タグ別アーカイブ: データベース

ゾウにがんが少ない理由を解明、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ゾウは、その大きい体にもかかわらず、がんになることはほとんどない──。この「謎」をめぐる研究結果が8日、発表され、ゾウが持つ、がんに対する防御機能の秘密が明らかにされた。ヒントは遺伝子の中に隠されていたという。

米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に掲載された研究論文によると、ゾウには、腫瘍の形成を抑制するタンパク質「p53」をコードする遺伝子の一部が変化したコピーが38あるが、人間は、この種のコピーを2つしか持っていないという。

これは、ゾウの体が進化の過程で、腫瘍の形成を阻止する遺伝子の追加のコピーを多数作成してきたことを意味する。

ゾウは人間よりはるかに多くの細胞を持っているため、50~70年間の一生のうちにがんになるリスクは、人間より高いと通常は考えられる。だが実際はそうではないのは長い間、謎とされてきた。

ゾウの死因の膨大なデータベースを分析した結果、がんで死ぬゾウは全体の5%に満たないことが分かった。これに対し人間では、がんは死因の11~25%となっている。

論文の共同主執筆者で、米ユタ大学医学部(University of Utah School of Medicine)ハンツマンがん研究所(Huntsman Cancer Institute)の小児腫瘍医、ジョシュア・シフマン(Joshua Schiffman)氏は「論理的に推論すると、ゾウは途方もない数のがんを発症するはずで、実際には、高いがんリスクにより今頃はもう絶滅しているはずだ」とした上で、「より多くのp53を作ることが、この動物種を今も生存させている自然の方法だと考えている」と続けた。

さらに、がん化する危険性がある損傷した細胞を殺傷するための、より攻撃的な体内メカニズムが、ゾウには生まれつき備わっていると研究チームは指摘。このことについて論文では「隔離したゾウの細胞では、この活性が、健康な人間の細胞の倍になっている」と記されている。

論文の共同執筆者には、米アリゾナ州立大学(Arizona State University)や米人気サーカス団が運営するリングリング・ブラザーズ・ゾウ保護センター(Ringling Bros. Center for Elephant Conservation)の専門家らも名を連ねている。

研究チームは、今回の成果が人間の抗がん治療法の新たな開発につながることを期待している。

引用元: ゾウにがんが少ない理由を解明、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

九大の研究資料が散逸危機 750万点、財源不足 [福岡県] – 西日本新聞

福岡市東区の九州大箱崎キャンパスで管理している、世界的に希少なアンモナイトの化石や昆虫など約750万点の研究資料が、散逸の危機に直面している。キャンパスは2018年度までに同市西区に移転予定だが、新たな保存施設を建設する費用のめどが立たないためだ。古生物学、鉱物学など幅広い分野の資料がそろい、国内外の研究者に広く活用されているだけに、大学関係者は危機感を募らせている。

研究資料を管理しているのは、00年に発足した同大総合研究博物館。各学部が所蔵する資料を分類してデータベース化したり、数十万点の資料を館内に置き、一部は旧工学部本館の展示室で一般公開したりしている。

アンモナイト化石や昆虫標本は、発見された個体が新種か既存種かを見分ける際の基準となる「タイプ標本」の数が国内最大級で、国内外の研究者が訪れる。名古屋大博物館長の大路樹生教授(古生物学)は「研究に欠かせない素材がそろっている」と評価する。

関係者によると、箱崎キャンパス移転先の伊都キャンパス(西区)に新たな保存施設となる博物館の建設予定地はあるものの、「財源が確保できず、博物館の移転計画は具体化していない」(同大本部統合移転推進課)。建設費は数十億円を見込んでいるが、文部科学省からの補助の見通しがなく、そのことも財源確保の障壁となっている。

博物館の前田晴良教授(古生物学)は「このままでは、他の博物館に譲ったり、破棄したりするしかない資料もあるのではないか」と話す。事態改善のために大学は、博物館の在り方を検討する委員会を10月に発足させる予定。

引用元: 九大の研究資料が散逸危機 750万点、財源不足 [福岡県] – 西日本新聞.

“バケツ1杯”の水で魚の種類一度に特定 NHKニュース

海や川で採取したバケツ1杯分の水を分析するだけで、そこに生息している魚の種類を一度に特定できる新たな技術を、千葉県立中央博物館などの研究グループが開発し、海や川での生態系の研究を加速させる画期的な技術として注目されています。

この技術は、海や川で採取した水に含まれる生き物のふんや粘液などのDNAを解析して、そこに生息している生き物を特定するもので、「環境DNA」と呼ばれ、近年、希少な生物の調査などに活用されていますが、1種類ずつしか調べることができないことが課題でした。

千葉県立中央博物館の宮正樹主席研究員らのグループは、魚のDNAの情報を解析しやすくする特殊な液体を開発し、海や川の水を処理したものに加えて専用の機器にかければ、5000種類分のデータベースと照合して、最短2日間で、そこに生息している魚の種類を一度に特定できるようになりました。

研究グループが沖縄県の水族館で実験したところ、水槽にいる180種類の魚のうち90%以上に当たる168種類の魚を特定できたということで、海や川での生態系の研究を加速させる画期的な技術として注目されています。

宮主席研究員は、「海や川に生息する生き物を地球規模できめ細かく調べられるようになり、いわば海のビッグデータが得られるようになる。生態系を詳しく知るだけでなく、生態系に起きている異変もいち早く捉えて、環境の保全につなげていきたい」と話しています。

引用元: “バケツ1杯”の水で魚の種類一度に特定 NHKニュース.

楽しい方向へ進むススメ。 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

これはやめた方がいいんじゃないか、これをやってもうまくいかないんじゃないか。あれこれ余計な事を考えて結局何もしない、行動が小さくなる。「兎に角、自分が楽しそうだと思う方向にどんどん進め。」成功の確率とか考える必要はない。進めば扉がどんどん開く。困難も楽しいから乗り越えられる。気づいたら僕らが想像も付かない成功と出会える。

僕らのアタマで考えることなんて大抵間違ってるし、アタマは基本的に保守的で、リスクを嫌う。アタマのデータベースなんて「過去の知識や経験」しか入ってないし、そんなことから「未来の冒険」についての正しい判断なんか出きっこない。大事なのは、どんどん動くこと(数をこなす)と、その動きから生じた流れを感じること(特に人との出会いからの機会)、そしてその流れてきた機会に「ポンっと乗る」ってことじゃないかな。

教育事業をやっているとやはり「成功者」はこんな感じでさくさく動ける人が多いと実感するし、一方「非・成功者」はいつまでもアタマで考えていて、動かない人が多い。この辺りの学びは学校でも会社でも教えてくれない本質なんじゃないかな。

引用元: 楽しい方向へ進むススメ。 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).

【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch

最も大きいのは、Xeon E5 v3でサポートが見送られたTSX(トランザクショナルメモリ)がXeon E5 E7 v3では正式にサポートされたことだ。

TSXでは、メモリのロック機能とデータベースなどで使われるトランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現している。

メモリのロックは、現在読み書きしているメモリをロックして、ほかのプログラムから、作業中にデータを書き換えられることを防ぐ機能だ。

この機能は便利だが、ほかのプログラムからはロックが解除されない限り、他のプログラムはそのメモリの読み書きができないため、他のプログラムはアイドル状態になってしまう。もしプログラムのミスなどでメモリのロックが解除されない場合は、ずっとアイドル状態で待ち続けることになる(デッドロック)。

そこで、データベースなどで使われているトランザクショナル機能と同じような機能をメモリに持ち込んだのが、TSXになる。

TSXでは、メモリロックを行って、メモリの読み書きを制限するのではなく、全てのプログラムを同時に実行させる。

もし、あるメモリ領域のデータを読み込こんで処理を行っているプログラムがある場合に、別のプログラムが同じメモリ領域に別のデータを書き込んだとする。そのときには、メモリに新しいデータを書き込む段階で、読み込んだときのデータと比較して、データが異なっていたら、処理のやり直しを行う。このことをトランザクショナル処理という。

Xeon E7 v3を使えば、トランザクショナル処理プログラミングせず、プロセッサのTSX機能を利用することができる。また、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現するため、性能が向上する。ソフトウェアで、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をインプリメントするには、膨大なコードが必要になるが、これがいくつかの命令で実現できるなら、アプリケーション自体のコードもシンプルになる。このため、TSX機能をサポートしたインメモリデータベースなどでは、高い性能を出すことができる。

引用元: 【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch.

Yahoo!ニュース – <書店空白>新刊買えない332市町村 1日1店消滅の割合 (毎日新聞)

調査は、書店のデータベース「ブックストア全ガイド」を発行する出版社アルメディア(東京都)が、取次店から仕入れている書店を対象に実施した。「書店空白」の4市は、北海道歌志内(うたしない)▽茨城県つくばみらい▽宮崎県串間▽鹿児島県垂水(たるみず)。

つくばみらいを除けば、有識者でつくる日本創成会議が昨年、「消滅可能性都市」と指摘した自治体だ。消滅可能性都市とは、出産の中心世代となる若年女性が2040年までに半減するため人口が急減すると推計された全国896自治体のことで、書店のない332自治体の7割強が消滅可能性都市だった。

都道府県別では、(1)北海道47市町村(2)長野35町村(3)福島22町村--の順に「書店空白地域」が多かった。

全国の書店数は1万3736店(昨年11月末時点)で、調査を開始した00年以降で過去最低を更新。00年時点は2万1654店で、14年間で37%減少したことになる。最近では年約300店舗減っており、計算上では全国で1日1店弱の書店が消えていることになる。利用者が減っていることに加え、本を扱うコンビニエンス店の拡大やネット通販なども影響しているとみられる。アルメディアの担当者は「小規模店の売り上げの多くを占める雑誌が売れなくなったことも大きい」とする。

一方、店舗数は減り続けているものの、全国書店の総売り場面積は465万平方メートル、1店平均では363平方メートル(ともに昨年5月時点)で増加傾向を示しており、大規模店が増えている状況も裏付けられた。

引用元: Yahoo!ニュース – <書店空白>新刊買えない332市町村 1日1店消滅の割合 (毎日新聞).

Googleのストリートマップに対抗して全世界のドローン(無人機)マップはどうだっ! – TechCrunch

無人機(drone, ドローン)は今やなんでもできる。ホテルの部屋にシャンペンとクッキーを配達してくれるし、 チョコレートを胃袋に運んでくれるし、どこまでもどこまでもあなたのあとをついてくる。そして今度の無人機は、地図のどこかをクリックすると、そこへあなたを連れてってくれる。

スイスのデベロッパJan Hiersemenzelが4月にローンチしたTravelByDrone(無人機による旅行)は、無人機が上空から見た各地の風景を見せてくれる。このサイトは要するにいろんな人…無人機マニア…がアップロードしたYouTubeビデオのデータベースで、データベースに対するクェリを、言葉ではなく、Google Mapsの上の場所指示アイコン(上図)のクリックで行う。するとデータベースは、まさにその場所を無人機で撮影したビデオを、見せてくれるのだ。

Hiersemenzelは、無人機にとりつかれている。彼は1年あまり、無人機による航空写真に取り組み、ビデオを数百も撮り、いろんな無人機を試してみた…DJI Phantom Visionがとくにお気に入りだ。しかし彼によると、まだ、世界中のクールな場所を無人機で撮影したビデオのデータベースがどこにもない。

引用元: Googleのストリートマップに対抗して全世界のドローン(無人機)マップはどうだっ! – TechCrunch.

米動画配信のNetflix、Chaos MonkeyのおかげでAmazon EC2のメンテナンスリブートを難なく乗り切る - Publickey

NetflixがChaos Monkeyで試していたシステムの中には、同社がバックエンドデータベースとして採用しているNoSQLのCassandraも含まれていました。実は同社の今回のブログはこの部分がいちばんの見所になっています。

Last year we decided to invest in automating the recovery of failed Cassandra nodes. We were able to detect and determine a failed node. With the cloud APIs afforded to us by AWS, we can identify the location of the failed node and programmatically initiate the replacement and bootstrap of a new Cassandra node.

昨年、私たちは落ちたCassandraノードの自動リカバリに取り組むことを決断した。落ちたノードを検出することは可能であり、AWSによるクラウドAPIでそれがどのロケーションなのかを判別できるため、それを置き換え、新しいノードを立ち上げるプログラムを実現した。

この自動化を実現した上で、Chaos MonkeyによるテストにはCassandraが加わり、サーバが落ちても動作し続けるように検証が続いたそうです。

この結果、今回のAmazon EC2のメンテナンスでは、運用中の2700を超えるCassandraノードのうち218がリブートされ、そのうち22ノードのリブートが失敗したにもかかわらず自動的に復旧が行われ、全体としてはダウンタイムゼロでAmazon EC2のメンテナンスリブートを乗り切ったと報告されています。

Netflixのブログは、「パーシステントレイヤー(データベースのような永続的データを担当するレイヤー)であっても、レジリエンス(障害などへの対応力や回復力)の計画を持つべきだ。もしCassandraをChaos Monkeyのテストに加えていなかったら、今回の話は別の結果に終わっていただろう」と結んでいます。クラウド上に展開したシステムをどのように設計し、テストすべきなのか、大きな示唆を与えてくれているのではないでしょうか。

引用元: 米動画配信のNetflix、Chaos MonkeyのおかげでAmazon EC2のメンテナンスリブートを難なく乗り切る - Publickey.

ベネッセ情報漏えいは2895万件に 書き出し制限に漏れ、ログチェック怠る 500円の金券でお詫び – ITmedia ニュース

同社は「悪意を持った内部者の犯行に対する不備があり、結果的にいくつかのセキュリティホールが存在したため犯行を許してしまった」としている。具体的には、

(1)外部記憶装置へのデータ書き出し制限──社内規定では業務用PCのデータを外部メディアへ書き出すことを禁止し、こうした行為を制御するシステムを導入していた。だがこのシステムのバージョンアップの際、一部のスマートフォン新機種への書き出し制御に対応しないまま運用されていた。

(2)データベースのアラート機能設定──社内ネットワーク環境では、大容量のデータの取り扱いにおいて警告が発せられるアラート機能を設定しているが、顧客情報が持ち出されたデータベースについてはアラート機能の設定対象に含まれていなかった

(3)データベースのアクセスログのチェック──顧客情報が持ち出されたデータベースは業務用PCからのアクセスについて自動的にアクセスログが記録される仕組みを採用していた。だがその記録自体を定期的にモニタリングしてチェックしていなかった。チェック機能が十分なら不正行為の早期発見も可能だった。

同社は「根本的な問題は、自社の情報セキュリティに関する過信、経営層を含むITリテラシーの不足、性善説にたった監査、監視体制の運用、などの企業風土に起因する甘さにあると判断」。アクセス権限の見直しなどを進めるほか、組織レベルで構造改革に踏み切る。

今後は全データベースの管理を持ち株会社のベネッセホールディングスが行い、顧客データの保守・運用はラックと設立する合弁会社が実施。流出が起きた情報処理子会社「シンフォーム」は合弁会社に資産・人材などを統合していく。さらに外部監視機関を設け、第三者支店で定期的な監査を行う。

引用元: ベネッセ情報漏えいは2895万件に 書き出し制限に漏れ、ログチェック怠る 500円の金券でお詫び – ITmedia ニュース.

ナレッジワーキング!!:僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ (1/2) – 誠 Biz.ID

飛行機事故が立て続けに起こると、飛行機嫌いな筆者の知人は決まって「あんな鉄の塊が飛ぶなんて、おかしい。やはり陸路が一番」などと酔狂なことを言い出す始末です。

その一方で航空会社サイドは、飛行機が最も安全な乗り物であることをアピールします。米国の国家運輸安全委員会のデータベースによれば、飛行機に乗って事故にあい、死亡する確率は0.009%だといいます。これは8200年間、毎日ランダムに飛行機に乗って、死ぬかどうかという確率だそうです。

自動車事故で死亡する確率の0.03%に比べてると極めて低いということが「飛行機=安心」ということの理論的背景になっているようです。

引用元: ナレッジワーキング!!:僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ (1/2) – 誠 Biz.ID.