タグ別アーカイブ: スケール

世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース

「プラレール」や鉄道模型「TOMIX」で知られるタカラトミーは2015年5月26日(火)、「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」の発売を明らかにしました。

車両はJR東海の超電導リニアL0系がモチーフ。L0系は2015年4月、603km/hという世界最速記録を達成している(画像出典:タカラトミー)。

ポイントは、本物の超電導リニアと同様に磁力で浮上し、磁力で走行すること。タカラトミーは「磁力浮上・磁力走行する世界初の量産型ミニチュアリニアモーターカー」といいます。

ただし、浮上走行するシステム自体も本物の超電導リニアのように、ニオブチタン合金を液体ヘリウムを使ってマイナス269度に冷却、超電導状態を生み出して高速走行――というのは無理な話です。タカラトミーが独自開発した「高速磁気センサー」技術を用い、回転式モーターや車輪、ギアといった通常駆動に必要な要素を一切排除。車両に搭載した磁石とコイル、それとレールに取り付けられた磁石との反発によって、非接触で浮上走行するそうです。

同社によると、車輪と地面との摩擦が無くなり高速走行が実現したといい、実際の超電導リニアL0系が予定している営業最高速度と同じ、500km/hのスケールスピードを達成(模型のサイズは90分の1)。また摩擦が無いため、走行音も静かだそうです。

引用元: 世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース.

スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese

ゲーム『スーパーマリオワールド』の世界における表面重力は地球の約8倍(78m/s2、7.96g)であり、おそらくは太陽系外の巨大ガス惑星上に構築されたプラットフォーム上のできごとである可能性が高いとする計算結果を、米ニューヨーク大学の宇宙物理学者 Gabe Perez-Giz 氏が発表しました。

といっても真面目な論文でマリオ世界の実在を論じたわけではなく、米国の公共放送ネットワークPBSで始まった物理・科学教育番組 PBS Space Time のウェブ向けミニエピソードの話です。本編約6分は下に貼り付けた動画でごらんください。

要するに重力加速度とはなにか、地球では9.8m/s2 だがこうやって求められます、数式ではこうなります、では応用としてマリオのジャンプ力の秘密を 仮に実在する環境だったどうなるか? で計算してみましょうとの趣向です。

マリオの縦方向ピクセル数と半公式な身長(150cmちょっと)からゲーム画面内のスケールを割り出し、ジャンプの距離と速度から割り出した結果、スーパーマリオワールド(SNES / スーパーファミコン版)での重力加速度は、マリオのジャンプと落下の速度から計算して 78m/s^2。つまり地球の表面重力の約8倍。

重力が弱いからふわふわと高くまで飛んでいるわけではなく、人間ではただ横たわるにも耐え難い大重力のなかで凄まじい脚力を以ってジャンプしているからこそあの高度と速度という結果になりました。さらにそこまで大重力の惑星は地球型では存在が難しく、太陽系外の巨大なガス惑星上に何らかの力で支えられた平坦なプラットフォーム上のできごとであろう(と考えれば一応辻褄はあう)と結論づけています。

引用元: スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese.

大学入学で息子をキャンパスの寮に下ろそうと思ったら、なぜかクネクネ女学生で溢れるディスカウントストア、ターゲットの駐車場に入ってしまった件 – Market Hack

つまり僕が言いたいことはアメリカでは大学もBIG BUSINESSだということ。因みにUCLAは中国に50店舗もの「UCLAショップ」を展開しているそうです。だから「所詮、日本の大学とアメリカの大学では予算のスケールがぜんぜん違う」という冒頭のブロガーの人の指摘は僕もずっしりと感じました。今から日本の大学がアメリカの大学の向こうを張ると言ったって、予算、教育の質、学生の質、研究内容など、全ての面でハンデが大きいです。因みにインドや中国などの新興国では「アメリカに対抗する大学を国内に作るのはリターンの効率が悪い。それより先ずアメリカの大学に優秀な学生をどんどん送り込んで、最大限、利用し尽くそう」という考え方があります。実際、日本国内に世界レベルで戦える大学を作るには、まず「敵を知る」という意味で、アメリカやイギリスの大学の内情を偵察しなければいけないわけだけど、それすら中国、インド、韓国などに大きく後れを取っているわけです。

引用元: 大学入学で息子をキャンパスの寮に下ろそうと思ったら、なぜかクネクネ女学生で溢れるディスカウントストア、ターゲットの駐車場に入ってしまった件 – Market Hack.

銀座でバイトからの汐留の内定取り消し

そもそも銀座のバイトなんぞ婉曲表現が必要なほど、バーのホステスというのはタブーな職業だろうか。女性が男性に酒を振る舞い、会社でも家庭でも誰も耳を貸さないスケールの小さい自慢話を懇意に聞く—立派なビジネスではないか。銀座のバイトを後ろめたいものとみる共通意識こそ、男性社会の卑小さと罪悪感の表象じゃなかろうか。

引用元: 銀座でバイトからの汐留の内定取り消し.

あんまビジネス志向ではない独立をした人のほうが仕事に誠実なように思える: やまもといちろうBLOG(ブログ)

身の回りでこのところの好景気もあって独立を志向する人が増えているのも事実だと思うんですよね。

ただ、いままで組織の中にいたり、渡り歩いていても何がしかのスキルを武器にプロフェッショナルで頑張ってきた人が、フリーになったり起業したりしているのを見ていると、あまりスケールしない独立の仕方をしていることが多いんです。

スケールしない、というのは、誰かが独立して、まあ凄い人なんだけど、組織の看板があるからその人に予算がたくさんついて、事業なりコンテンツなりが回っていたのが、そういう組織から飛び出た瞬間に人月幾ら、一山幾らの世界に陥る。で、仕事を大きくしようにも、その人だからそのクオリティが保たれていたわけで、そこに小僧が何人か丁稚していてもカネの取れる仕事量は増えないだろ的な。

例えば、尊敬する人で言うと安倍宏行さんが先日独立されて、ウェブメディアを作った。一個一個は面白いし、人選も良くできてるんだけれども、なんかサイトのバナーは被ってるしデザインがいけてなくて一時代前の仕上がりのままになってて興味深い。なんか、長年頑張ってきた人が路地横の店改装して喫茶店はじめた感じの佇まいなんですよね。

引用元: あんまビジネス志向ではない独立をした人のほうが仕事に誠実なように思える: やまもといちろうBLOG(ブログ).

参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO

2つ目はIDC空間の不足。これは後述のネットワークレイヤのセッションでもあったのですが、LINEさんでは基本的に物理サーバで構成していて、サーバ台数だけで5桁(万単位)の台数があり、そうするとIDCの物理的スペースを食いつぶしてしまいサーバを設置する場所が無いという事態が発生しているそうです。LINEサーバのクラスタの仕組みで最も多く使っているのはApache HBaseだそうですが、経験則として1000台以上のクラスタ構成にすると性能が出ず、またサーバ台数を増やしていくとその分故障の可能性が増えるため運用コストが増加してしまいます。そのためサーバ台数を減らす施策として、サーバのスケールアップによる集約と、そして段階的に仮想化を行っているところとのこと。スケールアップとしてはCPUやメモリなど様々な方策がありますが一番ボトルネックとなったのはDisk I/Oで、ここは検証した結果最もIOPSが高かったPCIE-SSDを導入することで高いパフォーマンスが発揮出来たとのこと。また仮想化についてはVMware vSphereを使われており、1物理サーバに対し10VMくらいを割り当て、現在は数千台くらいのGuestOSが動作しているそうです。

引用元: 参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO.

Snapchatを支える技術:768台のRedisをGoogleクラウドで構築 #gcpja – Qiita

Snapchatの成功のカギがGCPのPaaSであるApp Engineであったことは、じつは昨今のImmutable InfraやDockerのムーブメントに通じるところがある。それは、

App EngineではアプリケーションをDisposableかつStatelessでShared Nothingに設計しなくてはならない

アプリケーションをVMではなく超軽量なコンテナで運用し大規模にスケールアウトさせる

構成管理とデプロイをRepeatableにしてバージョンアップやフェイルオーバーに手間をかけない

といった点だ(ただしApp EngineにはDockerほどのプラットフォーム透過性はない)。例えばApp EngineにGoのアプリケーションをデプロイすると、およそ50ms(!)ほどでコンテナが起動し、トラフィックのスパイクがあるとまたたく間に数100や数1000の規模でオートスケールする。また、アプリケーションのImmutable設計が強制されるおかげで、大規模なバージョン切り替えやデータセンター間フェイルオーバーさえGoogle任せにできる。

引用元: Snapchatを支える技術:768台のRedisをGoogleクラウドで構築 #gcpja – Qiita.

荻上チキ「2014年に覆すべき誤った経済の常識」 ( page 3 ) « ビジネス « モア « ファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN

意識の高い方がしばしば人がおっしゃる、「日本はもう成長しないからだんだん減っていく資産でのんびりうまくやっていこう」、という論調にはご注意ください。こういう意見をファッションとして格好いいと思っておっしゃっているのかもしれませんが、はっきりと有害なんですね。特に若者は気を付けなくてはいけない。本当にそういった社会になると、それはいま持っている人が徹底的に強くなる社会にしかなりません。そして、いま持っていない人が段々と衰弱していくことを肯定することになります。パイが少なくなるということは配るパイも少なくなるし、企業活動のスケールも小さくなります。格差がさらに広がり、犯罪も増え、虐待とかDVも増えます。成長を抜きに再分配はできない。そのことを、この20年で嫌というほど知るべきです。

経済成長がこれ以上見込めない社会であっても、工夫をすれば幸せで安定した社会になり得るというのは、既に逃げ切れる人とかインテリ層のリアリティなのかなという感じがします。漠然とした美辞麗句に流されることなく、「その言葉を徹底すると、誰が得するのか」を考えるようにしてほしいなと思います。

引用元: 荻上チキ「2014年に覆すべき誤った経済の常識」 ( page 3 ) « ビジネス « モア « ファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN.

よしづみぶろぐ: AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由

2.ロードバランサーのプレWramingが必要無いAmazonのElasticLoadBalancerELBは突然のスパイク(急激なアクセス増)を適切に扱うように設計されておらず、顧客はAWSにプレWarmingを申請し、ELBが想定リクエスト量に対応出来るように準備しておく必要があります。これはAWSサポートのサブスクリプションが必要ということになります。GCEのロードバランサーはプレWarmingは必要ありません。突然のスパイク的なトラフィックについても即座に対応するようスケールします。詳細は『ComputeEngineのロードバランサーは百万リクエスト/秒を処理(本文は英語)』を参照ください。

引用元: よしづみぶろぐ: AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由.

ニューヨーク・タイムズ:コメに対する補助金はJA(全農)に代表される官僚機構を太らせている – Market Hack

今日(1月10日付け)のニューヨーク・タイムズのB1面(ビジネス・トップページ)に「日本が国産米の保護を再考しはじめている」と題する記事が掲載されました。

NYタイムズの説明では、日本はこれまでコメを単なる農産物以上の、神聖な存在と考え、日本農業の誇り高き伝統を守るのみでは無く、日本国民の心のよりどころとして、「貿易交渉の対象にするなど、とんでもない」という考えから、778%という高い関税を輸入米に課すことで、国内の農家を守ってきました。

NYタイムズは、さらに「日本のコメ農家は、平均して1年で30日しか農作業をしない」と指摘し、補助金で守られた零細な農家は、スケールメリットを出せないけれど、JA(全国農業協同組合=全農)で働く21.6万人の組合員にしてみれば、「零細農家が零細なまま、維持されることは、逆に都合が良い」と解説しています。

その理由はJAはそれらの農家からコメを集荷し、販売することで、手数料を得ているからです。このような状況を、コメに適用されるような各種の保護を受けていないフルーツや野菜の栽培業者は「コメに対する補助は、実際のところ農家を守っているというより農協の利害のためにある。農協は、ひる(Leech-off)のように、農家に吸いついて、その血を吸っている。これが農業経営を改革できない本当の理由だ」としています。

記事中、越後ファームという自然農法プレミアムこしひかりの栽培企業の近正宏光社長のエピソードが紹介されており、同社が10年前にオルガニック農業によりコメを栽培するベンチャーを立ち上げようとしたところ、官僚から田んぼのリースの取得に際し、いやがらせを受け、また地元の農家から田んぼに石を投げ込まれたり、自分が立ち去った後で塩を撒かれたりしたことを打ち明けました。

近正氏によると「日本のコメ農家が駄目になっているのは、自由貿易協定とは無関係で、都会の人たちが考えているような理想郷的なコメ作りは、過去のモノになっている」のだそうです。

引用元: ニューヨーク・タイムズ:コメに対する補助金はJA(全農)に代表される官僚機構を太らせている – Market Hack.