タグ別アーカイブ: ストックホルム

公共交通機関が電動化されるといい理由:ストックホルムの「充電式」フェリー « WIRED.jp

ストックホルムで運航されているフェリーが、電気式に改造されようとしている。

全長約23m、旅客定員100名のフェリー「Movitz」号は、8月にストックホルムのグリーンシティ渡船場に向けて出港する際には、335馬力のディーゼルエンジンの代わりに、125kWの電気モーター2台が艇体の外側に取り付けられることになる(フェリーを操縦しやすいように、電気モーターは艇体の両側に1台ずつ設置される)。

Movitz号に搭載されるニッケル水素バッテリーの容量は180kWh。急速充電システムで10分充電すれば、9ノット(時速約17km)で1時間航行できる。

この急速充電システムを開発したのは、ストックホルムに本拠を置く新興企業、Echandia Marine社だ。同社は、船舶用充電システムの専門知識がある潜水艦技師が2008年に設立した。

Echandia Marine社によると、電気式に切り替えることにより、130tのCO2排出と、1.5tのNOx排出を抑えることができ、運航費用も30%削減できるという。スウェーデンのエネルギー庁がこのプロジェクトを支援している。

決まったルートを運行・航行し、停車・停泊時間が長い交通輸送機関を電気化するのは、理にかなっている。配達用トラックやバスが決まった時間に運行するのと同様に、フェリーは運航ダイヤが決まっている。Movitz号の場合は、1時間航行するごとに、乗客の乗船・下船および充電のために10分間停泊するように、ダイヤが組まれる予定だ。

ストックホルムでは面積の3割を運河が占め、「水の都」、「北欧のヴェネツィア」と言われている。また、14の小島もあるため、フェリーは重要な交通輸送手段だ。Movitz号は、ストックホルム旧市街とソルナ・ストランドを結ぶ航路を航行する予定。

引用元: 公共交通機関が電動化されるといい理由:ストックホルムの「充電式」フェリー « WIRED.jp.

ストックホルム症候群 – Wikipedia

「被害者に、ストックホルム症候群という病名を付けることには反対する。これは病気ではなく、特殊な状況に陥った時の合理的な判断に由来する状態である。自分を誘拐した犯人の主張に、自分を適合させるのは、むしろ当然である。共感やコミュニケーションを行って、犯罪行為に正当性を見い出そうとするのは、病気ではなく、生き残るための当然の戦略である」。

引用元: ストックホルム症候群 – Wikipedia.

ストックホルム症候群 – Wikipedia

リマ症候群

リマ症候群は、ストックホルム症候群とは逆に、監禁者が被監禁者に親近感を持って攻撃的態度が和らぐ現象のこと。被監禁者がストックホルム症候群になっている状況下で、監禁者が被監禁者よりも人数が極端に少なく、かつ被監禁者に比して監禁者の生活や学識・教養のレベルが極端に低い場合に起こるとされる。

1996年から1997年にかけて発生した在ペルー日本大使公邸占拠事件では、教育も十分に受けずに育った若いゲリラ達は人質と生活を共にするにつれ、室内にあった本などを通じて異国の文化や環境に興味を示すようになり、日本語の勉強を始めた者が出てきた。ペルー軍特殊部隊が強行突入をする中、人質部屋で管理を任されていた1人の若いゲリラ兵は軽機関銃の引き金に指をかけていたが、人質への親近感から引き金を引くことができずに部屋を飛び出し、直後にペルー軍特殊部隊に射殺された。

引用元: ストックホルム症候群 – Wikipedia.

キャッシュレス社会のスウェーデン、現金は近い将来消えるか 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

スウェーデンでもすべての人がキャッシュレス社会を歓迎しているわけではない。盗みを働こうとした人がストックホルムの銀行に侵入したが、現金の取り扱いがないことが分かり、手ぶらでその場を去ったという事件もあった。

引用元: キャッシュレス社会のスウェーデン、現金は近い将来消えるか 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News.

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか : 今こそ考えよう 高齢者の終末期医療 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか : 今こそ考えよう 高齢者の終末期医療 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先 生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでし た。
その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。