タグ別アーカイブ: サバイバル

非常時に覚えておきたい ガムの包み紙と乾電池で驚くほど簡単に火がつけられる – ねとらぼ

非常時に火をおこしたいけどマッチやライターが無い。そんなときに思い出したいお役立ちサバイバル術を紹介した動画が、YouTubeに公開されています。

使用するのは乾電池とガムの包み紙などに使われている銀紙。銀紙の中心はハサミで切ったり手でちぎったりして2ミリほどの細さにしておきます。それから銀紙の両端を乾電池の両端に触れさせると……なんと一瞬にしてボワッと火がついてしまいました。

ガムの包み紙と乾電池を使用。1つの包み紙を3本に切り分けて使えます

乾電池の両端に銀紙を触れさせると……

驚くほど一瞬で火がつきます

緊急時の着火用に

ポイントとしては銀紙にほどよく細い部分を作っておくことで、細すぎると火がつかずに壊れてしまい、太すぎるとただ熱くなるだけで燃えないとのこと。タバコの銀紙などでも代用できるそうです。あまりにも簡単に火がついてしまうため、扱いには要注意。火がつく前に非常に高温になることもあるため、手袋を着用して行うことを推奨しています。

引用元: 非常時に覚えておきたい ガムの包み紙と乾電池で驚くほど簡単に火がつけられる – ねとらぼ.

お悩み相談:社内政治の生き抜き方 | GQ JAPAN

さてさてここらで、みなさま大好き、戦国武将でゆうたら誰がデキるのか。そんなお話でもしましょうか。オンリーワンな技術をもっているうえに、政治にも長けているというスーパーデキる男といえば細川幽斎さんなんじゃないでしょうか。室町幕府に仕えていたのに幕府ヤバいと見るや信長にスリスリ。本能寺の変で信長が死ぬと剃髪しておとなしくしといて一拍置いてからの〜秀吉にスリスリ。秀吉が死んだとなれば家康にスリスリ。関ヶ原の戦いでは歌道をよくする教養のおかげで命拾いをし、その後着々と子孫を増やし、現在の殿、護煕さんに至っているのですから、サバイバル能力にかけては本朝屈指の家系といえましょう。

引用元: お悩み相談:社内政治の生き抜き方 | GQ JAPAN.

THE MINIMALIST PROGRAM | 知的家畜となりつつある自分

それは僕自身の知識やアクセス可能な知識が増えたことを意味するのみで、僕が賢くなったことを意味していない。ネットに正解やヒントが転がっていない問題に直面したときに、僕のそれを解く力は驚くほどに衰えている。僕は、心地良い情報環境に飼い慣らされた、知的家畜となりつつある。

もとより、人は学べば学ぶほどに、知識に囲まれれば囲まれるほどに、知的野生を失っていく。昔よりはるかに情報へのアクセスが増えた現代においては、世界の誰かが辿った地点まではすぐに辿りつけるけれど、誰もたどり着いたことがない境地にたどり着くことは、昔よりも難しくなっているのかもしれない。

知的野生を取り戻す方法があるとすれば、つぎの二つではないだろうか。一つは、とびきりに難しい課題、すなわち、どうあがいてもアクセスできる情報が限られている課題にだけチャレンジすること。もう一つは、無闇矢鱈に検索エンジンを使わず、まずペンと紙だけでこれでもか、というほど飽きもせず何度も何度も考えるようにすること。前者のほうが後者よりも良い方法のように見えるが、前者は問いの設定そのものが難しいので、両方をバランスよくするしかないように思う。自然の中に身を置いてサバイバルするのも、一つの方法論たりうるのかもしれない。

引用元: THE MINIMALIST PROGRAM | 知的家畜となりつつある自分.

ヘッドハンター 岡島悦子のインサイト

ヘッドハンター 岡島悦子のインサイト: 市場価値の高い(どんな環境下でもサバイバルできる)人材の条件は、

ズバリ、修羅場経験での実績があること。そのためには

「若手のうちに(控えでなく)バッターボックスに立たせてくれる環境」

を選ぶべきとお伝えしています。