タグ別アーカイブ: スパン

パンティの法則が乱れる:パンティは「貼る」時代へ ヨーロッパセレブも夢中な最新パンティがほとんどパンティじゃない件 – ねとらぼ

「ノーラインストラップレスパンティ」は、思わず「これパンティなの?」と言いたくなる斬新なデザイン。最小限の面積の生地をシリコン粘着で素肌に直接貼り付けるというもので、発想としては「ヌーブラ」に近いかもしれません。洗って約20回使用可能だそうです。

引用元: パンティの法則が乱れる:パンティは「貼る」時代へ ヨーロッパセレブも夢中な最新パンティがほとんどパンティじゃない件 – ねとらぼ.

「ビッグデータ」がもたらす「因果関係」から「相関関係」へのシフト—理由なんてどうでもいいんです – ihayato.書店 | ihayato.書店

本書が興味深いのは、ぼくらがこの相関関係の「理由」を重要視しなくなる、と主張している点です。

ぼくらは「理由を知りたい」という強い欲求を持っています。「渋谷に住む20代は摂取カロリーが平均の25%高い」とデータが指し示したとすると、真っ先にぼくらは「なんで?」と思い、「ファーストフードをよく食べるからかな?睡眠が短いのかな?」と、理由を推定します。

ビッグデータの時代においては、この自然な欲求が抑制され、ぼくらが「データがそう指し示しているんだから、理由はひとまずどうでもいい」と思えるようになる、と本書は指摘しているのです。これは大きな価値観のシフトです。今後50年くらいのスパンで見れば、確かにそうなっていくのかもしれません。

特に顕著なのは、相関関係が単純になる結果、社会が因果関係を求めなくなる点だ。

著者が指摘しているように、現実的には、「世の中、因果関係で説明できないことは山ほどある」のです。ビッグデータの時代は、そういう「説明できないこと」がどんどん露わになっていく時代ともいえるのでしょう。

それは、データが人間の知性・認識の限界を凌駕し、詩的に言えば「新たな神」になる時代といってもいいかもしれません。

引用元: 「ビッグデータ」がもたらす「因果関係」から「相関関係」へのシフト—理由なんてどうでもいいんです – ihayato.書店 | ihayato.書店.

「自分の人生」の「資産運用」を真剣に考えよう ヘッドハンター想う: ヘッドハンター兼本/ビジネス・ウォッチ

「自分の人生」の中で、最大の資本は、自分自身の「人的資本」になります。「俺自身って『資本』なのか、、、。」という声が聞こえてきそうですが、紛うことなく、ピカピカの資本です。 1年で年収分のキャッシュをたたき出す「資本」というのはなかなかありません。

この自分自身の「人的資本」を「人生」という長期スパンの中で、どう「運用

」していくかに、自身がどれほど豊かでいられるかがかかっているといえます。 (少なくとも物資的には、となりますが)

人生は長く、かつ自身の周辺状況(現職でのポジショニング、勤務先の競争力、業界動向、結婚、出産、育児、介護、その他もろもろ)は常に変化するため、その環境に応じた投資スタイル(自身をどこの会社に投資するか:どこの会社で働くか)が重要になってきます。

引用元: 「自分の人生」の「資産運用」を真剣に考えよう ヘッドハンター想う: ヘッドハンター兼本/ビジネス・ウォッチ.