タグ別アーカイブ: ニッポン

ヤマダ電機が窮地 旧村上ファンドと全面戦争へ 株買い占めで筆頭株主へ浮上|ビジネスジャーナル スマホ

業績低迷が続く家電量販店最大手のヤマダが、旧M&Aコンサルティング(村上ファンド/2006年に解散)の流れを汲くむ投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントによる猛烈な株式買い占めに遭っている。エフィッシモは、ニッポン放送やTBS、阪神電鉄の株式買い占めで一世を風靡した村上ファンドの中核企業MACアセットマネジメントの元ファンドマネジャー、高坂卓志氏が06年6月にシンガポールで立ち上げた投資ファンド。これまで日産車体やセゾン情報システムズ、テーオーシーなど約15銘柄に投資してきた。そのエフィッシモが次に照準を定めたのがヤマダだった。

エフィッシモによる株式買い占めが明らかになったのは14年10月下旬。その時点で持ち株比率は7.3%だった。以後買い増しを続け、今年1月19日時点でヤマダの発行済み株式の13.16%を保有した。自己株を除いた議決権ベースでは16.63%に増加し、現在は筆頭株主だ。

これに危機感を持ったのが、ヤマダ創業者である山田昇社長である。同社株式を買い増して、2月24日時点で資産管理会社と合わせて発行済み株式の9.04%を保有していることが大量保有の変更報告書で明らかになった。14年9月末時点の持ち株比率は6.28%であり、5カ月間で3%弱買い増した計算になる。

山田氏の買い増しが伝えられると、ヤマダの株価は大幅に反発。2月26日には前日比34円高の530円まで買われ、昨年来高値を更新した。エフィッシモとの間で株式の争奪戦に発展するとの思惑から買われた。

市場関係者の見方は「退出」(売り抜け)で一致している。旧村上ファンドが得意としていたのが、自社株消却のかたちで買い取らせること。こうすれば、市場で売るのとは違い、株価が崩れることなく高値で買い取らせることができる。エフィッシモは、その手法を踏襲した。議決権比率で16.63%を保有する筆頭株主となったエフィッシモは、ヤマダにどのような揺さぶりをかけて、売り抜けを図るのか。6月の株主総会に向けての両者の攻防が注目される。

引用元: ヤマダ電機が窮地 旧村上ファンドと全面戦争へ 株買い占めで筆頭株主へ浮上|ビジネスジャーナル スマホ.

ユニクロの「カタカナロゴ」が「ガラパゴス化」を救う? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

背景には、日本の「カタカナ」がデザイン的に「クール」だというイメージを持たれているということもあると思います。伝説的なSF映画『マトリックス』(1999年)のタイトルバックには、「カタカナもどき」の意匠が使われていましたし、今週末にアメリカで公開になる「最新版」の『ゴジラ』のタイトル(予告編段階)には、英語表記の裏にカタカナが重ね合わされています。

 アメリカでは、特に日本語を学習していない人でも、一定の割合で「カタカナ」のデザイン的な特徴を理解した上で、それが日本語の文字であることを知っています。更に日本のカルチャーに興味のある人の場合は、そこにある種の好感を持っているのです。

 今回のアメリカにおけるユニクロの「カタカナロゴ使用」には、こうした時代背景が前提になっているというのは間違いないでしょう。

 ですが、そうであっても、この「カタカナロゴ使用」というのは、それとは別に大きな意味を持つように思います。それは、国際社会において「日本の企業である」ということを堂々と名乗るということです。

 このことの意味は大変に重いと思います。それは、世界中で「ニッポン、ニッポン」と叫んで独善的に胸を張るという意味ではないのです。それは、世界各国で「日本企業」だということを名乗りつつ、各国の消費者に受け入れられ、各国の社会に貢献するという宣言に他なりません。法規制があればそれに従い、税制に則って税金を納め、宗教や文化上のタブーがあればそれを尊重する、そうした「社会的存在」として、逃げも隠れもしないということです。

 その上で、「日本企業」であることを堂々と名乗って行く企業は、日本のカルチャーの中で、明らかに世界で受け入れられるものはどんどん広めてゆき、その代わりに世界の常識から外れることは慎むという姿勢からブレない行動パターンを自然と取るようになっていくと思います。

 結果的に、そうした企業が増えることで日本経済全体もガラパゴス化を回避する事ができるのではないでしょうか? 現在、行きがかり上、海外市場で「無国籍」なブランドやマーケティングを展開している企業も、そろそろ再考の時期が来たと思います。

ユニクロの「カタカナロゴ」が「ガラパゴス化」を救う? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

DQN、大企業と出会う。 – 漂流する身体。

この現象は、少し抽象度を上げると、建設業みたいなモノを作る第二次産業から、モノやサービスを売る第三次産業に産業構造全般がシフトし続けている流れの一つの末端である。第三次産業は、第二次産業ほどのペースでは生産性向上が難しいし(コンビニの店員が長い経験積んでも倍のスピードで客をさばける様にはならないし、機械化も難しい)、差別性の源泉が商品からブランドや接客みたいなソフト的なものの比重が強まるから(コーヒーチェーン間でコーヒー自体には余り差は無い)、第三次産業は生産性の向上や生産性以前の投入資源の価格競争力、或いは差別性等を実現する前提として、規模がより重要になる。似たようなものを売るなら、規模によってコスト下げないと勝負にならないし、似た存在にならない様に、ブランド投資や従業員接客教育を行うにはそれなりの規模が無いと無理だからだ。だから、差別性に乏しい町の普通の寿司屋は潰れて、あきんどスシローやかっぱ寿司に入れ替わるんだけど、結果として規模の大きな全国チェーンは、雇用吸収力も大きいため、その成長の過程でDQNを末端で雇いだす事になる。そう、ここがリスクやクレームに超敏感で厳格な社会のルールの権化みたいなニッポンの大企業と、うちらの論理しか知らないDQNが出会う不幸な場所なのだ。そして、スタバみたいな厳選した採用と、みっちりした教育訓練を、こういったニッポンの大企業の殆どは出来ない為、お客様と、ネット民と、濡れた子猫の様に可哀想なお客様相談室のオッサンの前に、ちょっと訓練されただけのDQNが解き放たれる事になる。

引用元: DQN、大企業と出会う。 – 漂流する身体。.

知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

たった7年と甘く見ないほうがいい。たとえば過去7年に倒産した企業を振り返ると、英会話のノヴァ、米大手証券リーマン・ブラザーズ、大和生命保険、貸金業のSFCG、穴吹工務店、百貨店の丸井今井、日本振興銀行、JAL(日本航空)、武富士、ウィルコム、半導体大手のエルピーダメモリ……。誰もが潰れないと思っていたはずの大企業が、時代の変化に逆らえずにいとも簡単に倒れた。

 スマートフォンの急速な普及でパソコン産業が壊滅的な大打撃を受けるとは、7年前に誰が想像しただろうか。数千億円規模の大赤字を出すまでに落ちたパナソニックが、’08年に「22年ぶりに過去最高益を更新」と沸いていたことを憶えている人はいるだろうか。

引用元: 知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社].

外から見る日本、見られる日本人 : 日本の物価、本当は安い

先進国同士で比べた場合、日本は圧倒的価格競争力を持ち合わせています。外国人観光客を呼び込もうと政府は四苦八苦しているわけですが、京都や富士山を売り込むのも大事ですがいっそのこと、「物価が意外と安い国、ニッポン」で売り込んでみるのも逆転の発想でストレートに反応すると思います。京都や富士山は日本人にとって素晴らしいものですが、外国人にとっては興味ない人も多いということに気が付かなくてはいけません。

引用元: 外から見る日本、見られる日本人 : 日本の物価、本当は安い.

ナンパとは、オプションをタダで上げること。 – 婚活ブログ ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線 – 楽天ブログ(Blog)

ナンパとは、オプションをタダで上げること。 – 婚活ブログ ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線 – 楽天ブログ(Blog): 「ナンパは、女性にとっては断るのも受けるのも自由。つまりオプションをタダで上げているわけだから、何も遠慮することも恥ずかしがることもない。むしろ、オプションを上げないのは失礼だ。だから僕はどんどん声をかけていた」

優秀な技術者を「一円も価値を生まないセクター」に幽閉する愚行 – Chikirinの日記

優秀な技術者を「一円も価値を生まないセクター」に幽閉する愚行 – Chikirinの日記: 「人材しか資源がない」と言われるニッポンで、優秀な人材をずっと儲からないセクターで囲い込む。この壮大なる資源の無駄遣いこそ、日本経済が未だ浮上できる兆しも見せない大きな要因のひとつだと思います。