タグ別アーカイブ: ソフトウェア

VWに48万台の改修命じる 米当局、排ガス規制逃れで:朝日新聞デジタル

米環境保護局(EPA)は18日、排ガス規制を逃れるソフトウェアを搭載していたとして、独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)に対し、米国で販売された約48万2千台のシステムを改修するように求めた。EPAなどは大気浄化法に違反する疑いがあるとして調査に着手した。

米メディアによると、米当局は同法違反で1台あたり最大3万7500ドルの制裁金を課すことができ、VWへの制裁金は最大180億ドル(2兆1600億円)に上る可能性があるという。

EPAによると、対象は2008年以降に販売された4気筒のディーゼルエンジンを搭載した車両で、VWの「ゴルフ」や、VWグループのアウディの「アウディA3」など5車種。

引用元: VWに48万台の改修命じる 米当局、排ガス規制逃れで:朝日新聞デジタル.

Cerevo、技適取得済みWi-Fiモジュール発売 ハードベンチャー向け新ブランド立ち上げ – ITmedia ニュース

Cerevoは7月7日、ハードウェアスタートアップや電子工作ファン向けの新ブランド「Cerevo Maker series」を立ち上げ、第1弾製品として、技術基準適合証明(技適)取得済みの無線LANモジュールとブレイクアウトボードのセット「CDP-ESP8266」を発売した。842円(税別、為替レートにより変動)。

Cerevo Maker seriesは、モジュールやキットなどハードウェア販売や、開発に必要なソフトウェア、ライブラリ、ノウハウ提供などを行い、ハードウェア開発を支援する新ブランド。

第1弾製品の「CDP-ESP8266」は、IEEE 802.11b/g/n対応のSoC「ESP8266EX」を搭載した技適取得済みの無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」と、同モジュールをブレッドボードやユニバーサルボードに取り付けられるブレイクアウトボードをセットにした製品。

無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」単体でも販売する。単体なら100個・1000個単位での購入も可能だ。価格(税別)は1個710円、100個なら1個あたり685円、1000個なら1個当たり673円。

引用元: Cerevo、技適取得済みWi-Fiモジュール発売 ハードベンチャー向け新ブランド立ち上げ – ITmedia ニュース.

CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Palantir Technologiesは秘密主義のビッグデータのスタートアップだが、今月4億5千万ドル(約557億円)の資金調達を行ったことがSEC(米国証券取引委員会)へ提出した書類から7月23日に判明した。同社は今回のラウンドで5千万ドル(約62億円)の株を売りたいと考えており、合計で5億ドル(約620億円)を調達する見込だ。

同社に親しい情報元よれば、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く同社の時価総額は200億ドル(約2兆5000億円)とのこと。このラウンドに関する報道は以前にBuzzfeedとウォール・ストリート・ジャーナルにより行われ、同社が11月時点で市場価格150億ドル(約1兆8570億円)と評価されたことを伝えている。

CIAのサポートを受け大企業や政府組織向けのデータマイニング・ソフトウェアの開発を行うPalantirは今回の資金調達により世界で4番目に高い市場価値を持つ、ベンチャーキャピタルから資金調達した企業になった。同社はウーバーやシャオミ、Airbnbに次ぐ存在になった。Airbnbは先月のファンディングにおいて15億ドル(約1860億円)の資金を調達した。

今回の資金調達でPalatirの資金調達額は15億ドル(約1860億円)を越えた。このラウンドで誰が出資したのかは依然として不明だ。しかし過去の投資家にはCIAの投資部門のIn-Q-Tel、Founders Fund、Tiger Global Management、それにケニス・ランゴンやスタンリー・ドラッケンミラー等の多くのビリオネアが出資している。

PalantirのCEOのアレクサンダー・カープも、同社の市場価値の増大によりビリオネアとなった人物だ。彼が所有する推定8%の株式は、16億ドル(約1980億円)の価値がある。

Palantirの広報はフォーブスの取材に対し、資金調達についてのコメントを拒否した

引用元: CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン).

Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan

Googleがデータセンター用に独自のハードウェアを作っていることは、よく知られているが、しかし、おそらくあまり知られていないのは、データセンター内部で使うネットワーキングプロトコルも、インターネットの標準プロトコルではなく同社独自のものであることだ。

Googleによると、現在の’Jupiter’と呼ばれるネットワーキングのセットアップは、同社の第五世代のセットアップで、自前のデータセンターの初代に比べると容量は100倍に増えている。現世代の二分割帯域幅(ネットワークを二つの部分に分けたときの両者間の帯域)は、毎秒1ペタバイトだ。言い換えるとそれは、10万台のサーバが互いに10GB/sで対話できる、ということ。

Googleのネットワーキング技術のトップAmin Vahdatによると、全体的なネットワークコントロールスタックは、“従来のルータ中心型のインターネットプロトコルよりもむしろ、Google自身の分散コンピューティングのアーキテクチャと共通している部分が多い”。

彼は、Googleのデータセンターネットワークの設計原則として、次の三点を挙げた:

ネットワークの編成にはClosのトポロジを使用して、小型で安価なスイッチの集合が大きな論理スイッチの性質を備えるようにしている。

データセンター内の数千のスイッチを管理するために中央集権型のソフトウェアコントロールスタックを使い、それらが実質的に一枚の織物のように働くようにしている。

インターネットの標準プロトコルではなく、データセンター用に社内で特製したプロトコルを主に使いたいので、そのためにソフトウェアもハードウェアも内製している。

Facebookが過去に共有した情報などに比べると、それほど詳しくない。数か月後ぐらいには、もっとましな情報を出してほしい。とくに知りたいのは、同社独自のネットワーキングプロトコルの動作仕様だけど、それに関してはちゃんとしたペーパー(技術論文)を発表してほしいね。

引用元: Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan.

3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp

『VentureBeat』の記事によると、Starbugは「Verifinger」という一般的な指紋認証プログラムを使って、指紋を複製したという。

こうした指紋読み取りソフトウェアがハッキングされた例は過去に何度かある。Starbugは2013年、たった48時間でアップルの「Touch ID」をハッキングした(日本語版記事)ことで有名だ(「ガラス表面から撮影したiPhoneの持ち主の指紋」を使うだけで、指紋リーダーの関門を通過できたという)。しかし、写真だけを使って指紋を複製するというのは、よく知られたハッキング技術から一歩進んだものだ。

CCCは、グループのウェブサイトで、Starbugの最新のハッキングについて次のように結論づけている。「(ガラスのコップやスマートフォンの画面など)表面がきれいに磨かれた物体に人が触れさえすれば、その人の指紋を盗み取ることがどんなに簡単であるかは、過去に何度も証明されてきた……(しかし、写真から指紋を複製できるという)この知識があれば、指紋が付いた品を盗む必要はもはやなくなるだろう」

「政治家たちは、公の場で話すときは手袋をはめるようになるかもしれない」と、Starbugは聴衆に語ったと報道されている。

引用元: 3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp.

3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp

3mの距離から撮影した写真を利用して、親指の指紋を複製することに成功したという発表がこのほど行われた。

2014年12月第4週にドイツのハンブルグで開催された「カオス・コンピューター・クラブ」(CCC)のカンファレンスで、ドイツ人ハッカー「Starbug」(本名はジャン・クリスラー)が、市販のソフトウェアと高解像度の手の写真だけを使って、親指の指紋を複製することに成功したと発表したのだ。

Starbugが使った写真は、ドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防相が記者会見を行ったときに撮影された画像で、3mほどの距離から「ごく一般的なカメラ」で撮影したものだ。さらに、別の機会に違う角度から撮影した、同国防相の親指の写真も複数枚使用したという。

引用元: 3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp.

【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch

最も大きいのは、Xeon E5 v3でサポートが見送られたTSX(トランザクショナルメモリ)がXeon E5 E7 v3では正式にサポートされたことだ。

TSXでは、メモリのロック機能とデータベースなどで使われるトランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現している。

メモリのロックは、現在読み書きしているメモリをロックして、ほかのプログラムから、作業中にデータを書き換えられることを防ぐ機能だ。

この機能は便利だが、ほかのプログラムからはロックが解除されない限り、他のプログラムはそのメモリの読み書きができないため、他のプログラムはアイドル状態になってしまう。もしプログラムのミスなどでメモリのロックが解除されない場合は、ずっとアイドル状態で待ち続けることになる(デッドロック)。

そこで、データベースなどで使われているトランザクショナル機能と同じような機能をメモリに持ち込んだのが、TSXになる。

TSXでは、メモリロックを行って、メモリの読み書きを制限するのではなく、全てのプログラムを同時に実行させる。

もし、あるメモリ領域のデータを読み込こんで処理を行っているプログラムがある場合に、別のプログラムが同じメモリ領域に別のデータを書き込んだとする。そのときには、メモリに新しいデータを書き込む段階で、読み込んだときのデータと比較して、データが異なっていたら、処理のやり直しを行う。このことをトランザクショナル処理という。

Xeon E7 v3を使えば、トランザクショナル処理プログラミングせず、プロセッサのTSX機能を利用することができる。また、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をハードウェア(命令セット)で実現するため、性能が向上する。ソフトウェアで、ロック/アンロック機能、トランザクショナル機能をインプリメントするには、膨大なコードが必要になるが、これがいくつかの命令で実現できるなら、アプリケーション自体のコードもシンプルになる。このため、TSX機能をサポートしたインメモリデータベースなどでは、高い性能を出すことができる。

引用元: 【仮想化道場】Haswellアーキテクチャの最上位プロセッサ「Xeon E7 v3」 – クラウド Watch.

ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese

米国の連邦航空局がボーイングに対して、旅客機 Boeing 787 " Dreamliner " の電源系を少なくとも248日ごとに再起動することを求める耐空性改善指令を出しました。

理由はボーイング787の電源系を制御するソフトウェアに不具合があり、248日を超えて稼働し続けると動作を停止してしまい、機体の制御が不可能になる危険性があることから。

248日以内の再起動が必要な理由について、FAAの改善指令では「ソフトウェアの問題」としか形容していないものの、『248日』はコンピュータやエレクトロニクス製品でたまに見かける数字です。

サーバやルータなど長期間の連続駆動が想定される機器で問題となる248日問題は、連続稼働時間などを記録する内部のカウンターに符号付き32bit整数を使ったため、2の31乗(2147483648) / 10ミリ秒単位カウントで2147万4836秒、日にして248.551日で溢れてしまい、想定外の動作を引き起こす現象のこと。符号なしで二倍の『497日問題』のほうは、Windows Server 2008 や Windows Vista, 7 でも話題になりました。

ボーイング787の場合は248日を超えて通電し続けると発電機を制御するシステムがセーフモードに入り、一斉にAC電源が落ちて飛行中ならば制御不能になる恐れがあるとされています。ボーイングはこの問題を解決するパッチ提供に向けて作業中ですが、適用の時期などは明らかになっていません。

引用元: ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese.

精度95%以上! ソースコードは指紋、作者はほぼ特定できる : ギズモード・ジャパン

スペースやタブ、大文字やアンダーバーを組み合わせた命名規則、コメント…コードの書き方には、人によってスタイルがありますよね。それはもう指紋のようなもので、それさえ見えれば、誰がコードを書いたかほとんどわかってしまう…そんな驚きの研究結果が発表されました。

米ドレクセル大学、メリーランド大学、プリンストン大学、独ゲッティンゲン大学の共同チームの研究によると、自然言語処理と機械学習によるコード分析により、95%の精度で作者は特定できるそうです。

解析されるのは、レイアウトや語彙の特性と、「抽象構文木(AST)」です。ASTとは、「コードの書き方からまったく影響を受けずに、コードの型の特性をとらえる」もので、つまり、関数の名前、コメント、スペース入れ方などのクセ以上のものを探し出し、作者を特定するカギにする、というわけです。

研究チームが開発した機械学習ソフトウェアで、Google Code Jamに公開されているコードの分析を試しに行ってみたところ、あるひとりの人が書いた630行のコードを分析すれば、95%の精度でその作者が特定できたそうです。コードの行数を増やして1,900行にすると、特定の精度は97%になるとか!

このコード解析、すぐに使えそうな分野が思い浮かびますよね。そう、当局がハッカーを見つけたり、オンライン詐欺の犯人を特定したり、という使い方です。あと、他人のコードをちょっと拝借、なんていうケースもバレちゃったりするんでしょうか。「特定されたら困る!」という人は、今から誰かのコードの書き方をそっくりマネする練習を始めた方がいいかもしれない…ですかね?

引用元: 精度95%以上! ソースコードは指紋、作者はほぼ特定できる : ギズモード・ジャパン.

宇宙でエスプレッソ。無重力空間で「本格的な味わい」が可能に « WIRED.jp

社会から隔絶された状態で地球上空を秒速7kmで飛び続ける宇宙飛行士たちに癒しの時間を提供するべく、国際宇宙ステーション(ISS)にエスプレッソマシンが設置されることになった。

「ISSpresso」(冗談ではなく本当の名前だ)は、イタリアの大手コーヒー・ブランドであるラヴァッツァが、イタリアの機械・ソフトウェア企業のArgotecおよびイタリア宇宙機関と協力して製造したものだ。

追加の安全機構を含めると20kgの重さがあるこのマシンは、イタリアで初めての女性宇宙飛行士として宇宙に向けて出発するサマンサ・クリストフォレッティ空軍大尉に「同行」して、今年11月にISSに送り込まれる。

ごくわずかな重力の中で完璧なコーヒーの芸術を実現するためには、数多くの工夫が必要だった。

幸運なことに、ISSは海面上での気圧と同じ1気圧に加圧されているため、水の沸騰温度には影響がない。しかし、最新の注意を必要とする環境の中で、液体に圧力をかけて、粉にしたコーヒー豆のカプセルの中を通すという作業を安全に行えるよう、いくつかの予防策が取られている。

例えば、近所のスターバックスならプラスティックのパイプが使われている蒸気パイプは、400バールの圧力に耐えられるスチールのパイプに置き換えられている(これは、イタリア国立エスプレッソ研究所が認定するイタリア式エスプレッソ『Certified Italian Espresso』を淹れるために定められた9バールよりも、はるかに高い)。

引用元: 宇宙でエスプレッソ。無重力空間で「本格的な味わい」が可能に « WIRED.jp.