タグ別アーカイブ: スパイ

カーボンナノチューブ入りの水を吹きかけられたクモが地球上最高強度のクモの糸を生成 – GIGAZINE

イタリアのトレント大学のニコラ・マリア・プーニョ教授らの研究チームは、天然物質では最高レベルの強度を誇るクモの糸の強度をさらに向上させるために、グラフェンやカーボンナノチューブを混ぜ合わせればよいのではないかと考えました。そこで、プーニョ博士らはイタリアに生息するユウレイグモに、グラフェンやカーボンナノチューブを混ぜた水を吹き付けてみるというストレートな手法を採りました。

グラフェンとカーボンナノチューブのいずれが強度アップに有効なのかを調べるために、ユウレイグモを5匹ずつ採取して実験したところ、いずれの物質を混ぜた場合でも強度が大幅に向上しました。より強度が増したのはカーボンナノチューブ添加水吹きつけ時で、その強度は天然物質最強のオーブスパイダーのクモの糸の約3.5倍、ヤング率は47.8GPに到達したとのこと。この数値はこれまで生まれたあらゆる天然物質の中で最高の強さであり、現在、最強の合成繊維の一つである「ケブラー49」を上回る靱性を持つことから、地球上最強の繊維が誕生したということになります。

引用元: カーボンナノチューブ入りの水を吹きかけられたクモが地球上最高強度のクモの糸を生成 – GIGAZINE.

CNN.co.jp : パキスタン国境近くでスパイ疑惑の「ハト」捕獲 インド

インドのパンジャブ州パタンコートの警察は30日までに、パキスタンとの国境に近い村落で羽根部分に判読しがたいウルドゥー語のメッセージが書かれた「ハト」が見付かり、パキスタンのスパイ活動に絡む疑いもあるとして調べていることを明らかにした。

このハトはパキスタン国境から約4キロ離れた村落の民家にとまっていたもので、村民が捕まえ、地元警察に引き渡していた。ハトの体には小さな物体も縛り付けられていたという。

ただ、ハトの体をエックス線検査などで調べたが、スパイ活動をうかがわせるような形跡はなかった。ウルドゥー語のメッセージの文字も薄れており、解読出来なかった。また、ハトの体からは数字も見付かったが、最初に疑った固定電話もしくは携帯電話の番号とは無関係であることが判明した。数字をさらに調べている。

地元警察の責任者はCNNの電話取材に「管轄地域で今回のような事が起きたのは初めて。地域は神経を使う国境地帯にある」などと述べた。

インド、パキスタンは過去に計4度交戦しており、両国関係は今なお改善されていない。カシミール地方の帰属権やテロ対策問題などが関係正常化を阻む要因ともなっている。

引用元: CNN.co.jp : パキスタン国境近くでスパイ疑惑の「ハト」捕獲 インド.

キャリアの考え方についての4類型 : モリコウスケ 公式ブログ

1 階層的キャリア(linear career)

ピラミッド型の組織構造のなかで自身の相対的な地位を高め、責任の範囲を拡大し、影響力を高めることを志す。

2 専門的キャリア(expert career)

自身の「天職」といえる仕事領域を見つけ出し、そのなかでより高い専門性(技術や能力)を追求する。

3 スパイラル・キャリア(spiral career)

比較的早い段階で経験した自身の仕事の領域を核にしつつも、その後5~10年程度ごとに新たな領域に挑戦し、より幅広いスキルや知識、能力を形成する。

4 変動的キャリア(transitory career)

自身にとって新しいことや変化とは何かを重視し、新しい経験を求め、前向きに仕事領域の変更や転職を繰り返す考え方。1つの仕事領域や組織に従事する期間も平均すると2~4年程度と必ずしも長くない。

引用元: キャリアの考え方についての4類型 : モリコウスケ 公式ブログ.

HDDのファームウェアに感染するマルウェアが登場、逃れる術はないことが判明 – GIGAZINE

セキュリティ対策ソフト大手のKasperskyカスペルスキーが「主要メーカー製のHDDの基本ソフトファームウェアに感染するタイプのマルウェアスパイウェアが見つかった」と発表しました。システムの仕組み上、このマルウェアをセキュリティソフトで駆除することは極めて困難とのことです。Kaspersky Labは、HDDのファームウェアに感染して情報収集をする新手のマルウェアを発見したことを明らかにしました。イラン、ロシア、パキスタン、アフガニスタン、中国、マリ、シリア、イエメン、アルジェリアなどの30カ国のPCからこのマルウェアの感染例が発見されたとのこと。このマルウェアを作成したのはEquation groupとよばれる大規模なハッカー組織で、感染ターゲットには各国の政府関係機関、軍事機関、通信会社、金融機関、原子力研究者、メディア機関、イスラム主義活動家などが含まれているとしています。

引用元: HDDのファームウェアに感染するマルウェアが登場、逃れる術はないことが判明 – GIGAZINE.

「007」最新作脚本 サイバー攻撃の被害 NHKニュース

ソニーを狙ったサイバー攻撃が相次ぐなか、盗まれたファイルの中にスパイ映画の人気シリーズ「007」の最新作の脚本が含まれていたことが明らかになりました。

ソニーのアメリカにある映画の子会社「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」は、先月下旬、サイバー攻撃の被害に遭い、劇場公開前の新作映画などがインターネット上に流出したとみられています。

13日、その盗まれたファイルの中に、イギリスの諜報機関のスパイ、ジェームズ・ボンドが活躍する人気映画シリーズ「007」の最新作の脚本が含まれていたことを、この映画の製作会社が明らかにしました。

シリーズの24作目となる最新作は、「スペクター」というタイトルとヒロインの「ボンドガール」などの配役、それにボンドの愛車の新モデルが発表されていますが、あらすじは公にされていません。

製作会社は、「脚本を手に入れた何者かが内容を公開するおそれがある」としてできるかぎりの対策を取るとしており、イギリスのメディアは、「ハッカーとジェームズ・ボンドの対決」と伝えています。

引用元: 「007」最新作脚本 サイバー攻撃の被害 NHKニュース.

W杯フランスチームの練習場に「スパイ・ドローン」 « WIRED.jp

BBCの報道によると、フランスのワールドカップ・サッカーチームは国際サッカー連盟(FIFA)に対して、何者かが小型無人飛行機を使い、ブラジルのサンパウロ近くにある同チームのトレーニング・キャンプを偵察していたと苦情を申し立てたという。

フランス・チームは、15日のホンジュラス戦に向けて準備をしているときだった。この件が初めて報道されたのは6月11日だ。

動画キャプチャから見る限り、このクアッドコプターは、ヴィデオカメラを搭載した自律マイクロドローン「Phantom II」のようだ。

フランスのディディエ・デシャン監督は、BBCに次のように述べている。「明らかにドローンが使用される頻度が増えている。プライヴァシーを侵害しないでほしい」

デシャン監督は、今回の偵察行為が誰によって行われたかについてはコメントしなかったが、「Football Italia」でのインタヴューで、ドローンを操作していたのは、フランスの対戦相手となるチームのいずれかか、あるいは、フランスの通信社だと思うと述べている。

試合前の記者会見で、ホンジュラスのあるレポーターはデシャン監督に対して、「ドローンはホンジュラスのものではない」と断言した。

フランスのウェブサイト「BFMTV」は、ドローンの目撃から1時間後に地元警察が操縦者を捕まえたと報じた。捕まった人物は警察に対し、「試合会場に入れないので、練習を見たかっただけだ」と話した、とBFMTVは伝えている。刑事告訴はまだ行われていない。

引用元: W杯フランスチームの練習場に「スパイ・ドローン」 « WIRED.jp.

コンテナベースのWP/DrupalホスティングPantheonが$21.5Mを調達, デベロッパツールの充実へ | TechCrunch Japan

Pantheonのホスティング技術は、今のWebホスティングの主流である仮想マシンではなくコンテナを使用する。それと、同社のインフラストラクチャが相まって、各サイトにきわめて高い可利用性と、トラフィックスパイクの強力な吸収能力を提供する。

引用元: コンテナベースのWP/DrupalホスティングPantheonが$21.5Mを調達, デベロッパツールの充実へ | TechCrunch Japan.

Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書

話を戻しましょう。ではなぜ、今になって 「字幕版より、吹替版の方が混んでいる」 状況が起こったのでしょうか? 戸田さん説によると、“CG” “3D” という2つのイノベーションにより、画像そのものから目が離せなくなった結果、字幕を追えなくなった、または、字幕を追うのが面倒になった・・・ というのが主要因ではないか、というのです。

なんやねん、それ! そもそも、大人が吹替版観るなんて、カッコ悪いやん・・・ でも一方で、すごく納得できます。先日公開された 『アメイジング・スパイダーマン2』だって、台詞なんかどうでもいいから、究極の “CG” と “3D” を堪能したいですよね(逆に言うと、台詞が一切なくても理解できるような薄い内容とも言えるのですが・・・)。もっと言うと、“3D” 映画のときって、はっきり言って、画面上の字幕、邪魔だし。私なんか、元々メガネかけているんで、“3D” 映画を観るときは、“(普段の)メガネ on (3D)メガネ” になるんですよねぇ。だから、下の方に出る字幕って、二重に見えたりするので、真剣に字を追っていると、酔うし・・・(なんか、情けないが・・・)

もちろん、吹替版が流行っている理由は、これだけではないと思います。私は、「単に、字を読むのがウザい」と思っている人(特に、若者)が増えているのではないかと踏んでいます。LINEなど、その典型でしょう。文字を一切使わなくても、コミュニケーションが成立します。でも、それってちょっと悲しくないかい? うーーむ、どうしたもんかねぇ・・・

引用元: Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書.

Snapchatを支える技術:768台のRedisをGoogleクラウドで構築 #gcpja – Qiita

Snapchatの成功のカギがGCPのPaaSであるApp Engineであったことは、じつは昨今のImmutable InfraやDockerのムーブメントに通じるところがある。それは、

App EngineではアプリケーションをDisposableかつStatelessでShared Nothingに設計しなくてはならない

アプリケーションをVMではなく超軽量なコンテナで運用し大規模にスケールアウトさせる

構成管理とデプロイをRepeatableにしてバージョンアップやフェイルオーバーに手間をかけない

といった点だ(ただしApp EngineにはDockerほどのプラットフォーム透過性はない)。例えばApp EngineにGoのアプリケーションをデプロイすると、およそ50ms(!)ほどでコンテナが起動し、トラフィックのスパイクがあるとまたたく間に数100や数1000の規模でオートスケールする。また、アプリケーションのImmutable設計が強制されるおかげで、大規模なバージョン切り替えやデータセンター間フェイルオーバーさえGoogle任せにできる。

引用元: Snapchatを支える技術:768台のRedisをGoogleクラウドで構築 #gcpja – Qiita.

結局NSAは何をしていたのかのまとめ – Future Insight

様々な機器にスパイウェア

「TAO」というNSAの下部組織が行っていたのが、様々なマルウェアの開発。ルーターやファイアウォール、サーバ、PC、スマートフォンに至るまで多種多様なマルウェアを開発し、このマルウェアに感染したものはソフトウェアの更新ができなくなり、NSAからの外部操作を受け付けるバックドアになるというもの。作っていたマルウェアのリストなども掲載されているので、興味ある人は日経コンピュータの2014.3.6号を参照してください。

引用元: 結局NSAは何をしていたのかのまとめ – Future Insight.