タグ別アーカイブ: コンシューマー

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT

Windows 10はまだ誕生したばかりであり、Windows as a Serviceという新しいコンセプトはまだまだ認知されていないようです。Windows as a Serviceには「Current Branch(CB)」「Current Branch for Business(CBB)」「Long Term Servicing Branch(LTSB)」の三つの「Branch(分岐)モデル」が用意されていますが、これらをWindows Updateのタイミングの違いと認識しているのなら誤解があります。

例えば、CBとCBBの違いは、“CBは完全に自動更新”“CBBはアップデートのタイミングを調整できる”というのは完全に間違いです。

各Branchモデルの違いを簡単にまとめると次の表1ようになります。

Branchモデル 内容

Current Branch(CB、最適化モデル) コンシューマー向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックスは都度提供。新機能はリリースと同時に提供。LTSBを除く全てのエディションの既定

Current Branch for Business(CBB、企業向け最適化モデル) ビジネスユーザー向けのモデル。CBのおおむね4カ月後にBranchが始まり、セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は次の次のBranchが始まるまでのおおむね8カ月間、都度提供。HomeおよびLTSBを除く全てのエディションで選択可能

Long Term Servicing Branch(LTSB、固定化モデル) 基幹業務システムなどミッションクリティカルなシステム向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は10年間のサポート期間中、都度提供。Enterprise LTSBのみ対象

表1 Windows 10(Windows as a Service)で用意されている三つのBranch更新モデルの違い

引用元: その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT.

AWS Summit Tokyo 2013 – naoyaのはてなダイアリー

間違いなく、当時は「エンタープライズテクノロジーをWeb開発で活かすには」という時代だった。

それが気づけば「Webテクノロジーをエンタープライズで活かすには」と、矢印の向きが逆転していた。

いろいろなことがあったんだと思う。インターネットビジネスの盛り上がりだとか、オープンソースの台頭、それにクラウド。多様性と競争環境という意味ではWeb開発 ・・・ この文脈ではコンシューマー向けサービス、の方がよりその条件が厳しく、激しかったということの結果ではないかと思う。肌感覚としては、J2EE が話題になっていた当時からそのスイッチが切り替わったのは Ruby on Rails や Ajax が突如トレンドになった2005年くらいだったんじゃないか、と勝手に思っている。

そして今それは "The Consumerization Of IT" (IT のコンシューマー化) というキーワードで語られるようになった。

ここ10年以上、ずっとコンシューマー向けの Web 開発に携わってきた自分としては確かにどこかでその矢印の向きが変わっただろうし、こうなったからにはいかにそのWebテクノロジーをエンタープライズでも取り入れていくかということが今後の競争においても重要なテーマなのではないかと思っていた。ただ、いかんせんエンタープライズの現場については自分は未経験に等しく両者を現場感覚で比較するということはできなかったので、はっきりとした自信は持てない所もあったのだが、こうして「Webテクノロジーをエンタープライズで活かすには」なんてタイトルのセッションが開催されているというのは既に世の中がその構図を受け入れて、その前提で話しをしているということなのだなと感慨深かった。

引用元: AWS Summit Tokyo 2013 – naoyaのはてなダイアリー.

有名ビジネススクール卒業生のウォール街離れ « WIRED.jp

ゴース氏は、志ある人が金融業界を見切っていると言うわけではないが、統計やプログラミングを学んだ多くの学生たちが、テクノロジー業界を志していると言う。「第1にテクノジー業界で、第2、第3もテクノロジーだ」。

ゴース氏のいうテクノロジー企業とは、コンシューマー向けのソーシャル/モバイルサーヴィスを提供する企業や、そのデータを取り扱う企業などだ。そのなかには、多くのスタートアップを始め、アップルやフェイスブック、グーグルなどの大手ウェブ企業も含まれている。

しかし、データを取り扱う企業という観点で言えば、学生たちが目指すのはテクノロジー企業だけではない。近年では小売や消費財メーカーなど、さまざまな業界が大量のデータを収集しており、各企業はその活用法を求めている。このため、こういった企業の人気も高まりつつあるという。

引用元: 有名ビジネススクール卒業生のウォール街離れ « WIRED.jp.

ネット通販が量販店を潰す日(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

ネット通販が量販店を潰す日(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース: この大きな流れというのは一般的なコンシューマーの世界よりも先に細分化された市場で先に発生していて、一時期はオタクの街となった秋葉原がオタク商材のコモディティ化によって通販に客を奪われ、聖地なのに先鋭化しすぎて過疎り始めている状況というのもまた興味の対象であります。