タグ別アーカイブ: チェス

1万時間の練習で一流になれる「1万時間ルール」は万能でないという見解が登場 – GIGAZINE

分野によっては1万時間ルールがほとんど通用しないというメタ分析の結果は、「厳格なルール」の有無が原因であると考えられています。すなわち、クラシック音楽やチェスなどのようなルールが大きく変わることのない分野の競争においては、真摯な練習を繰り返し積み重ねることが非常に大きな意味を持つのに対して、ロックンロールやビジネスなどの、絶対的なルールがなく、時として固定概念を打ち破り枠からはみ出ることで高い評価を受け得る分野においては、1万時間の修練はそれほど絶対的な成功への近道とは言えないということです。

引用元: 1万時間の練習で一流になれる「1万時間ルール」は万能でないという見解が登場 – GIGAZINE.

厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com

1. 多少の痛みなら子どものためになる

心理学者のK・アンダース・エリクソン博士は真の技能を身に付けるには約1万時間の練習が必要であることを示した研究で有名になった。見逃されることが多いが、この研究では、技能の獲得には「建設的でつらい意見」を言う教師が必要であることも指摘されている。バイオリン演奏、外科手術、コンピューター・プログラミング、チェスなどさまざまな分野で優れた成果を上げている人々を調査した結果、全員が「生徒をやる気にさせて、より高いレベルに向かわせる、感情に押し流されないコーチを意図的に選んでいた」ことがわかったそうだ。

引用元: 厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com.

200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp

英国の都市マンチェスターでは、住人の間で話されている言語は200に上る。これは前回の推計から33%増加している。

「マンチェスターには、世界で最も多様な言語文化がある」と話すのは、今回の調査を準備したマンチェスター大学のヤロン・マトラス教授だ。

人口が500,000人を超えるマンチェスターは、2011年に行われた最新の国勢調査で、英国で最も急成長している都市であることが判明した。1990年代の人口減少から一転し、10年前に行われた前回の調査から人口が19%増加したのだ。2027年までに、さらに20%の増加が期待されている。

マンチェスター住民のうち、英語をまったく話せない人は3%しかいない。英語を第2言語とする住民のうち80%は、英語をうまく、あるいはとてもうまく話すことができると答えている。

第2言語として最も広く話されているのはウルドゥー語(パキスタンとインド北部で使われている言語)で、そのあとに、アラビア語、中国語、ベンガル語(バングラデシュおよび西インドで使われている言語)、ポーランド語、パンジャブ語(インドとパキスタンにまたがるパンジャブ地方の言語)、ソマリ語(アフリカ東部ソマリ族の言語)と続く。

南アジアの言葉が優勢なのは、グレーター・マンチェスターにおいて、同地域の出身者が最大の少数民族グループであることの表れだ。

英国全体だと、英語に次いで最も話されている言語はポーランド語になる。これは、ポーランドが欧州連合(EU)に加盟した2004年以降、同国からかなりの数の移民が来ていることを反映している。

ロンドンの各特別区では100言語以上が話されており、また、いくつかの推計によると、ロンドンの学校全体では300言語以上が話されているという。

引用元: 200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp.

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】 一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか 文/山岸浩史 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

さすがA級棋士—内心ほっとした私は、次の瞬間、何とも奇妙な感覚にとらわれていた。いま自分は、三浦がコンピュータの予想どおりに指したことを喜んでいる・・・。 だがチェスの世界では、すでにこうした状況は当たり前のものになっているようだ。1997年に世界チャンピオンのガルリ・カスパロフがスーパーコンピュータ「ディープブルー」に敗れて以後、コンピュータは完全に人間を超えてしまった。 いまではディープブルーより強いソフトも無料で公開されている。インターネット中継では、一流プレイヤーどうしの対局を、コンピュータが予想する「正解」を見ながら観戦することもできる。それはもはや、対局者がその手を指せるかどうか「テスト」する感覚に近いだろう。 もちろん抵抗感はあるにせよ、チェス界ではすでに、そうした状況が受け入れられている。人間に求められるのは、「正解」よりもむしろ、「不正解」が生み出すドラマや感動なのだ。いつかは将棋も、人間どうしの対局は「人間らしい不正解」を鑑賞するためのものになるのだろう。

引用元: 「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】 一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか 文/山岸浩史 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社].

若き経済学者のアメリカ – フットボールの統計学:続報

若き経済学者のアメリカ – フットボールの統計学:続報: まず初めに、データを公開したのはマンチェスター・シティだが、データの中身はシティの選手にとどまらない。公式サイトで発表されているように、昨シーズンのプレミアリーグにおける、全チーム、全選手、全試合のデータなのである。このインパクトはもの凄い。

マンチェスター・ユナイテッドが株式公開へ:実態は“メディア企業” � WIRED.jp

マンチェスター・ユナイテッドが株式公開へ:実態は“メディア企業” � WIRED.jp: マンUの2011年の売上内容をみると、コンテンツや付帯する広告からの売上額が約3億ドル。試合の放映権料が1億8,000万ドル、他社製品などのスポンサーシップやタイアップからの収入が8,500万ドル、ニューメディアやモバイル関連の収入が2,700万ドルで、試合のチケット販売収入は1億7,200万ドル、そしてチームグッズの販売が4,860万ドルなどとなっている。