タグ別アーカイブ: シリコン

シリコンバレーの不況は、もうそこまで来ている – Market Hack

つまり株式市場の投資家は、儲からないIPOに辟易としており、軽いノリでIPOしてくるクソ企業の案件に食傷しているわけです。

ユニコーンといえば聞こえがいいけど、要するにそれらの企業はいつまでたっても大人に成長できないダダッコみたいな未熟な企業で、VC近辺ではいまだにチヤホヤされているけれど、公開市場の投資家の見る目は厳しいです。

先日、ユニコーンのひとつ、ギルト(GILT)が、ピーク・プライベート・バリュエーションの僅か1/4で身売りし、関係者を「あっ!」と言わせました。

いい加減、目をさました方がいいですよ。

引用元: シリコンバレーの不況は、もうそこまで来ている – Market Hack.

【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

昨日外資投資銀行で採用をしているアルファ道場生と話をしていたら、投資銀行部門でも新卒採用の多くは外国人留学生になってきていると言っていた。

この傾向は前からだが、いよいよ顕著になってきた。やっぱりこの日本ののんびりした雰囲気は日本を負け組へ誘導していると思うんだよね。シリコンバレーで共感したことの一つはみなが真剣に、必死になって頑張っていること。それが当たり前。なんか日本は頑張っていることに対してネガティブな雰囲気が出てきてない?なんでそんなに頑張ってんの??みたいなさ。

真剣に必死にやる人が勝って富を得るわけで、それをやらない個人や組織が世界で勝ち続けられるわけがない。それで日本企業の競争力が落ちて、雇用が支えきれなくなって、税金が減って、国が滅びていく。国はご丁寧にワーク・ライフ・バランスとか朝に働きましょうとかご指導してくれてるけど、そんなのいらねーつうの。

真剣に必死にやりたいやつはどんどんやらせて世界に出すべきだし、そいつらに投資しまくったほうが孫正義とか三木谷さんのように大量雇用してくれる会社創ってくれるだろ。こんな生ぬるい社会の雰囲気を作ってると、元気のいい日本人は海外に出て行くし、外国人留学生は更に日本で圧勝だ。

真剣に、必死にやるのがカッコイイ。

そんな当たり前の雰囲気にしたいな。

引用元: 【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).

首相 中小企業や人材をシリコンバレーに NHKニュース

アメリカを訪れている安倍総理大臣は日本時間の1日朝、西部サンフランシスコ郊外のスタンフォード大学の公開講座で、IT企業などが集まるシリコンバレーに日本の中小企業や人材を送り込み、日米の間の事業提携や投資を促進していく考えを示しました。

安倍総理大臣は日本時間の1日朝、サンフランシスコ郊外にあるスタンフォード大学の公開講座で、ヘネシー学長、シュルツ元国務長官と対談しました。

この中で安倍総理大臣は、IT企業やベンチャー企業などが集まるシリコンバレーの活力をたたえたうえで、「日本には世界に誇る技術力を持ちながら、地域でくすぶっている中小企業がたくさんある。この中から5年で200社を選りすぐり、シリコンバレーに送り込み、新しい会社として生まれ変わることに挑戦してもらいたい」と述べました。

また安倍総理大臣は、「ベンチャーに挑戦する人、大企業で新事業に挑戦する人などを毎年100人募集し、この中から選りすぐりの30人をシリコンバレーに送り、新たな事業の立ち上げに挑戦してもらう」と述べました。

そのうえで安倍総理大臣は、「日米の国境を越えた、事業提携、投資を大いに進めていく。日本とアメリカ、日本とシリコンバレーの連携をより強固なものとし、日米の発展と絆の厚みのある進化に貢献できることを願っている」と述べました。

引用元: 首相 中小企業や人材をシリコンバレーに NHKニュース.

愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話

「どこどこにシリコンバレーを作る」といった話を聞くと、上記の図のどこの部分の話をしているのか?というのが大事です。なぜならシリコンバレーというのはアメリカスタイルのVCが増えましたとか政府が特区を作りましたとかそういった個別の話ではなく、全体の話です。

これはバスケでいうと二つ目のNBAを作る!みたいな話で視聴者がいっぱいいるならできるんでしょうけどそんなにいないと一極集中しちゃうという事だと思います。ここでいう視聴者は資本市場であり、その中身は年金基金とかであって、彼らみたいなニュートラルな投資家のみなさんがシリコンバレーのサイズを決めているわけです。で、世界の資本市場レベルでみるとシリコンバレーというのは半径車で30分のちっぽけなエリアにとどまっており、それ以上のサイズに広がるだけの需要は資本市場はいまのところはありません。というのも、結局資本市場が見ているのはIRR(投資収益率)であって、必要以上に投資したらリターンが下がるだけである中、VCというのは上位5%~10%を除くと対してリターンが出ていないという世界で、そもそも一極集中は避けられないほどの規模です。そういった中で、あえてシリコンバレーの二つ目を作るとしてそれは資本市場の誰が求めているからなのか?というのが最初の重要な問いになるでしょう。

引用元: 愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話.

愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話

ちなみに、この規模が小さいがゆえに自然に起こった局地的な集中は、別に戦略的に作られたわけではありません。ITで成功しまくった人たちが増えるにしたがって、だんだん環境がイノベーションを起こして生活するみなさんに最適化されてしまい、もはやIT関係者以外の人たちには住みにくくレベルで謎の生活環境ができあがりました。やはりポイントはこの「利害関係者の種類が少なくなりすぎて、勝手にいろいろな環境が最適化された」ということであり、アメリカ自身も二つ目のシリコンバレーを戦略的に作ることはできていないわけです。結局、上記の図にでてくる様々なプレイヤーのうち、個別のプレイヤーがどうであっても環境としては変化していないわけで、だからといってみんながみんな、いっせーのせ、で、「一緒にシリコンバレーを作りましょう!」というのは難しいから、まだできていないということなんでしょうね。

ただまあやるなら、そこの地域にいるIT関係者以外のすべてのみなさんが激怒するような環境であることが大事だと思います。それが最適化ということであり、それが集中するということだから。

引用元: 愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話.

サンフランシスコ49ersの新ホームスタジアムにはテックな仕掛けが満載 – TechCrunch

Levi’s Stadiumで最も注目されているのは、テクノロジー関連の設備だ。

スタジアムにはWiFiが備えられており、1000ものアクセスポイントが用意される。速度は40 Gbpsとなっている。これまでの最高にくらべても40倍のキャパシティを持つことになる。

またスタジアム用のアプリケーションもあり、いろいろなカメラアングルでのリプレイ画像を、モバイルデバイスで簡単に見ることができる。アプリケーションは電子チケットとしても機能し、座席から離れずに食べ物屋飲み物をオーダーするのにも利用することができる。

シリコンバレーの住人が望みそうなことをことごとく実現したスタジアムと言えるのかもしれない。

引用元: サンフランシスコ49ersの新ホームスタジアムにはテックな仕掛けが満載 – TechCrunch.

ヤフーが米国法人 現地のスタートアップ開拓、日本進出支援 – ITmedia ニュース

ヤフーは6月4日、米国の有望なスタートアップ企業の支援などを目的とした100%子会社の現地法人「YJ America」を設立し、業務を開始したと発表した。

ワシントン州シアトルに本社、シリコンバレーやサンフランシスコのあるカリフォルニア州に支社を設置した。

米国の有望なスタートアップやネットサービスを開拓し、日本進出を支援するほか、日本向けネット広告やEC、スマートフォンアプリなどの領域を中心に、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を使ったビジネス支援やコンサルティングを行う。

引用元: ヤフーが米国法人 現地のスタートアップ開拓、日本進出支援 – ITmedia ニュース.

フランス当局、グーグルに圧力:10億ドル超の税金滞納問題 « WIRED.jp

グーグルは、今回提出した四半期(2014年3月31日締め)収益報告の中で、同社がフランス国内で過去数年間にわたって税を回避する行為を行ったとフランス政府が判断し、同社に圧力をかけてきていることを認めている。

「TechCrunch」の記事によると、グーグルの報告では、同社のフランスにおける売り上げは1億3,800万ユーロ(195億円)と比較的少ない。これに対して、アイルランドにおける売り上げは124億ユーロ(約1兆7,500億円)と段違いに多いという。

パリにあるグーグルのオフィスに関する情報から判断すると、グーグルのフランスにおけるプレゼンスはかなり大きいように見える。当然のことながら、アイルランドのほうが、法人税率ははるかに低い(12.5%)。

アイルランドは、以前からシリコンヴァレー企業の節税策に好んで使われてきた。「ダブル・アイリッシュ」と名付けられた手法もある(2013年1月における法人所得課税の実効税率は、フランスが33.33%、ドイツが29.55%、イギリスが24.0、米カリフォルニア州が40.75%。日本は2014年度まで復興特別法人税が10%加算されており、法定実効税率38.01%とされる)

グーグルは「フランスの法律に従ってビジネスを行っている」と主張しているが、フランス政府は、低い税率が適用されるよう、フランスにおける契約を、あたかもアイルランドにおける契約のようにグーグルが見せ掛けたと判断し、厳しい取り締まりを始めた模様だ。

引用元: フランス当局、グーグルに圧力:10億ドル超の税金滞納問題 « WIRED.jp.

虫の良すぎるグーグルの無議決権株デビューでナスダックが滝のように…… – Market Hack

先日、グーグルがクソな無議決権株式をドハーっと出したことで(シリコンバレーって、なんでもアリなの?)と、心ある一部投資家から危惧の声が聞こえてきました。

案の定、今日、グーグル株が急落しており、それが引き金となってナスダックが滝のようになっています。

グーグルがクラスC株をデビューしたことの真意は:

1.よく頑張ってくれた社員に株でボーナスを出すときも、議決権は渡さない

2.M&Aするとき無議決権株をどんどん出せば、創業者の支配権を薄めずにどんだけでも買収できる

というところにあります。

こんな虫の良い話って、あるでしょうか?

引用元: 虫の良すぎるグーグルの無議決権株デビューでナスダックが滝のように…… – Market Hack.

On Off and Beyond: リスクをとる

「意味のないリスクをとる人は頭がおかしい人。シリコンバレーはリスクをとればリターンも大きいからリスクをとる。日本ではリスクをとってもリターンが少ないことが多いからリスクをとらない。人は合理的」というようなことを言ったつもりなのだが、口ではうまく説明できなかったかも。

日本は

大企業=ローリスクハイリターン

ベンチャー=ハイリスクローリターン

よほど、「自分だけは違う」という強い信念がある人以外大企業(とか役所)に行きたくて当たり前。

一方、シリコンバレーのベンチャーは、まぁギャンブル性は高いがそれなりに当たりがコンスタントに出続ける。一方で、大企業でもばんばんレイオフするので、大企業でもリスクがある。というわけで、大企業は日本よりリスキーで、ベンチャーは日本よりハイリターンと。

大企業=ミドルリスク・ミドルリターン

ベンチャー=ハイリスク・ハイリターン

という感じでしょうか。こういう経済性が本質にあるから人がリスクをとる。

もちろん、同じリスク・リターンの条件(プロファイル)であっても、日本人の方がリスクをとらない傾向というのはあると思う。が、しかし、上記のリスクリターンの配分がそもそも違う、ということに比べたら小さいことなんじゃないでしょうか。

では、どうしたら日本が

大企業=ミドルリスク・ミドルリターン

ベンチャー=ハイリスク・ハイリターン

となるかといえば、まぁ大企業に冷たい風に当たってもらうしかないかと。株主に利益を上げろ、キャッシュを活用しろ、と激しくつつかれ、泣きながら不採算事業を切りまくり利益率をあげるとか、金儲けファンドに買われてズタズタに分解されるとか。そういう構造変化があれば、当然大企業で働くことのリスクが上がり、「それなら」ということでベンチャーに行く人も増えると思うのですが。

大企業は温存したままで、「リスクをとってベンチャーを」なんていう「おいしいとこ取り」は現実味がないんじゃないでしょうか。「神風特攻隊で帰りの燃料のない戦闘機に乗っていけ」というのと似ているかと。

引用元: On Off and Beyond: リスクをとる.