タグ別アーカイブ: ソーシャルメディア

CNN.co.jp : スペイン語人口で米国が世界2位に、スペイン本国抜く

スペインに本部がある非営利機関「セルバンテス文化センター」は4日までに、米国がスペイン語人口でメキシコに次ぎ世界2位に浮上したとの新たな報告書を公表した。

米国でスペイン語を母国語とする人口は約4100万人、バイリンガル人口は約1160万人となっている。報告書は米国勢調査局や他の国々のデータに基づいている。

スペインの総人口は4770万人、コロンビアは4620万人で、米国は3億1890万人。報告書は米国勢調査局の数字を引用し、米国のスペイン語人口は2050年までに1億3280万人に達し、世界最多になるとも予想した。

インターネットで使われる外国語を見ると、スペイン語は中国語、英語に次ぐ3位。フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアでは英語に次いで2位だった。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターの最近の報告書によると、米国内のヒスパニック(中南米系)人口の昨年の伸び率は2.2%と減速したものの、総人口の17.4%を示した。1995年から2000年にかけての平均増加率は4.8%、10年から14年にかけては2.2%だった。

伸び率の鈍化は、メキシコを中心にした中南米諸国からの移民減少が要因と指摘した。

セルバンテス文化センターは1991年、スペイン政府が同国の文化紹介や語学普及などを目指して創設した。今回の報告書によると、世界の総人口のうちスペイン語圏の比率は6.7%で、推定5億5900万人。ロシア語は2.2%、フランス語は1.1%だった。

米国では来年、大統領選が予定されるが、メキシコなどからの移民問題が争点の1つに浮上しつつある。共和党の指名候補争いに出馬した「不動産王」の異名を持つドナルド・トランプ氏は最近、メキシコ人移民を「レイプ犯」「殺人犯」などと酷評し、物議を醸していた。

引用元: CNN.co.jp : スペイン語人口で米国が世界2位に、スペイン本国抜く.

ビルボードは特典商法をこう見る 音楽チャートの変容:朝日新聞デジタル

――複合チャートとしてのビルボードの進化の歴史について教えてください。

ビルボードは歴史的に、人々がどのように音楽を聴くかに応じて対応を変えてきました。ジュークボックスやラジオでのエアプレーなどに始まり、LPや8トラックのテープ、カセット、CD、携帯電話の着うたなどなど。もちろん、デジタルダウンロードも調査しています。デジタル時代に入り、チャートも非常に大きく急速に進化していますね。

一方、CDなどパッケージの売り上げは落ちています。ソーシャルメディアやストリーミングサービスなどの広がりによって、音楽の聴かれ方自体が変化しているなかで、そうした動向を先取りできるように努めています。

――現在の米国のHot100チャートを構成する指標にはどのようなものがありますか。

CDやデジタルDLの売り上げ、ラジオのエアプレー、定額聴き放題のスポティファイやユーチューブでの再生回数などですね。

――そのなかで最も重視しているものは何でしょうか。

絶えず変わっていますが、現在はほぼ同じぐらいだと考えてください。とはいえ、上位100曲がどういう出自を持っているかは、それぞれ異なります。パッケージの売り上げが90%でエアプレーが10%だとか、曲によって割合が違ってきますからね。もちろん、売り上げは歴史的に一番重要ではありますが、ストリーミングが増えればその分だけ落ちていくのは仕方がないことです。私たちは、時代に即して常に指標を見直しています。

引用元: ビルボードは特典商法をこう見る 音楽チャートの変容:朝日新聞デジタル.

グーグル、「ネタバレ回避システム」の特許を取得 « WIRED.jp

ソーシャルメディアを、ネタバレ情報の地雷を踏まずに閲覧するのは難しいと感じているのは、あなただけではない。グーグルは、『Better Call Saul』や『Game of Thrones』といった番組の録画を観る前に、友だちのフィードをチェックする人たちのストレスを和らげたいと思っている。

同社は「processing content spoilers(ネタバレ・コンテンツの処理)」システムの特許を出願しており、4月7日(米国時間)、その申請が米国特許商標局(USPTO)によって認められた。

「Quartz」が紹介した特許書類によれば、どんなTV番組や連載小説に夢中になっているかをシステムに入力すると、ソーシャルネットワーク内のネタバレコンテンツに、自動的にフラグを立てることができるという。

該当コンテンツは部分的に表示された状態になり、「ネタバレ注意」の警告をクリックしないと、完全に表示されないようになるのだ。

グーグルはユーザーのデータを利用して、TV番組や連載小説のファンページをつくることを考えているようだ(上の画像)。またページには「進捗」メーターが掲載され、友だちがシリーズをどこまで観たり読んだりしたのかがわかるという。

この特許では、スポーツのスコアや受賞番組の受賞者リストなど、ライヴ番組に関するネタバレ防御対策については触れられていない。しかしいずれにしろ、ユーザーが関心をもつコンテンツについての非常に詳しい情報を、グーグルが入手できる特許になるといえるだろう。

引用元: グーグル、「ネタバレ回避システム」の特許を取得 « WIRED.jp.

手の甲に時間を投影する腕時計 – 革新的発明と製品情報

手の甲に時間を投影されている腕時計。時間のほか、着信コール、テキスト、電子メール、ソーシャルメディア、イベント、天気予報などの情報も表示されていて、スタイリッシュな感じを持って、ブレスレットのようにアクセサリーとしても使える。通常モデル及びスポーツモデルを用意し、現在では、Indiegogoにて出資を募集している。

引用元: 手の甲に時間を投影する腕時計 – 革新的発明と製品情報.

自転車泥棒に盗ませるGPSつき「餌バイク」が配備中 – サンフランシスコ | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

これらのオトリ自転車などの費用には、市から$75000(764万6025円) の予算が与えられているそうです。サンフランシスコ市が最初に始めたわけではなく、アメリカの複数の市や大学でこういった捜査が実施されているのだとか。2008年から取り組んでいるウィスコンシン大学では、オトリ捜査とソーシャルメディアの組み合わせで、自転車窃盗の被害報告が40%減少したという数字もあります。

いずれの場合にしても、GPSとソーシャルメディアという二つの技術が、安くなってり誰でも使えたりするようになったことが、このオトリ捜査を生み出したのは間違いないようです。

どこの国でも自転車泥棒はダメですが、アメリカで気軽にそのへんの自転車を盗んで乗り回すと、即見つかって逮捕されたりするかもしれないですね。日本でオトリ捜査はやらないと思いますが、安く・小さくなったGPSをモノにつけることで、これまで思いもしなかったことができる、というのは他にもいろいろ出てきそうです。

引用元: 自転車泥棒に盗ませるGPSつき「餌バイク」が配備中 – サンフランシスコ | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.

ワタミが上場初の赤字、居酒屋はもう限界か:PRESIDENT Online – プレジデント

もう一つの傾向は「イベント化」です。アルコールという「モノ」から、仲間と飲むという「コト」に関心が移っていることから、「コト消費」ともいわれます。酒離れによって、飲酒は特別なことに変わりました。定期的に飲酒する機会は減っているのですが、その代わり、飲むことは不定期に「非日常」を演出してくれるイベントに変わっています。

たとえばビール全体の消費は減っていますが、若者の間でも、価格が高いプレミアムビールは消費が伸びています。いつも飲むなら手頃な発泡酒を選びますが、たまに飲むなら贅沢をしたい、と考えているようです。

また、この数年、全国ではラーメンやご当地グルメといった「食」をテーマにしたイベントが人気を集めていますが、このうちドイツビールをテーマにした「オクトーバーフェスト」にも大勢の若者が参加しています。お台場や駒沢公園、横浜港などに数十万人が押し寄せ、一杯1000円程度のドイツビールを楽しそうに飲んでいます。私の身近にも、「飲み会には絶対に参加しません」と宣言していた大学生がいましたが、あるときフェイスブックに「オクトーバーフェストに来ています!」と写真を載せているのをみて、仰天しました。

ソーシャルメディアを意識して生活しているというのも、「さとり世代」の特徴でしょう。友人と連れだって遊びに行くときには、「このネタはどれだけ『いいね』を集められるか」が、大きな動機になります。たとえば「かわいいカフェで話題のパンケーキを食べている」は自慢できますが、「居酒屋でビールを飲んでいる」ではネタになりません。

引用元: ワタミが上場初の赤字、居酒屋はもう限界か:PRESIDENT Online – プレジデント.

ネットワークカメラの多機能化(いろんなアプリ、そしてデベロッパ用APIも)で飛躍したいEvercam | TechCrunch Japan

“カメラのプロジェクトは難しい。監視ビデオの市場は、昔のアナログの連中もまだ健在だから、競争が激しくて、儲からない”。

だからネットワークカメラを将来的には、監視カメラではなく、“ソーシャルメディアカメラ”や“マーケティングカメラ”、“企業情報カメラ”などに変えていきたいのだ。無脳な監視カメラから、多方面に有脳なカメラに。

引用元: ネットワークカメラの多機能化(いろんなアプリ、そしてデベロッパ用APIも)で飛躍したいEvercam | TechCrunch Japan.

Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey

これまでSalesforce.com/Force.comは業務向けカスタムアプリケーションの開発を非常に高い開発効率で実現できる一方、独自の開発手法や開発言語を習得する必要がありました。一方でHerokuはRubyやPythonなどのプログラミング言語とPostgreSQLデータベースという人気のあるオープンソース関連技術による開発と運用環境を実現し、ソーシャルメディアとの連係やモバイルアプリケーションなどの開発を迅速に行えます。

この両サービスのバックエンドデータベースが自動的に同期するようになったことで、これまで蓄積したSalesforce.com/Force.comのデータを同期したHeroku Postgresに対してSQLでアクセスできるようになり、あるいはHerokuでRuby on Railsなどで開発できるようになります。業務アプリケーションをモバイル対応にするなど新規開発において、オープンソースの技術を使った開発がより容易になるといえるでしょう。

引用元: Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey.

【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch

これは架空の女性新人職員を装い、FacebookやLinkedInを介して対象機関の職員らに接触、当該機関内のネットワークに侵入できるかなどを試したものです。

 ソーシャルメディア上に作り上げた架空の女性を使った実験と言えば、3年以上前に報道された「ロビン・セージ実験(Robin Sage Experiment)」を記憶されている方もいると思います。Lakhani氏もこの実験がヒントになって、今回のテストを実施したのだそうです。

 テストで用いられた架空の女性の名前は「Emily Williams」。当該機関の近くにあり、職員の多くが利用しているレストラン「フーターズ」のウエイトレスの写真を、本人の同意を得た上で「Emily Williams」の写真として使っていたそうですが、誰も気付かなかったそうです。

 今回のテストでは、単にFacebookやLinkedInに架空のアカウントを用意しただけでなく、インターネット上で検索しても矛盾がないように、周到に「彼女」のプロフィールを用意しています。例えばMITの卒業生であるなど、当該機関の職員として相応しい経歴を設定し、他のウェブサイトやMIT関連の掲示板などにも情報を掲載しました。その一方で「大卒の28歳で10年の経験がある」という不自然さを残していたにもかかわらず、その点から今回の「嘘」がバレることはなかったようです。

 こうして周到に準備して作り上げた「彼女」をソーシャルメディア上に「誕生」させてから、わずか15時間で、対象機関の職員および下請け業者60名のFacebookアカウント、55名のLinkedInアカウントとつながりを持つことができ、また最初の24時間で仕事をオファーしてきた企業が3つもあったのだそうです。

 今回のテストは90日間に渡って行われましたが、Lakhani氏らの目的は、最初の1週間で達成できてしまい、残りの期間は「いつまで続けられるか」だけだったようです。

 こうして「彼女」は、技術的な手法は全く使わずに、対象機関のVPNアカウントを手に入れるなどして内部ネットワークに入れるアクセス権限を得ただけでなく、ノートパソコンまで手に入れることができたのです。しかし、Lakhani氏らは別の方法で侵入を試みました。

 今回のテスト期間中には感謝祭、クリスマス、大晦日といった大きなイベントがあったため、それに便乗して「彼女」から送られたソーシャルメディア上のメッセージを介したマルウェア感染により、ソーシャルメディアで繋がっている職員らの業務用PCに侵入しました。罠にかかった中には下請け業者もあり、しかもアンチウイルスベンダーの社員もいたそうです。

 さらにLakhani氏らは、Facebook上での他の職員らのやり取りで情報セキュリティ担当者の誕生日を知ることができました。しかし、その担当者はソーシャルメディアにアカウントを全く持っていなかったため、誕生日を知っていた職員らを装って、その担当者にバースデーメッセージを送りつけることでマルウェアに感染させ、機密情報へのアクセス権限を手に入れることができたのです。

 Lakhani氏らは今回と同様のテストを銀行やクレジットカード会社などの大手金融機関や医療機関などにも実施したそうですが、結果は完全に同じで、侵入テストにソーシャルメディアを組み合わせれば成功率は100%だとしています。しかも、高度な技術は全く必要としていません。

 今回のようなケースでは、初めの段階で人事部に確認すれば、すぐに偽者だと分かるにもかかわらず、誰もそれをしなかったという問題点をLakhani氏らは指摘しています。人は基本的に他人を信じて助けてしまう生き物であること、また「彼女」が最初の段階で接触したのは、対象機関の関係者の中でも機密情報を扱うような部署ではなく、その周辺の部署の人々であり、そのような人々が自分が狙われる可能性を全く意識していないことが問題だとしています。こうした周辺の人々を信じさせることを皮切りに、ソーシャルネットワークを徐々に大きくしていくことで、経営層はもとより、セキュリティ意識が高い職員ですら騙すことができてしまうのです。実際、今回のテストの対象機関ではすでにセキュリティに関する訓練を実施しており、職員の意識は低くなかった(と断言できるかは微妙ですが)にもかかわらず、それでもこのような「残念な結果」になったのです。

【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch.

【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch

ちなみに、Lakhani氏らは、架空の「男性」新人職員を使って同様のテストを行なったそうですが、ソーシャルメディアで繋がった職員は誰もおらず、何の成果も得られなかったそうです。

引用元: 【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch.