タグ別アーカイブ: ニュアンス

「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字–人民網日本語版–人民日報

世界最高レベルのスポーツの祭典である五輪には、非常に多くの選手が世界各国・地域から参加している。驚くような名前の持ち主がたくさんいても驚くには及ばない。開催中のロンドン五輪で陸上競技女子棒高跳びに出場した日本の我孫子智美選手は、「我孫子(中国語で『私の孫』の意味)」という苗字ゆえに、中国のネット上で話題を集めた。中国各紙が伝えた。

我孫子選手が最初に中国人の間で話題になったのは、2010年広州アジア競技大会女子棒高飛び競技の時だ。この時、中国の李彩霞選手が金メダル、李玲選手が銀メダルに輝いた。しかし、授賞式で注目されたのは、金・銀メダルの栄冠に輝いた両選手ではなく、銅メダルを取った我孫子選手だった。

会場の電光掲示板に受賞選手の名前が表示された時、会場全体に大きなどよめきが沸き起こった。観客の眼は一斉に、「我孫子智美」という名前に釘付けとなり、その後ひとしきり、「我孫子智美」はネットで人気検索ワードとなった。

その理由は、「我孫子(あびこ)」という苗字を中国人がそのまま読むと「私の孫」という意味になるためだ。長幼の順序を重んじる中国では、「我孫子」はののしり言葉としても使われ、中国語で「あなたは我孫子だ」というと「オマエは俺の孫だ」と侮辱したことになる。そんな特殊なニュアンスを含んだ言葉なのだ。

引用元: 「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字–人民網日本語版–人民日報.

fewの意味は何でしょうか ー fewとa fewの使い分け方 | 英語 with Luke

1. There are a few reports.2. There are few reports.これら2つの英文の意味の違いを見落としてしまう日本人は多いのではないしょうか。1の英文で、a few は報告があるというポジティブなニュアンスになりますが、2の英文のように few だけの場合、報告がほとんどないというネガティブなニュアンスになります。There are a few reports.報告がいくつかある。There are few reports.報告が少ない。報告がほとんどない。

引用元: fewの意味は何でしょうか ー fewとa fewの使い分け方 | 英語 with Luke.

英語の商談で日本人は主語を「You」にしがちなため失敗する – ガジェット通信

さほど親しくない相手に英語で「それはやめてくれ」と言いたい場合、どんな表現をすればいいか? 学校で習ったように和文英訳して「Stop it」なんて言ったら、たぶん相手は「お前にそんなふうに命令される筋合いはない」と怒って喧嘩になるだろう。「Don’t do it」と言っても相手は傷つく。丁寧な言い方にしようとしてpleaseを付け加えても同じことだ。

私が考える最も好ましい表現は「I wouldn’t do it」。「私があなたの立場だったら、やらないと思いますけれど……」という婉曲的なニュアンスを含んだ言い方だ。余談になるが、女性が男性の誘いを断わる時も、ストレートに「Don’t do it」と言ったら男性は傷つく。この場合は「Not today」(今日はダメ)とやんわりかわす。それが男性のプライドを慮(おもんぱか)った“正しい断わり方”なのだ。

引用元: 英語の商談で日本人は主語を「You」にしがちなため失敗する – ガジェット通信.

On Off and Beyond: 同じことをし続けるのは狂人

"The definition of insanity is when you keep doing the same thing over and over again hoping to get a different result"

「狂気の定義は、違う結果がでることを望みながら、同じことを何度も何度もし続けること」

今年の1月に、メジャー音楽レーベル4社が、Amazonで著作権保護のないMP3で音楽を売るようになった、という顛末を書いた記事より。

冒頭の発言の主は、4社のうちの一社、ワーナーのデジタル戦略のトップのMichael Nash。ずっとDRM(デジタル著作権管理)を守ることにフォーカスしてきたが、ついにそれを放棄することにした、という「変化」について語ったこと。

DRMで制限しようとレーベル側がやっきになればなるほど、その面倒くささを嫌ったユーザーが違法コピーに流れ音楽の売上が激減した一方で、DRMつき音楽を売るiTunesを持つAppleの力が強くなりすぎる、という派生問題まで抱えてしまうにいたり、ついに諦めて方向転換をしたわけです。

「一念岩をも穿つ」というのの逆ですね。ま、「一念」の方も、思い(念)は持ち続けろと言っているが、行動も同じことをし続けろというわけではないのかな。とはいうものの、オリジナルは「涓滴岩を穿つ」=「水滴がポタポタたれ続けているといつかは岩も穴があく」ということみたいなので、これだと行動も変えずにひたすらやり続けるべし、というニュアンスが強いですな。

私は個人的にはダメなことをずっとし続けるのは苦手です。そういうことを下にさせてるマネジメントも嫌いです。自分だけが信念を持ってそれをし続け、その結果のとばっちりを一人で受けている人には何の文句もありませんが。実際それでうまく行くこともないわけではないし。

引用元: On Off and Beyond: 同じことをし続けるのは狂人.

”How are you?”考 聞かれたら何と答える? – Casual Thoughts

”How are you?”と聞かれたら何と答えるのがよいのか、というのは私もよく聞かれることなので、オフィスの数名の同僚とアメリカの”How are you?”事情について話してみたので、本エントリーではその内容をまとめてみたい。

どうやって返すのが良いのか

”I’m doing well”, “Great”, “So, so”, ”Good”, ”Fantastic”, ”O.K.”, ”Not so bad”という7つの返答パターンを書いた紙を渡し、「Worstが0点、Bestが10点で、どれがどれくらいの良さを表すのか点数をつけてみてくれない?」と頼んでみると、前提条件を色々つけながらも、数名が実際に点数をつけてくれた。人によって点数はばらつきはあったが、良い順に並べると大体下記のような感じ。"Great, how are you?"のようにそれぞれの後に"how are you?"とつける場合は多い。

1. Fantastic.

2. Great.

3. I’m doing well.

4. Good.

5. O.K.

6. Not so bad.

7. So, so.

ざくっと言うと真ん中の5~6点に”I’m doing well”、”Good”が位置し、4~5点に”O.K.”が位置するという感じだった。ただ、にこやかに明るく言う”No so bad!”と、ぼそっと言う”Good”ならば前者の方がより良いので、「状況や言い方によるので一概に点をつけれないよ」というのが殆どの人が言っていたこと。なのであくまで参考ということで。

ちなみに、私は”O.K.”ってもっといいのかと思っていたのだが、”Can be worse, can be better”で良くも悪くもというニュアンスで使われることが多い模様。確かに仕事で「この進め方で良い?」と質問され、”O.K.”と答えると怪訝な顔で「えっ、じゃぁどうしたいの?」みたいな感じで突っ込まれることが多い。

引用元: ”How are you?”考 聞かれたら何と答える? – Casual Thoughts.

英国最大の鉄道計画に日立が切り込めたワケ【上】 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

英国最大の鉄道計画に日立が切り込めたワケ【上】 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース: 欧州だけでなく、どこでもそうかもしれないが、本音と建て前をかなり上手に使い分けますので、本音のところの情報は、やはり日本人では難しいですよね。われわれだって外国人が入っているときと、日本人だけで話しているときとでは中身も変わるでしょうし。だから、日本人には言いづらいようなことも絶対あると思うんですよね。たとえば、パブで飲んで、言っているニュアンスから感じ取るところもあるでしょう。そういうのは、日本人には難しい。