タグ別アーカイブ: センサー

ドローンの移動は超常現象? 箱根の立ち入り禁止区域:朝日新聞デジタル

一体誰が動かしたのか――。神奈川県が22日に箱根山の大涌谷を小型無人飛行機(ドローン)で調査中、ドローンが落下する事故があった。立ち入り禁止区域のため、そのままにしていたが、24日に落下点と異なる場所で機体を発見。県の担当者は「超常現象としか思えない」と戸惑っている。

県が22日、ガス濃度センサーの設置候補地を調べるため、火山活動に対応できるように開発したドローンを飛ばしていたところ、資材運搬用のワイヤに接触。箱根ロープウェイ大涌谷駅東側の斜面に落下した。立ち入りが禁止されている場所のため、県は回収を見送っていた。

24日午前10時半ごろ、県職員が落下地点にある機体を視認。だが約4時間後、西に約160メートル離れた大涌谷くろたまご館モニュメント前に置かれた壊れた機体を県職員が見つけた。

発見場所は落下地点から標高差で60~70メートル上にあり、その間は急斜面で通常は人が立ち入らない場所だという。県は職員や業者など、可能性がある関係者に確認したが、名乗り出た人はゼロ。ドローンはカメラ2台を搭載し、重さ約6・5キロ。動物が運ぶことも考えにくいという。

引用元: ドローンの移動は超常現象? 箱根の立ち入り禁止区域:朝日新聞デジタル.

雲になったコンピュータ: VCからみたIoTスタートアップTop 10(3)

VC投資のトップにランクされたViewはスマートガラス(Smart Glass)を開発するスタートアップだ。スマートガラスとはオフィスなどの建物内の温度を一定に保つためにガラスの透明度を変えるインテリジェンス付きガラスのこと。スマートガラスは多層構造を採り、内部層の電圧を制御してガラスの透明度を変化させる。Viewの開発するダイナミックグラス(Dynamic Glass)は、エレクトロミックセラミック技術を採用する。実際のダイナミックグラスは外側と内側の特別な隙間と特殊加工の材質によって、光線のゆがみ(Solar Deflection)を作り出し、極力、日光をはじき返す(下図左)。外側部は1マイクロンの薄さの金属酸化物の多層構造となり、これがエレクトロミックセラミック構造となって、ガラスの透明度を変化させる(下図右上)。ガラスに微量な電圧が加えられるとイオンが層間を移動してガラスの内部構造を変えて色合いを変化させる(下図右下)。

Viewのダイナミックグラスは、多様なコントロールが可能だ。簡単な話、スマホやタブレットから部屋毎に多段階の透明度制御が出来る。それだけではない。ダイナミックグラスには3つの制御エンジンがある。反射制御(Glare Control Module)と熱制御(Heat Control Module)、そして日光制御(Daylight Control Module)だ。反射制御はリアルタイムに日光の角度を計算してガラスの濃さを制御する。熱制御は太陽のエネルギー計算からエアコンのエネルギー節約を行い、日光制御は各方向尾の建物外壁に取り付けた光センサーによって透明度を制御する。

引用元: 雲になったコンピュータ: VCからみたIoTスタートアップTop 10(3).

最新鋭「搾乳ロボ」で24時間化 北海道のハイテク牛舎:朝日新聞デジタル

最新鋭の搾乳ロボット8台を導入した「ハイテク牛舎」が、北海道江別市で9月から動き出している。約500頭の搾乳を、24時間自動化した。1カ所の設置規模では国内最多という。

首輪につけたセンサーで乳牛を個別に管理。乳牛がロボットに近づくと、搾乳に適した状態かどうかを見分け、ゲートが開く。カメラ付きセンサーが乳頭の位置を探知して、ロボットアームに取り付けた機械が搾乳する。乳量や乳質のデータも一元管理できる。

ロボットはスウェーデン製で1台約2500万円。運営する「Kalm(カーム)角山」は、3年後に年間5600トンの生乳生産をめざす。川口谷仁専務(43)は環太平洋経済連携協定(TPP)もにらみ、「(輸入増の)波はどうしようもない。酪農の事業化と生乳の高品質化、これが我が社の行く道」と話す。

引用元: 最新鋭「搾乳ロボ」で24時間化 北海道のハイテク牛舎:朝日新聞デジタル.

世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース

この模型の具体的な仕組みは、まず「磁力浮上」について、レールに取り付けられた帯状の磁石と、各車両底部の四隅に搭載した4つの磁石の反発力によって、車体が約2mm浮上するそうです。

「磁力走行」については、各車両に「高速磁気センサー」と「推進用コイル」を搭載。レール上の磁石を感知し、コイルに電流が流れて磁界が発生すると、レールと車両の磁石同士の反発で推進力が生まれ、車両が前進する仕組みです。

発売は2015年9月の予定で、希望小売価格は税抜き3万5000円とのこと。ちなみにその線路は、実際に山梨リニア実験線に存在している鉄橋などがイメージされており、トンネルには微気圧波を低減するための多孔板まで再現されているという、こだわりのあるものになっています。

引用元: 世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース.

グーグル、タッチセンサー布地を開発中 ジーンズ大手が協力 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

米グーグル(Google)は29日、サンフランシスコ(San Francisco)で開催した開発者会議で、米ジーンズ大手リーバイ・ストラウス(Levi Strauss)と共同で、タッチセンサーを織り込んだ布地を開発中だと発表した。

 ジャカード(Jacquard)織りにちなんで「プロジェクト・ジャカード」と名付けられた開発プロジェクトで、伝導性を持つ特殊な糸を開発したという。

 この糸を織り込んだ部分を目立つようにすることも、わからなくすることもデザイナー次第。伝導性を布地の一部に限ることも全体に持たせることも可能で、布地にはストレッチ性があり洗濯もできる。

 伝導性のある糸は上着のボタンほどの大きさの電子回路につながっていて、タッチやスワイプなどの操作を認識する。布地をなでるだけで情報がワイヤレスでスマートフォン(多機能携帯電話)などの機器に送られ、電話の発信やテキストメッセージの送信などが可能になるという。

引用元: グーグル、タッチセンサー布地を開発中 ジーンズ大手が協力 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News.

アカマンボウ、“温血”だった 魚で初めての発見 – ITmedia ニュース

深海魚のアカマンボウが周囲の水温よりも血液の温度を高く保つことができる“温血魚”であることが分かったと、米海洋大気局(NOAA)のチームが米科学誌「Science」で発表した。アカマンボウは温かい血液を持つことで、深海でも機敏に動いて他の生物を捕食しているようだ。

アカマンボウを抱える研究者。英語の別名「ムーンフィッシュ」の通り、丸い CREDIT: NOAA FISHERIES/SOUTHWEST FISHERIES SCIENCE CENTER

アカマンボウはマンボウに似た円形の魚で、英語では別名「ムーンフィッシュ」(Moon Fish)とも呼ぶが、マンボウとは分類上は全く別の種類だ。マグロに似た味でおいしいという。

研究チームがアカマンボウにセンサーをつけて調査したところ、深海でアカマンボウは周囲の水温よりセ氏5度程度高い温度を保っていたという。アカマンボウは「対向流」式の熱交換器として働く特殊な構造がえらの血管にあり、胸びれの動きで温められた血液が、海水から酸素を吸収して冷えた血液を温めるようになっているが分かった。車のラジエターに似た仕組みだという。

同様の仕組みはマグロやサメも体の一部に持っているが、体全体が温血の魚が見つかったのは初めて。従来、アカマンボウはほかの深海魚と同様にゆっくりと動いていると考えられてきたが、温血に保つことで深海でも素早く動いてイカなどを積極的に食べることができ、生存に有利になっていると研究チームは考えている。

引用元: アカマンボウ、“温血”だった 魚で初めての発見 – ITmedia ニュース.

世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース

「プラレール」や鉄道模型「TOMIX」で知られるタカラトミーは2015年5月26日(火)、「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」の発売を明らかにしました。

車両はJR東海の超電導リニアL0系がモチーフ。L0系は2015年4月、603km/hという世界最速記録を達成している(画像出典:タカラトミー)。

ポイントは、本物の超電導リニアと同様に磁力で浮上し、磁力で走行すること。タカラトミーは「磁力浮上・磁力走行する世界初の量産型ミニチュアリニアモーターカー」といいます。

ただし、浮上走行するシステム自体も本物の超電導リニアのように、ニオブチタン合金を液体ヘリウムを使ってマイナス269度に冷却、超電導状態を生み出して高速走行――というのは無理な話です。タカラトミーが独自開発した「高速磁気センサー」技術を用い、回転式モーターや車輪、ギアといった通常駆動に必要な要素を一切排除。車両に搭載した磁石とコイル、それとレールに取り付けられた磁石との反発によって、非接触で浮上走行するそうです。

同社によると、車輪と地面との摩擦が無くなり高速走行が実現したといい、実際の超電導リニアL0系が予定している営業最高速度と同じ、500km/hのスケールスピードを達成(模型のサイズは90分の1)。また摩擦が無いため、走行音も静かだそうです。

引用元: 世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース.

「レモンジーナは土の味?」を味覚センサーで科学的に検証してみた! | 味博士の研究所

わたしたちが物を食べる時、味覚以外にも嗅覚や触覚など、様々な刺激が脳内でひとつになります。

レモンジーナを土の味だと感じられる方は、嗅覚の影響を受けた、つまりレモンジーナから「大地の香り」を感じたために、脳が「土っぽい味だ」と錯覚したのかもしれませんね。

 

ひとまず、今回の検証で、

「レモンジーナの味は土の味に“味覚上は”似ていない」

ということが明らかになりました!!

引用元: 「レモンジーナは土の味?」を味覚センサーで科学的に検証してみた! | 味博士の研究所.

全身を守ってくれるエアバッグ – 革新的発明と製品情報

身に着けるタイプのエアバッグ。20個ものエアバッグを備えて、センサーで衝撃レベルを感知すれば、その一瞬で空気を膨らませて、衝撃から全身を守ってくれる。

引用元: 全身を守ってくれるエアバッグ – 革新的発明と製品情報.

ダンサーの動きを追跡可能なポアントシューズ – 革新的発明と製品情報

バレエダンサーの動きをモバイルのアプリに美しく再現してくれるポアントシューズ。圧力センサーななどを縫い付けられたので、ダンサーの足の動きや圧力を感知したうえで、その挙動をモバイル端末へ送信し、ダンサーの動きをグラフィカルに再現することができる。

引用元: ダンサーの動きを追跡可能なポアントシューズ – 革新的発明と製品情報.