タグ別アーカイブ: スケーラブル

リバーシブル仕様の新USB規格「Type-C」、仕様策定が完了 – CNET Japan

USB 3.0 Promoter Groupが、新しいUSB規格の策定作業を完了したと発表した。

2013年12月に発表された「USB Type-C」と呼ばれる新たな仕様は、現行のUSBのデザインが抱える複数の問題点を解消する狙いがある。おそらく、最も歓迎すべき点は、リバーシブルなプラグの採用で(コネクタを)「正しい向き」にしなくてもよいことだろう。Appleの「Lightning」コネクタと同様、ポートに対して上下どちら向きでも挿入できる。

また、新しいUSBのデザインは、小さくモバイル端末にフィットすると同時に、ノートPCやタブレットにも使用できる頑丈な作りになっている。

USB 3.0 Promoter Group会長を務めるBrad Saunders氏は、「USB Type-Cコネクタに対する関心は、世界的なものになっているだけでなく、業界共通のものになっている」と述べた。「PC、モバイル、自動車、モノのインターネット(IoT)といった業界から、関係者がわれわれのところにやって来ており、この新たな規格に期待を寄せている。次世代のUSBコネクタを持続性の高い強固なソリューションとして標準化するため、業界リーダー間で広範で協力的な作業が行われてきたが、この仕様は、そうした取り組みが成就したものだ」(Saunders氏)

新たなUSB仕様は、「micro USB 2.0 Type-B」コネクタと同等の大きさで、ポートのサイズは8.4×2.6mmになっている。しかも、10Gbpsの「SuperSpeed USB」(USB 3.1)との互換性もある。また、最大100Wの「USB Power Delivery」にも対応し、スケーラブルな充電やUSB性能に対する将来的なニーズにも対応する。

当然のことながら、既存のUSBプラグやレセプタクルとの互換性はない。業界がゆっくりと新たな規格への移行に取り掛かる一方で、USB Type-Cは、さまざまな端末に使われている他のUSBポートと共存することになり、そして、まったく新しいケーブルやアダプタが提供されることで、消費者は既存のテクノロジとともに新たなコネクタを使用できるようになる見込みだ。

引用元: リバーシブル仕様の新USB規格「Type-C」、仕様策定が完了 – CNET Japan.

コラボレーション型ワイヤレスLANアクセスポイントのエアロハイブ・ネットワークスがIPOへ – Market Hack

モバイル・ネットワークのセキュリティ要求度が複雑化、高度化するにつれて、硬直的なこのようなシステムでは対応できなくなりました。

一部の顧客は全てのリモート・サイトにワイヤレスLANコントローラを買うような、粗野で割高な方法で問題解決しようとしました。

しかしメモリーやCPUの単価が劇的に安くなったので、わざわざ高価なワイヤレスLANコントローラの箱をリモート・サイトに置いて回らなくても、ワイヤレスLANアクセスポイントに制御チップを埋め込み、交通整理をしやすくすれば、いままでよりずっと安価にスケーラブルなエンタープライズ・ネットワークが構築できるようになるのです。

エアロハイブ・ネットワークスはそのような「かしこい」コラボレーション型ワイヤレスLANアクセスポイントとクラウド・ベースの制御ソリューションを提供することで、高価なワイヤレスLANコントローラを無用にすることを実現しました。

このためシスコより60%も安い価格設定になっています。

引用元: コラボレーション型ワイヤレスLANアクセスポイントのエアロハイブ・ネットワークスがIPOへ – Market Hack.

Micron、DDR3メモリ形状の並列処理向けプロセッサ – PC Watch

米Micron Technologyは18日(現地時間)、DDR3メモリモジュールの形状をした並列処理アクセラレータ「Automata Processor」を発表した。

Automata Processorは、メモリ技術を応用した並列処理向けのプロセッサ。DDR3メモリモジュールと同じ形状をしているものの、一般的なメモリデバイスではないため通常のマザーボードでは利用できず、専用のボードに挿し、SDKを通して利用する。ユーザーが動作を定義可能なプロセッサを複数搭載し、膨大な非構造化のストリームデータを構造化する処理に有効としている。

スケーラブルに拡張できるのも特徴で、数万から数百万のプロセッサ群を構築できる。生物学における解析やビデオ/画像の解析、ネットワークセキュリティ対策分野などに応用できるとしている。

引用元: Micron、DDR3メモリ形状の並列処理向けプロセッサ – PC Watch.

CORPORATE PREFECTURES OF JAPAN MAP – 漂流する身体。

ここんとこ、地方は工場の誘致という時代でも無いので、一次産品の輸出に活路を見出している話を聞く。それはそれで素晴らしいけれど、この特産物を一次産品として売るだけでなく、一ひねりして加工度を上げ、外食産業や食品産業に仕上げれば、付加価値が上がって雇用創出力も増えるし、よりスケーラブルになるんじゃないかな。

では、どうやって産業にするかだけど、ゲームの天下統一みたいに、県内の豪族が自然に糾合して県を代表する大勢力になっていくイメージは外食には当てはまらない。はなまるうどんが大きく花開いたのがオリジンの香川で無いように、多分その外食産業を仕上げるのは、ご当地の県じゃなく、違う所なんだと思う。宮崎でチキン南蛮と冷汁のチェーン作ろうとしても、もっと旨い店は山ほどあるし、食べ慣れてるから好みも分散して、大勢力にならなそう。だから、むしろチャンスは宮崎料理がレアな所では無かろうか。そしてそれは特殊な大都市の東京や大阪じゃなくて、まずロードサイド。ロードサイドで戦えるオペレーションが確立できれば、東京大阪以外の日本全国及びアジア都市圏全域が市場になる。だから、自治体は県内外食の他県進出支援をするのが面白いんじゃなかろうか。

引用元: CORPORATE PREFECTURES OF JAPAN MAP – 漂流する身体。.

Amazon CTOに聞く、NoSQLデータベース「DynamoDB」がクラウドに何をもたらすのか? - Publickey

Amazon CTOに聞く、NoSQLデータベース「DynamoDB」がクラウドに何をもたらすのか? - Publickey: クラウドの領域ではまだ標準化は早いと考えている。あまりにも早い段階での標準化はイノベーションを阻害するからだ。顧客から弊社への要望も、よりイノベーションにフォーカスしてほしい、というものだと理解している。

重要なのは、顧客が方向性をリードすることであって、例えば今回のDynamoDBも、顧客からのスケーラブルでメンテナンスが不要なデータベースがほしいという要望に応えたものだ。クラウドで世界が変わっていく、その中でまずはイノベーションにフォーカスしている。標準はそのあとからやってくるのだと考えている。