タグ別アーカイブ: ニート

高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

藤田さんは貧困高齢者を下流老人と名付けた。普通に暮らすことができず下流の生活を強いられる老人という意味で、日本社会の実情を伝える造語だという。「年収が400万円の人でも、将来、生活保護レベルの生活になる恐れがあります」(藤田さん) 実際に生活保護を受給する高齢者は増加中で、今年3月時点で65歳以上の78万6634世帯(受給世帯の約48%)が生活保護を受けている。昔なら子ども夫婦に扶助してもらうことが当たり前だったが、今は核家族が多い。頼りの子どもは派遣切りやニート。高齢で大病して貯蓄も尽きたら……。 藤田さんは、『下流老人』の中で高齢者が貧困に陥るパターンを五つに大別した。【1】本人の病気や事故により高額な医療費がかかる【2】高齢者介護施設に入居できない【3】子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる【4】熟年離婚【5】認知症でも周りに頼れる家族がいない

引用元: 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース.

フランスの高級売春婦、商談成立の手段に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

国際通貨基金(IMF)の前専務理事で、一時はフランスの有力大統領候補とされたドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告の売春あっせん疑惑をめぐる裁判は、商談を結ぶために使われる高級売春婦の世界に光を当てた。

「私はVIPとみなされていて、企業の社長たちや政治家に贈り物として与えられていた」と、ベルギーの元売春婦キャロルさん(41)は言う。ベルギーでは2013年まで売春が合法だった。

「企業、時に国際的な大企業がやってきて、プレゼントとして贈れる女の子はいないかと聞いてきた」と、キャロルさんは言う。彼女は、地元事業者にトラック3台を売りたがっていた自動車関連会社のことを覚えている。「私は、商談相手がサインしてくれるために必要なことは何でもやらなくてはならなかった」

 3日に始まったストロスカーン被告の裁判の弁護団の一人によると、コールガールのうちの「7~8割」が、商談を成立させるために雇われている。セックスは圧力をかけるためにも使われる。キャロルさんはよく男性を誘惑し脅迫するための材料をつくる「ハニートラップ」を仕掛けるためにホテルへ送られたと言う。

 こうしたハイエンドのクライアントを相手にする女性たちは、比較的恵まれた暮らしをしている。「彼女たちは貧しくて若いルーマニア人では決してない。ほとんどが売春ネットワークやネットのエスコートサービスに登録している」と、反売春運動団体「セレ財団(Fondation Scelles)」のイブ・シャルプネル(Yves Charpenel)代表は言う。「だが値段が高かったとしても、その75%はあっせん業者の取り分になる」

 今週の裁判では、地元のビジネスマンや警察官に利用されていた売春あっせん組織に関与したとして、ストロスカーン被告を含む14人が罪に問われている。だが、売春あっせん事件の裁判は、出廷を了承した売春婦たちの証言に頼ることが多いため、検察側にとっては難しい事案だ。売春婦らを支援する団体「ムーブマン・デュ・ニ(Mouvement du Nid)」によれば、今回の裁判で証言台に立つ予定の女性たちは、証言を辞退するよう脅迫されたり圧力をかけられたりしているという。

引用元: フランスの高級売春婦、商談成立の手段に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

資生堂 みんな「いい人」、社内ニート天国の共産主義企業:MyNewsJapan

同社社員の7割前後を占める事務系の職種では、キャリアの中心は営業だ。といっても、直接、顧客に売るのは、ビューティーコンサルタント(BC)と呼ばれる女性販売員で、総合職の業務は、BCの管理がメインとなる。

「高卒のおばちゃんに、ギャンギャン言われ続ける体育会系な仕事です」(社員)。BCは資生堂にとって最重要ともいえる戦力で、同社売上の約7割はBCが配置されている対面販売のお店から上がってくる。総合職は、BCに嫌われたら仕事がうまく回らないため、力関係としても単純な上下関係ではない。そして、どの地域にも「お局さん」的なボスがいる。(※現在の採用は短卒・専門学校卒以上)

だから、「女の子とうまくやっていける人」が出世しやすい。「あめ玉やケーキが動く世界。私も、あめ玉は常備してました。BCはルーチン仕事も多く、飽きちゃう。だから、朝来たら『昼、何食べる?』から始まって、気を使い続ける。たまには、BC10人とカラオケに行ったり…」(社員)

引用元: 資生堂 みんな「いい人」、社内ニート天国の共産主義企業:MyNewsJapan.

ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳

彼女は、ネットには全てがあると信じていた。

だからこそ、外に出る必要性なども無いと感じていたのです。

それが、膨大な本に囲まれて、気が付いたようです。

ネットには、多くの人間が書評などを行っています。

誰かが言ったから買う、とか、Amazonで人気だから買う、とか。

そういう集合知によって発生する付加価値が、ネットにはほぼ必ず付いてきます。

Googleから検索するという、たったそれだけの行為でも、検索順位と言う付加価値が付いて回ります。

逆に本屋と言うのは、ほぼ全ての本が平等であり、どれを買うかは本人が調べ、考え、選び、そして購入に至ります。

本屋の面白さはここにあると私は思っています。

だれもお勧めしないような本でも、自分が見て、ほしいと思う本はたくさんあるのです。

引用元: ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳.

ニートから手取り22万円になった

ニートから手取り22万円になった

最初は時給1000円でソーシャルゲームのプログラマになった

当時はバブルで人が足りなかったので俺みたいな未経験でも簡単に採用された

面倒見のいいほめ上手のお兄ちゃんがいて、基本的なことはここで全部教わった

バイトから正社員を狙っていたんだけど、中小SAPの例に漏れず売上はどんどん下がっていったのでおれは転職した

ニートだったけど特にコミュ障というわけではないので案外あっさり正社員としての採用が決まった

給料も跳ね上がった、なおボーナスは決算賞与のみだけど1ヶ月くらいは出るらしい

たぶん残業代入れれば年収で350万円くらいはいくんじゃないだろうか

27才では安い方かもしれないが社会復帰できた自慢をここでしてみる

ちなみに今のところは普通の受託開発やってるところで、正直今のところ仕事についていけてないがなんとかやってる

前の会社でそれなりにプログラムできるつもりになっていたけど、やること覚えることは山ほどあるんだなと痛感中

日々勉強していかないとまたニートに戻って、年収どころか収入がゼロになってしまうので気は抜けない

引用元: ニートから手取り22万円になった.

ニート転身で豊かな人生を – むしブロ+

ニート転身で豊かな人生を – むしブロ+: とはいえ、私はそれでもニートになるよりはストレスを受け入れて研究者として生きる道を選ぶだろう。安泰よりもエキサイトメントの多くある研究人生の方が、やはり楽しいのでね。