タグ別アーカイブ: スペースX

ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack

例として宇宙事業のスペースXを例に出す事が出来ます。同社の創業者、イーロン・マスクは宇宙事業に参入しようという夢を持っていたので、最初、最も安いロケットを持っているロシアから大陸間弾道弾(ICBM)を買おうと思いました。

しかし実際にロシアに商談に行ってみると、安いと言われているミサイルでもイーロン・マスクには高すぎ、これでは採算に合わないことがわかります。

そこでイーロン・マスクはロスアンゼルスのホーソーンで、昔、ボーイングがジャンボジェット(B747)を組み立てていた巨大なハンガーを購入します。

3

そして殆どの部品や部材を自社でデザインし、オリジナル部品を設計する段階から、いままでとはぜんぜん違うコスト意識で図面を引き、既存技術の10分の1と言われる、驚異のプライス・ポイントを実現したのです。

これも「ディスラプティブ・テクノロジーズを実現するためには、先ずオリジナル部品を増やし、エクセキューションに徹する」というクリステンセンの理論を、そのまま地で行く戦略です。

引用元: ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack.

スペースXのイーロン・マスクは本物の「アイアンマン」なのか? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

スペースXのイーロン・マスクは本物の「アイアンマン」なのか? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム: ひとつの挑戦が失敗したからといって、偉大な目標を断念することはありません」。この実業家は締めくくる。「そうでなければ、わたしたちは電球だって手に入れることはなかったでしょう」。