タグ別アーカイブ: サミュエル・ウルマン

走り、盛り、名残: 内田和成のビジネスマインド

走り、盛り、名残: 内田和成のビジネスマインド: 人間であれば、30歳くらいまでが走りで、30歳から50歳代が盛り、60歳以降が名残になるのかも知れない。
私自身は有名なサミュエル・ウルマンの青春の詩にある「青春とは人生のある期間を指すのではなく、 心の持ち様をいう。」を信じている口で、自分がまだ名残とは思っていないが、そうは言っても盛りでないことは間違いない。
名残には名残にふさわしい生き様があると思うので、それにふさわしい生き方をしたいものだと考えている。