タグ別アーカイブ: チャンス

CNN.co.jp : 地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見 – (1/2)

地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

引用元: CNN.co.jp : 地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見 – (1/2).

キッコーマンの「米にかける用の醤油」が世紀の発明だった | Food Foodier Foodiest

「ソース フォー ライス」

 

これまで外国の方がお米に醤油をダバダバかけて食べているところは何度も見たことがあります。

「彼らは米を野菜の一種だと思っているから、私たちが野菜にドレッシングをかけるのと同じようなものだ」という話を聞いたりしますが、それにしても醤油をそのままかけるのは舌にも体にも刺激が過ぎるのでは…と勝手に心配していました。

キッコーマンはその文化の違いを逆手に取ってというか勝機と捉えてというか、ともかくビジネスチャンスだと考えて開発されたのでしょうか。思う存分この醤油をそのまま米にかけてくれ、という力強いメッセージが伝わるラベルです。

引用元: キッコーマンの「米にかける用の醤油」が世紀の発明だった | Food Foodier Foodiest.

1万件を超えるイベントを主催して、学んだ教訓 | Doorkeeper

イベントの規模が小さければ小さいほど、申込者の来場するチャンスは、多くなります。

小さなイベントでは、参加申し込みをした人たちは、来場する責任を感じます。または、実際の参加の是非を、イベント主催者へ知らせて、申し込みをキャンセルしなければ、と思うでしょう。しかし、イベントが大きくなるにつれて、参加者は、「私は、そのうちのひとり。もし参加しなくても、大した違いはないだろう」と考えてしまうことになります。それが、全体としての参加率につながるのですね。

引用元: 1万件を超えるイベントを主催して、学んだ教訓 | Doorkeeper.

強行採決がどうとか: 不倒城

結局のところ、強行採決といっても、「国会法に則って正規に運営された立法府が正規に審議した」という事実は動かせないと思いますので、採決方法について文句を言うならば、順番として、まず国会法に文句を言わなくてはいけないんだと思います。というか、民主党は何故、自分たちが与党の間に少数意見を尊重する方向に法改正しなかったんでしょうか。長年主張し続けていたことを実現するチャンスだったと思うんですが。不思議ですよね。

その辺り、強行採決という言葉は、与党に対して「反民主主義的」「独裁的」というレッテルを張る用途で便利使いをされ過ぎているような気もしないではありません。

実際には、全ては定められた手順に則って行われているわけで、国民多数に選ばれた与党が数週間の審議の後に今回の採決に至っている時点で、民主主義なんでこんなことで死んでまうのん?と思わざるを得ません。ひょっとすると、現状の「民主主義」というもの自体どうなの、という話に落ちるのかも知れないですが。

全然関係ないですが、今回の採決について「自民党によるクーデターだ!」とかいうテキストをtwitterで見かけまして、「え、マジで!?多数派与党の国会立法もクーデターって言うの!?」とか軽く衝撃を受けました。新しいクーデターの概念ですね。言語の可能性って素晴らしい。

まあ、強行採決ってのも随分イメージ先行の面白い言葉だなあ、という話でした。

引用元: 強行採決がどうとか: 不倒城.

イビチャ・オシムが見る日本代表の現状|コラム|サッカー|スポーツナビ

この大会では、子どもたちが親を連れてくるチャンスになる。親は普段、子どもにどう振る舞うべきかを示すわけだが、ここでは親と子の立場は逆転する。つまり(サッカーを通して他民族と)交流したり、話をしたり、知り合うことができることを、子どもが親に対して教えることができるんだよ。長年にわたり、ある思想の下に生きている親の世代は、その考えを変えるのは難しい。だが子どもには(親の世代が不可能だと信じてきたことを)変えるのは可能だ。融和を進める役割を、子どもたちの世代が果たすようになってきている。

引用元: イビチャ・オシムが見る日本代表の現状|コラム|サッカー|スポーツナビ.

山本耕史、堀北真希に40通の手紙“攻撃” 6年間の片思い実る | ORICON STYLE

女優の堀北真希(26)と22日に結婚した俳優の山本耕史(38)が24日、フジテレビ『とくダネ!』にVTR出演。堀北への思いをしたためた約40通の手紙を送るなど、結婚までの道のりを語った。

フジテレビ『アタシんちの男子』(2009)で初共演した二人。出会った当初の堀北の印象について「すごく芯があって据わっているというか、そいうところで興味を惹かれた」と回顧。「6年前に(連絡先を)聞いて、教えてもらったんですけど、事務所の番号でした」と苦笑いで“片思い”のエピソードも披露した。

2010年には『わが家の歴史』(2010年)で夫婦役で共演し2度目のチャンス到来。その際の印象を「とってもたくましてくて、自分の思いをまっすぐ伝える女優さん。とっても控えめな部分があって底がみえない」と明かしつつも「終わった日に『みんなで飲みにいきませんか?』」と誘ったようだが「行きません」と、ここでも撃沈したという。

しかし、5月で共演した舞台『嵐が丘』では、約40通手紙を渡すなど猛アタックを続けた山本。返事は1通もなかったといい、千秋楽にも連絡先を聞いても教えてもらえず「せめて俺のを教えさせてください」とお願い。「終わる」と思ったというが、その夜「真希だよ」とラインがあったと明かした。

そして、堀北が京都入りするのを聞き「勘で新幹線を取った。思いの詰まった指輪を持って。もし乗っていたら運命というか。そうしたら、乗っていたんですよ」と笑顔で語り「交際じゃなく結婚しましょうと言いました。僕の思いが刺さったみたいで」と結婚までの道のりを赤裸々に語った。

引用元: 山本耕史、堀北真希に40通の手紙“攻撃” 6年間の片思い実る | ORICON STYLE.

SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan

Oculus VRの顛末が分かりやすい例だ。謝礼が設定されたクラウドファンディングのキャンペーンが大成功したおよそ2年後、OculusはFacebookに20億ドルで買収された。Kickstarterで早くからOculusを支援していた人は、裏切られたと怒りを感じた。彼らはOculusの一部を保有していた感覚だったが、その買収において何の利益も得ることができなかったからだ。一方、OculusのKickstarterのキャンペーンの後、それもKickstarterのキャンペーンの成功を受けて、投資を決めた機関投資家や投資を許可された人は、短期間の内に大金を得ることができた。Kickstarterのキャンペーン時に、300ドル分のOculusの株式を保有していれば、およそ145倍の4万5000ドルになっていたのだ。

成功するテクノロジー系スタートアップは、企業の資金面でアーリーアダプターの力を借りているので、彼らに借りがあると言えるだろう。アーリーアダプターは大多数の人が気がつく前から、会社のポテンシャルに気づき、目標を達成のためにポテンシャルを引き出す助けを提供しているのだから。

早期のカスタマーにとっての影響は相当なものだ。なぜなら企業は、プライベート企業である期間が長くなっているため、企業が実際にIPOに踏み切る(する場合は)までに、アーリーアダプターとしての知識的な優位性は消え去り、早くからの投資により多額のリターンを得るチャンスに気がつくこともない。

LendingClubやGoProのような先進的な会社は、これに気づき、カスタマーが機関投資家と同じ価格でIPOに参加できるようにすることで見返りを提供した。

しかし、このようなことを正式なIPOの前に行うことは非常に難しかった。証券法により、承認されない投資家(例えば、年間20万ドル未満の所得で資産が100万ドル未満の人)に株式を販売することは実質不可能だった。今後これが変わる。

引用元: SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan.

SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan

本日付けで施行される、JOBS ActのTitle IVの新Regulation A+により、企業は、5000万ドルを上限とするミニIPOで公開市場から資金を調達することができる。これに早くから注目していたカスタマーも参加できる。企業は、市場の温度感を確かめ、ユーザーが投資に興味を持つかどうかを問うことができる。

十分な関心が集まれば、企業は証券取引委員会(SEC)に申請書類を提出し、認可を得ることで取引を開始することができる。そのプロセスは簡単なものではない(10万ドル以上の費用と3ヶ月から6ヶ月の期間を要す)が、通常のIPO(100万ドルの費用と1年から2年の期間を要す)より相当、容易になる。

早期のカスタマーにとっての影響は相当なものだ。なぜなら企業は、プライベート企業である期間が長くなっているため、企業が実際にIPOに踏み切る(する場合は)までに、アーリーアダプターとしての知識的な優位性は消え去り、早くからの投資により多額のリターンを得るチャンスに気がつくこともない。

引用元: SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan.

ソフトバンク 副社長に165億円の報酬 NHKニュース

大手通信会社の「ソフトバンク」は、19日付けで副社長に就任した、元グーグル幹部のニケシュ・アローラ氏に対して、経営に参画した去年9月からことし3月末までの間に165億円余りの報酬を支払っていたことが分かりました。

これは「ソフトバンク」が19日に開示した「有価証券報告書」で明らかにしたものです。

それによりますと、ソフトバンクが去年9月から経営に参画したニケシュ・アローラ氏に対して、ことし3月末までの間に支払った報酬は165億5600万円に上るということです。

この中には基本となる役員報酬に加えて、契約時のボーナスなどが含まれているということです。

信用調査会社の「東京商工リサーチ」によりますと、アローラ氏への報酬は日本企業が年度内に支払った経営幹部への報酬としては過去最高とみられるとしています。

インド出身のアローラ氏は1968年生まれの47歳。ドイツテレコム傘下の「Tモバイル」の欧州部門で最高マーケティング責任者を務めたほか、2004年から在籍したアメリカの大手IT企業、「グーグル」では上級副社長を務めました。

その後、アローラ氏は孫正義社長に請われて、去年9月から「バイスチェアマン」などとしてソフトバンクの経営に参画していました。

そして19日、都内で開かれたソフトバンクの株主総会後の取締役会で、孫社長の後継者の候補として代表権のある副社長に昇格しました。

株主総会でアローラ氏は「ソフトバンクにとっては将来、多くの困難とチャンスがあると思う。孫社長のようなエネルギー、知性にあふれた人物のもとで仕事をするのは容易ではないが、ベストを尽くしたい」と抱負を述べていました。

引用元: ソフトバンク 副社長に165億円の報酬 NHKニュース.

ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」 « WIRED.jp

わたし(アラン)はアイヴとふたりきりになったチャンスに、なぜこれほどうまく運営してきた2つの部門を手放すのかと訊いてみた。

「だけど、ぼくはこれからもこの2部門の責任者なのです」と彼は言う。「ぼくはこれから、チーフ・デザイン・オフィサーと呼ばれることになる。アランとリチャードの2人にそれぞれの部門を見てもらえたら、ぼくは管理業務から、いくらか解放される。それはつまり…」

「あなたがこの地球上でやる理由のない仕事ですね」

「その通り」

引用元: ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」 « WIRED.jp.