タグ別アーカイブ: スタンフォード

CNN.co.jp : 紙を折るだけで顕微鏡に、専門家も太鼓判 – (1/2)

米スタンフォード大学の研究者が開発した「フォールドスコープ」は、紙を折るだけで作れる手製の顕微鏡だ。子どもでも簡単に作れる上、専門家もその出来栄えに太鼓判を押し、将来は医療用途での利用も期待されている。

この顕微鏡を開発した同大のマヌ・プラカシュ助教によれば、材料費は1ドルにも満たないのに丈夫で驚くほど実用性も高いという。

実際に使ってみた研究者も同意見だ。昆虫学者で科学記者のアーロン・ポメランツ氏は、フォールドスコープをペルーのアマゾン川流域の熱帯雨林で使用した。「一言で言えば、すばらしい道具だ」とポメランツ氏。「小さい昆虫やダニや菌類や植物の細胞を、140~480倍で観察できた」

フォールドスコープは厚い紙に印刷されており、ポケットに入れてどこにでも持ち運べ、折り紙のようにほんの数分で組み立てられる。紙やレンズなどの材料費は50セント(約60円)程度だという。

ブラカシュ氏は米アトランティック誌に、扱いは簡単で子供でも組み立てられると語り、「人々に好奇心を持たせることこそ私たちの最大の目標だ」と述べた。

引用元: CNN.co.jp : 紙を折るだけで顕微鏡に、専門家も太鼓判 – (1/2).

首相 中小企業や人材をシリコンバレーに NHKニュース

アメリカを訪れている安倍総理大臣は日本時間の1日朝、西部サンフランシスコ郊外のスタンフォード大学の公開講座で、IT企業などが集まるシリコンバレーに日本の中小企業や人材を送り込み、日米の間の事業提携や投資を促進していく考えを示しました。

安倍総理大臣は日本時間の1日朝、サンフランシスコ郊外にあるスタンフォード大学の公開講座で、ヘネシー学長、シュルツ元国務長官と対談しました。

この中で安倍総理大臣は、IT企業やベンチャー企業などが集まるシリコンバレーの活力をたたえたうえで、「日本には世界に誇る技術力を持ちながら、地域でくすぶっている中小企業がたくさんある。この中から5年で200社を選りすぐり、シリコンバレーに送り込み、新しい会社として生まれ変わることに挑戦してもらいたい」と述べました。

また安倍総理大臣は、「ベンチャーに挑戦する人、大企業で新事業に挑戦する人などを毎年100人募集し、この中から選りすぐりの30人をシリコンバレーに送り、新たな事業の立ち上げに挑戦してもらう」と述べました。

そのうえで安倍総理大臣は、「日米の国境を越えた、事業提携、投資を大いに進めていく。日本とアメリカ、日本とシリコンバレーの連携をより強固なものとし、日米の発展と絆の厚みのある進化に貢献できることを願っている」と述べました。

引用元: 首相 中小企業や人材をシリコンバレーに NHKニュース.

目の健康をチェックするiPhoneアプリ – 革新的発明と製品情報

スタンフォード大学の研究者は、90ドル以下の目検査用iPhoneアクセサリーを開発した。コンパクトなサイズを持って、iPhoneのカメラのところに取り付けると、2つのアダプタで眼球や網膜などにクローズアップ写真を撮影し、目の健康をチェックすることができる。

引用元: 目の健康をチェックするiPhoneアプリ – 革新的発明と製品情報.

わずか1ドル、10分で作成可能な「紙の顕微鏡」 « WIRED.jp

紙の上に印刷。いくつかのコンポーネントと組み合わせて10分以内で作成できる「折り紙顕微鏡」が開発された。

スタンフォード大学のバイオエンジニア、マヌ・プラカシュとその同僚たちによると、この顕微鏡をつくるのに必要なすべてのパーツは1ドルにも満たないという。彼らは3月5日付けで「arxiv.org」で発表した論文で、この顕微鏡について説明している。

プラカシュ氏は、3月7日にアップロードされたTEDのプレゼンテーションの中で、この顕微鏡の目的は、発展途上国で広く使用できる安価な医療スクリーニング・ツールを提供することだと述べている。大量生産しやすいので、教育や調査などにも使いやすい。

顕微鏡の本体となるパーツは、輪郭線を紙に印刷してから切り取る。折り重ねると、折り紙の原理により、すべての光学パーツが適切な位置に並ぶようになっている。

ほかには、レンズや、照明のためのLED、デジタル腕時計に使われるようなボタン電池などのパーツが必要となる。試料は、ガラス製の顕微鏡スライドではなく、「テープの粘着部」に付ける。

レンズに応じて、顕微鏡は最大2,000倍の倍率を提供できる。これは、マラリアなどの疾病を引き起こす寄生虫を確認するのに十分な倍率だ(以下の例)。

引用元: わずか1ドル、10分で作成可能な「紙の顕微鏡」 « WIRED.jp.

グーグル、フェイスブック、アップル、ツイッターに入るにはどの大学が有利か? – Market Hack

まずクウォーツも指摘しているように「有名大学出身というのは不利にはならないけれど、意外に大学所在地が大きく関わっていることがわかる」としています。

具体的にはアイビーリーグ(東海岸の有名私立大学)よりも西海岸の大学が多いという点です。

スタンフォードは当然としてカリフォルニア大学(UC)バークレー校も圧倒的な強さを示しています。この2大学が明らかに「常連」であり、第3位には難関校、カーネギーメロンが入っています。

以下、MIT、UCLAは当然として、ミシガン大学アンアーバー校の健闘が目を引きます。

さらにシアトルにあるユニバーシティ・オブ・ワシントン(UW)のランクが高いのも意外でした。

サンノゼ・ステートはシリコンバレーのお膝元の大学なので上位にランクされています。

引用元: グーグル、フェイスブック、アップル、ツイッターに入るにはどの大学が有利か? – Market Hack.

厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com

7. ほめると人は弱くなる

ミスター・Kが私たち生徒をほめることはほとんどなかった。最高のほめ言葉は「悪くない」だった。スタンフォード大学のキャロル・ドゥエック心理学教授は「賢い」とほめられた10歳の児童は自信をなくすことに気づいた。しかし、「一生懸命勉強している」と言われた生徒は自信がついて、成績も上がった。

教授は2007年の論文で、「うまくできれば賢いというのであれば、一生懸命頑張っているのは賢くないということになる」と述べている。

引用元: 厳しい教師が優れた成果を上げるのはなぜか – WSJ.com.

昆虫が痛みを感じない理由は寿命の短さにあった?(米研究) : カラパイア

痛みとは高等動物のような長い寿命を持つ生き物が、その生き物の生を全うさせることに一役買っている。いやな経験から学習する能力が、未来を脅かす出来事を避けるチャンスを与えてくれるのだ。

ところが昆虫類には痛覚がないため、少なくとも我々が感じるような痛みを感じることはない。なぜなら痛みを記録する必要がないくらい、昆虫のライフサイクルは短く、寿命は直ぐに尽きる。

米国カリフォルニア州、スタンフォード大学の研究者らがこの説を実証した。毛虫やバッタは幼虫の時、生きたまま飲み込まれてもその日々の生活を改める必要はない。昆虫たちは体が傷ついていても泣いたり喚いたりせず、いつもどおりの働きをやめないのである。

5_e2

昆虫のほとんどは、数日で寿命を終える。彼らはどのみちすぐに死んでしまうので痛みを記憶し回避する必要がないのだ。昆虫たちの活動はあらかじめ組み込まれているロボットのようなものなので、彼らが行動や活動を省みて学ぶことなど、無に等しいのである。

だが、研究者たちの中にはこの説に異を唱える者もいる。

ミバエを使った似た実験がスタンフォード大学で行われた。ミバエに熱プルーブで熱を与えると嫌忌のリアクションのようなものを見せたのだ。研究者たちはこれを見て、嫌忌のためのニューロンの働きを発見することに成功した。だが、それが本当に痛みを感じて出た反応なのか、熱に対するプログラムされた反射神経なのかは意見が分かれている。

10_e3

いずれにせよ、昆虫が痛みを感じる決定的な証拠はまだ見出されていない。昆虫は全生物の70%を占めていると言われている。痛みを感じそれを学習し痛みを回避するというよりも、その数をもって種を存続させているという見方をする方がわかりやすいのかもしれない。

引用元: 昆虫が痛みを感じない理由は寿命の短さにあった?(米研究) : カラパイア.

東大・中内教授:iPS有力研究者が米国流出- 毎日jp(毎日新聞)

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療研究の第一人者、東京大医科学研究所の中内啓光(ひろみつ)教授(61)=幹細胞生物学=が、米スタンフォード大に年内にも研究室を開設し、3年半後に完全移籍することを毎日新聞の取材に明らかにした。中内教授は、iPS細胞を使ってブタの体内でヒトの臓器を作製することを目指すが、日本では現在、研究指針で禁じられている。政府の成長戦略の柱となっている再生医療のトップランナーの「頭脳流出」は波紋を広げそうだ。

研究指針については、政府の生命倫理専門調査会が今年8月、中内教授の研究を踏まえ、動物の受精卵にヒトの細胞を入れて、子宮に戻す基礎研究を条件付きで容認。5日、指針改定に向けた議論が始まる。

だが、中内教授は、規制によって研究が2年半停滞したと指摘し、「もしこの研究しかしていなかったら、とっくに海外に移っていただろう」と明かした。「今後指針が改定されるとしても実施までは何年もかかる。リスクをとらないという日本特有の体制では、新しいことはやりにくい」と語った。中内教授によると、数年前から、スタンフォード大や英ケンブリッジ大など海外の複数の大学から移籍の誘いが来ていた。

スタンフォード大には教授として赴任し、カリフォルニア再生医療機構から6年で約6億円の研究費が支給される。東大の定年までは日本でも研究するが、3年半後は完全に米国に拠点を移す。中内教授は「(移植可能な臓器を作るという)医学上の利益が目的。日本での研究の遅れの責任は誰が取るのか」と話した。

引用元: 東大・中内教授:iPS有力研究者が米国流出- 毎日jp(毎日新聞).

オバマ氏の大統領令が、特許ゴロのばかげた悪用を阻止する | TechCrunch Japan

知的財産の囲い込みは、アメリカで多くの偉大なイノベーターたちが主張してきた由緒ある伝統だ。ライト兄弟は補助翼(翼につけられた着陸時に伸びる小さなフラップ)を持つ飛行機を商品化する者は誰でも訴えると脅した。「1917年に政府が介入し、ライト兄弟に特許をライセンスするよう命じたことで、ようやく飛行機のイノベーションが本格的に始まった」とスタンフォード法科大学のマーク・レムレー教授は書いている。

引用元: オバマ氏の大統領令が、特許ゴロのばかげた悪用を阻止する | TechCrunch Japan.

ゴールドラッシュ – Wikipedia

リーランド・スタンフォードは、ニューヨークからサクラメントへ移住しゴールドラッシュ時の雑貨商として事業を繁栄させ、さらにセントラルパシフィック鉄道を創設し大陸横断鉄道時代に貢献した。また、愛息の死を痛み、その名前を永遠に残すためパロアルトの牧場に設立されたものがリーランド・スタンフォード・ジュニア大学、通称スタンフォード大学である。

引用元: ゴールドラッシュ – Wikipedia.