タグ別アーカイブ: タッチスクリーン

電話をかけようとすると、画面に当たる耳の形から所有者本人を判定する技術をYahooが開発 | TechCrunch Japan

研究員のChristian HolzとSenaka ButhpitiyaとMarius Knaustが作ったBodyprintは、体の各部を各状況にもっとも合ったバイオメトリクス(生体認証)の指標として利用する。電話をかけるという状況では耳を利用するが、そのほかの状況では手のひら、握った手の最初の関節、デバイスを握ったときのエッジまわりの手の形、などなども本人認証に利用できる。

それだけいろんなものを認識できるのなら、スクリーンから指紋を認識した方が早いではないか? しかし今のセンサやスマートフォンのタッチスクリーンの技術では、指紋を正確に識別するほどの精度が得られないのだ。Bodyprintでは、指紋よりももっと大きなものなら、その形を区別できる。

耳や手のひらなどは、自分と似ている人がいるから、このシステムはどこまで正確に見分けてくれるのか? 彼らが書いた研究論文によると、正確度は99.52%、つまり1000回のうち5回しか間違えない、ということだ。

問題は、このアルゴリズムが、ちょっとでも怪しいと拒絶するタイプなので、“偽りの拒絶率”が体の全部位で26.82%と高いこと。耳だけなら7.8%だ(13回に1回は本人が拒絶される)。もしも電話の拒絶が4回に1回もあれば、ちょっと商品化は無理だろう。なお、試験に参加した人数はわずか12名だそうだ。

今は、商用レベルの完成度云々ではなく、コンセプトの初期という段階だ。スマートフォンの指紋判読も長年ひどかったが、最近になってやっと、不満をおぼえない程度の技術に成長した。

引用元: 電話をかけようとすると、画面に当たる耳の形から所有者本人を判定する技術をYahooが開発 | TechCrunch Japan.

アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch

親機としてスマートフォンが必要な腕時計型デバイスとは異なり、EC309は単独でスマートフォンとしての使用が可能。microSIMカードを装着でき、3G(W-CDMA方式)による通話および通信いずれもサポートする。

OSのバージョンはAndroid 4.0で、Google Playからのアプリダウンロードに対応する。CPUはデュアルコア仕様(1.2GHz)。RAMは512MB、ストレージは4GBフラッシュメモリ。タッチスクリーン液晶の解像度は240×240ドット。本体部サイズは47.5×42.0×13.0mm(幅×奥行き×高さ)。重量は76g。

このほか、GPS、重力センサー、Wi-Fi、200万画素カメラ、Bluetooth 4.0などの機能を搭載する。通話時間は最大180分、スタンバイ時間は約100時間。本体カラーバリエーションはブラックとホワイト。

引用元: アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch.

Facebook:「カーソルの動き」も追跡へ « WIRED.jp

しかし、Facebookが検討している追跡は、まったく別の次元になるようだ。WSJ紙によると、Facebookではクリックなどの操作を伴わない、「カーソルが長い間置かれていた領域」にも注目するという。これは、追跡対象にする動作としてはやや奇妙に思える。まるでユーザーが、家族や以前に好きだった人の顔写真のように、その輪郭を愛情をこめてなぞったりすると考えているかのようだ。しかしFacebookは、少しでも意味がありそうなものはすべて収集する、と心に決めているのだろう。

マウスの動きの追跡に加えて、Facebookではモバイルデータも収集する予定だ。ありがたいことに、タッチスクリーン上にかざした指が留まるところまでは追跡できないが、例えば「携帯電話の画面上で特定の時間にユーザーのニュースフィードが表示される」ときなどが注目の対象になるという。

引用元: Facebook:「カーソルの動き」も追跡へ « WIRED.jp.

3D感触を得られるタッチスクリーン – 革新的発明と製品情報

先日、米国ウォルト・ディズニーの研究開発部門Disney Researchが、立体的な感触を得られるタッチスクリーンを発表した。指でスクリーンをタッチすると、立体の傾きとなぞる速度から摩擦力を算出し、それに見合った電気振動を発生させることで、指に「立体感」を伝えてくれる。感触だけではなく、画像でも立体感たっぷり。

引用元: 3D感触を得られるタッチスクリーン – 革新的発明と製品情報.

ハトもタッチスクリーンを操作できる:IQ実験の動画 « WIRED.jp

デジタル時代に合わせた今回の実験は、2個のボタンと2個のヴァーチャルな餌入れを示すタッチスクリーン・インターフェースを利用して行われた。ハトが画面上の正しいボタンをつつくと、ヴァーチャルな餌入れが少し近づく。ヴァーチャルな餌につながっているボタンをつつき続けると、本物の食べられる餌が与えられるという仕組みだ。

実験でハトは74~90%の確率で正しいボタンを選んだ。3種類のひも課題が行われたが、そのなかには、ひもが交差してボタンが反対側の餌入れにつながっているテストもあった。

「今回の実験結果は、コンピューターを使ったひも課題の有効性や汎用性を証明するだけでなく、ハトがひもを使った難しい課題に幅広く取り組めることも示している。これにより、ハトの行動に関する多くの別の解釈が消去されることになる」と『Animal Cognition』誌に掲載された論文には書かれている。

引用元: ハトもタッチスクリーンを操作できる:IQ実験の動画 « WIRED.jp.

ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack

ディスラプティブ・テクノロジーズとフォームファクタ(form factor=形状)は、密接に関係しています。これまでに、この世に存在しない、斬新な製品は、先例が無いのでカタチにこだわる必要が無いのです。それはそのような斬新な製品を駆動するOS(オペレーティング・システム)の面でも工夫をする必要を生じます。

その具体例がグーグル・グラスです。

2

グーグル・グラスはキーボードやタッチスクリーンが無いので、コマンドは音声による命令になります。このように製品の形状の面での制約が、新しい工夫を設計者に強い、その必要から生まれるプロプライエタリーなノウハウやオリジナル部品こそが、ライバルから簡単に模倣されない、最大の防御となるのです。

引用元: ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack.