タグ別アーカイブ: サプライヤ

日本協会、アディダスと4年85億円サプライヤー契約更新へ  : サッカー : スポーツ報知

日本サッカー協会がアディダス・ジャパン社と新たに4年間のオフィシャルサプライヤー契約を更新する方向であることが30日、分かった。15年4月から4年総額85億円(金額は推定)で、年単位ではこれまでの8年160億円を上回る史上最高額となる。

日本サッカー協会は、来年3月に契約満了を迎えるサプライヤー契約について、同4月からアディダスと契約更新する方向で最終調整に入った。4月下旬から各メーカーのオファーを受け付け、順次交渉を開始。4年85億円と前回(07年)の1年20億円を上回る額を提示した同社と、今後交渉を一本化させる見込みとなった。複数の関係者が明かした。

今回、オファーしたのはアディダスのほか、ナイキ、プーマの3社。前回の契約更新時(07年)に、アディダスと並ぶ8年160億円以上のオファーを出したナイキは、前回から上積みし、プーマも金額でアディダスとほぼ同じ額を提示したとみられるが、アディダスと日本協会の蜜月関係を崩すことはできなかったようだ。

アディダスは99年4月に、日本サッカー協会と独占サプライヤー契約を締結。それ以降、16年にわたり、サポートを続けてきた。男子、女子のA代表ユニホームの提供を始め、各年代のユニホーム、用具提供も行ってきた。この間には、男子が02年日韓、10年南アフリカW杯とベスト16入り。なでしこジャパンは11年ドイツW杯で優勝を飾るなど、アディダスのユニホームとともに、急成長を遂げてきた歴史がある。

日本サッカー協会は今回の契約更新について、提示金額を最優先する考えを各メーカーに通達したという。この契約で得た金額を、来年にも具体化する「JFAフットボールセンター(仮称)」設立の資金にしたい考え。東京近郊で羽田空港や成田空港に近い場所に、日本サッカー協会が自前で天然芝ピッチ2面にクラブハウスなどを備えた広大な施設で、土地を除く建設費用は約40億円かかる。

引用元: 日本協会、アディダスと4年85億円サプライヤー契約更新へ  : サッカー : スポーツ報知.

日本協会、アディダスと4年85億円サプライヤー契約更新へ  : サッカー : スポーツ報知

クラブチームのユニホームの契約金 年間金額では、1位がアディダスのレアルマドリード(スペイン)の47億円。2位が来季からプーマになるアーセナル(イングランド)の43億円。3位が12年にウォーリアと契約したリバプール(イングランド)の41億円がクラブチームのベスト3。他の有名クラブではナイキのユベントス(イタリア)が31億円となっている。アディダスを使用するプロ野球の巨人は契約初年度の05年が10億円と言われている。(金額は推定)

引用元: 日本協会、アディダスと4年85億円サプライヤー契約更新へ  : サッカー : スポーツ報知.

Amazon、仕入先の倉庫から直接発送 | TechCrunch Japan

Amazonは、価格に関して他の小売業者に対して強力な優位性を保っているが、Wall Street Journalの最新記事に理由の一端が表れている。AmazonはライバルのBest BuyやWalmartのように高価で巨大な小売店舗を維持しなくてよいだけでなく、仕入先自身の倉庫内からビジネスを行う実験をしている。これは一種の共生小売生物といえる。

WSJは今週の記事でこれをAmazonによる「野心的実験」と呼び、巨大なProcter & Gamble施設内の同社社員が配置された一区画を、どうAmazonが維持しているかを詳しく解説している。P&Gの労働者はパレットにAmazon顧客向け商品を積み込み、Amazonの〈倉庫内倉庫〉に運ぶと、オンライン販売の巨人が梱包して直接顧客に発送する。

サプライチェーン・マネジメントは、Apple、Walmartをはじめ成功している近代的消費者製品メーカーの殆どを特徴づけている強みだ。Appleは、ここ数年間サプライチェーンの整備に著しく成功し、殆ど自社施設に在庫を持たないジャストインタイム生産を実現して、組立て工場から消費者や小売店に直接配送している。Walmartは、サプライヤーから最低価格で仕入れる能力と、それらのパートナー向けの「カンバン」方式の在庫管理システムに関して、批判も賞賛もされてきた。

Amazonの新プログラムは “Vendor Flex” と呼ばれ、特に紙オムツや家庭用紙製品などの低価格多量販売商品におけるコスト削減が期待される。これらは、消費者に直接発送するには「嵩張りすぎて、安すぎる」と伝統的に考えられてきたと商品であるとWSJは伝えている。しかしAmazonは、この分野のビジネス拡大に力を入れており、経済的に意味のある成長を可能にする費用対効果への取り組みが大きな役割を果たしている。

このプログラムは主として保存の利く商品を対象としているようだが、将来にわたって利益が期待される運用モデルの野心的試みだ。現在AmazonFreshは、当初のシアトル以外の市場でも運用開始しており、さらなる拡大を目指している。次にAmazonがサプライパートナーと組む時、相手は大規模な工業型農場や食材メーカーか製パン会社なのかもしれない。

引用元: Amazon、仕入先の倉庫から直接発送 | TechCrunch Japan.

ウナギバトル熱帯へ:稚魚激減 でも皆が待っているから – 毎日新聞

日が沈むと、短パン姿の人々が1メートル四方の網を抱え、次々と海へ入っていく。多くは働き盛りの男性だが、女性やお年寄りの姿もあった。先月5日、インドネシア・ジャワ島南西部にあるプラブハンラトゥ郊外。河口近くの波打ち際で、100人近くが額につけたライトを頼りに網をすくっては目を凝らす。狙うのは川を遡上(そじょう)する体長3センチ程度の透明なウナギの稚魚。捕ったら首からぶら下げたビニールの袋に大切に移す。漁は一晩じゅう続いた。

翌朝、10人の漁師グループに聞くと水揚げは計200グラムだった。仲間を束ねるサエプディンさん(35)が言った。「いい時期なら、この10倍以上は捕る」。浜には現地の業者が待ち構え、交渉の上で買い取っていった。

稚魚は日本人が親しんできたニホンウナギ(ジャポニカ種)ではなく、熱帯産のバイカラウナギ(ビカーラ種)。日本の商社「丸紅」は、同島東部のバニュワンギなどでビカーラ種の稚魚の養殖に取り組む。2カ所にまたがる養殖場は計約40ヘクタール、甲子園球場10個分の広さだ。給餌は午前3時からの1回。従業員がプルンとした練り餌を落とすたび、無数の頭が群がる。懐中電灯で池を照らしていた丸紅インドネシア副社長の千速(ちはや)晴康さん(54)がつぶやいた。「餌の食いはまだ、ジャポニカのようにはいかないね」

大きくなったウナギは約30キロ離れた加工場で割かれ、かば焼きになる。できたてを試食させてもらった。「ジャポニカの方がふっくらしている」と言われるが、違いはわかりにくいと思った。

事業は5年目で、地元で150人の雇用を生み出している。昨年は計70トンのかば焼きを日本に輸出し、大手スーパーで1匹1000円前後で販売。今年は150トン超を目指す。繊維原料や水産物の貿易に長年携わってきた千速さんは言う。「ウナギを誰も買えないような値段にしてしまったら、サプライヤー(供給者)として失格だ。(価格高騰で需要が減った)本マグロのようにしたくない」

引用元: ウナギバトル熱帯へ:稚魚激減 でも皆が待っているから – 毎日新聞.

Life is beautiful: iPad Air による IGZO 採用報道に関するまとめ

Samsung が IGZO をライセンスしたのが 2011 年であることを考えると、シャープがAppleにIGZOのメリットを説明→Appleが採用を決定→サプライヤーを一社に絞りたくないAppleがIGZOベースのディスプレイを作るように他社に指示→SamsungとLGがIGZOを科学技術振興機構からライセンス、という流れがあったと予想できる。もっと深く読めば、Apple が IGZO を採用することを知った鴻海が、IGZOディスプレイの製造パートナーとなるべく、シャープに資本参加を打診していたが、予想よりも早く Samsung や LG も IGZO ディスプレイの生産体制を確立してしまったために、シャープに資本参加するメリットが薄れて手を引くことに決めた、とも解釈出来るが、これは想像力を働かせ過ぎかも知れない。

引用元: Life is beautiful: iPad Air による IGZO 採用報道に関するまとめ.

Amazon、仕入先の倉庫から直接発送 | TechCrunch Japan

WSJは今週の記事でこれをAmazonによる「野心的実験」と呼び、巨大なProcter & Gamble施設内の同社社員が配置された一区画を、どうAmazonが維持しているかを詳しく解説している。P&Gの労働者はパレットにAmazon顧客向け商品を積み込み、Amazonの〈倉庫内倉庫〉に運ぶと、オンライン販売の巨人が梱包して直接顧客に発送する。

サプライチェーン・マネジメントは、Apple、Walmartをはじめ成功している近代的消費者製品メーカーの殆どを特徴づけている強みだ。Appleは、ここ数年間サプライチェーンの整備に著しく成功し、殆ど自社施設に在庫を持たないジャストインタイム生産を実現して、組立て工場から消費者や小売店に直接配送している。Walmartは、サプライヤーから最低価格で仕入れる能力と、それらのパートナー向けの「カンバン」方式の在庫管理システムに関して、批判も賞賛もされてきた。

Amazonの新プログラムは “Vendor Flex” と呼ばれ、特に紙オムツや家庭用紙製品などの低価格多量販売商品におけるコスト削減が期待される。これらは、消費者に直接発送するには「嵩張りすぎて、安すぎる」と伝統的に考えられてきたと商品であるとWSJは伝えている。しかしAmazonは、この分野のビジネス拡大に力を入れており、経済的に意味のある成長を可能にする費用対効果への取り組みが大きな役割を果たしている。

このプログラムは主として保存の利く商品を対象としているようだが、将来にわたって利益が期待される運用モデルの野心的試みだ。現在AmazonFreshは、当初のシアトル以外の市場でも運用開始しており、さらなる拡大を目指している。次にAmazonがサプライパートナーと組む時、相手は大規模な工業型農場や食材メーカーか製パン会社なのかもしれない。

引用元: Amazon、仕入先の倉庫から直接発送 | TechCrunch Japan.

第9回 新卒社員の「勘違い」 ~外注化の増加は止まらない~ | 亜紀書房ZERO事業部

第9回 新卒社員の「勘違い」 ~外注化の増加は止まらない~ | 亜紀書房ZERO事業部: 自らのコアスキルがまったくない状態で、発注先の関連会社に対しての「管理」が求められ、会社の看板だけで権威付けをした状態で、実際には何倍も仕事のことを知っている多数の外注先を管理しなければならなくなります。このような状況でも外部サプライヤからは、顧客として一応の敬意を払われますから、「勘違い」モードに入る危険性があることは容易に予想されます。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 東日本大震災をどうやってIntelは無傷で乗り切ったのか

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 東日本大震災をどうやってIntelは無傷で乗り切ったのか: Intelの場合、外部からの資材の調達量が特に多いエリアは全部で7ヵ所。米国、日本、韓国、台湾、中国、英国、ドイツだ。その中で、日本は全体の15%以上と、大きな割合を占めているという。特に多いのは、化学薬品で、日本のサプライヤの品質が高いため、主要なソースになっているという。