悪口を書き込むヤツらに反応することはいかに不毛な行為なのか? | オモコロ特集

今回、このようなブーメラン記事を書こうと思ったのは、最近、立て続けに「創作活動がしたいけど、悪口を言われるのが怖いから何もできない」という若手クリエイター達に会ったからです。

正直、驚きました。

僕自身は、ネットの悪口なんて便所の落書きみたいなもんだし、野良犬がキャンキャン吠えているようなもんだと思えばいいじゃんという考えなのですが、そのことを伝えると、「いや、便所に悪口書かれていたら傷つきますよ。それに、野良犬に吠えられたら怖いし」と言われて、たしかにそうかもしれないと妙に納得してしまいました。

「批判を恐れているようなやつは創作する資格などない!」という意見もありますが、その考え方自体、古いのかもしれません。

これだけ社会にインターネットが浸透していれば、昔よりもはるかに飛んでくる誹謗中傷の数が多いことでしょう。

そんな「ネットの悪口」が少なからず、彼らの創作活動の妨げになっているなら、それはとてももったいないことだと思い、ネットの悪口を相手にすることが、いかに不毛なことなのか、いかにバカらしいことなのか、彼らに伝えたくて、この記事を書くことにしました。

心無い言葉に惑わされているクリエイターのみなさん、これからモノづくりの世界に飛び込もうと考えている若手のみなさん。

あなた達の「素晴らしいものを作って、この世を素晴らしい世界にしたい」という気持ちを、僕は応援しています。

あなたがノイズに惑わされることなく、素晴らしい作品を生み出すことを楽しみにしております。

引用元: ネットに悪口を書き込むヤツらに反応することはいかに不毛な行為なのか? | オモコロ特集.

セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7

「何を言っている!営業キャッシュフローは、物凄く増えているじゃないか!」

とおっしゃるかも知れません。確かに前年の2,545億円から3,112億円へと567億円も増えております。

しかしキャッシュフロー計算書の中身を良く見て下さい。

営業キャッシュフローの中で、「銀行業における預金・社債の純増減」が前期比で565億円も増えております。ほとんどこれで説明がついてしまいます。

(銀行業のデータが財務諸表のノイズになってしまっております。)

引用元: セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7.

Appleが画期的イヤホン・テクノロジーの特許を取得―ユーザーの耳道形状に合わせて音質がカスタマイズされる | TechCrunch Japan

いささかSFっぽく聞こえる特許だが、概要としては、ユーザーの耳の電導や音の反響のスペクトルなどの情報をセンサーで収集し、それに基づいてイヤホンから出力される音のレベル、バランス、イコライザーの設定、ノイズ・キャンセルなどを最適化するのだという。

これによって小型のイヤホンが持つ不完全なシーリングという問題に効果的な対処ができるということだ。またこの特許にはイヤホンの装着状態が不適切な場合にユーザーに注意を喚起する機能が含まれている。つまりイヤホンを耳に入れなおすよう求めるのだろう。

引用元: Appleが画期的イヤホン・テクノロジーの特許を取得―ユーザーの耳道形状に合わせて音質がカスタマイズされる | TechCrunch Japan.

GoogleマップとEarthが8000億画素の新衛星画像で刷新、クラウドと決別 – Engadget Japanese

新衛星画像の大きな利点は、雲や気象条件による影響を大幅に減らしたこと。これは数百テラバイトにおよぶ元データを解析し、複数の画像から「ノイズ」のない部分を組み合わせて再生成することで実現しています。結果は上の写真(インドネシア、パプア州)のとおり、不自然なまでにクラウドフリーです。

1999年に打ち上げられた Landsat 7は観測機器の故障により画像データにシマ状の欠落が含まれていますが、これも Google Earth Engine 上の演算と合成により多くの場所ではほぼ除去できたとしています。

一新された衛星画像は Google マップの衛星写真ビューか、Google Earth でズームアウトすればすでに確認できます。Landsat は今年の2月に最新の8号が打ち上げられたため、今後はシマシマアーティファクトの影響がなくさらに鮮明な画像が利用できるようになる見込みとのこと。

引用元: GoogleマップとEarthが8000億画素の新衛星画像で刷新、クラウドと決別 – Engadget Japanese.

400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは? | Agile Cat — in the cloud

ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンは、人間の可聴帯域内の、あらゆる外部のノイズを拾うためにマイクを用いる。続いて、そのマイクで拾ったノイズを逆相でぶつけて、元々の外部ノイズを打ち消す。研究者たちは、データを送信する光波を用いて、インターネットの光ファイバー・ケーブルでも、基本的に同じ事が可能だと考えている。しかし、そのためのプロセスを高速化するには、大量の電力が必要があり、それが達成できなければ、インターネット速度や信頼性と低下させる、大量のノイズをもたらすことになる。

引用元: 400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは? | Agile Cat — in the cloud.

ETLよりもELTが大事になってくることを納得できる例 | 栗原潔のIT弁理士日記

ETLよりもELTが大事になってくることを納得できる例 | 栗原潔のIT弁理士日記: 重要なポイントは「誤入力辞書を作る」という用途と「キーワード件数のレポートを作る」という用途ではデータ品質に対する考え方が正反対ということです。

前者は入力ミスこそが重要です、後者は入力ミスはノイズとして排除すべきです。従来型のデータ品質の考え方で入力ミスのデータを「洗浄」してしまうともう前者の目的には使えません。

つまり、データは洗浄しないで「汚い」ままで保存しておき、使う時になってダイナミックにどう洗浄するかを決めるべきということです。「変換」処理をぎりぎりになってから行なう、ETLからELTへのパラダイムシフトが必要ということです。