タグ別アーカイブ: コンゴ

「物資見返り、隊員と性交渉」 ハイチ女性200人証言:朝日新聞デジタル

朝日新聞が入手した、国連内部監査部の報告書(先月15日付)で明らかになった。報告書によると2014年に実施された調査に、ハイチの231人(うち男性2人)が、PKOのハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)の隊員との「取引の性交渉」を認めた。地方の女性は飢餓のほか、住居や乳児用品、薬などの不足が隊員との関係のきっかけになることが多かった。都市部の女性は装飾品や洋服、テレビ、高価な下着、ノート型パソコンなどを受け取っていたという。

ハイチでは10年の大地震で30万人以上が死亡、150万人が住居を失った。3月末時点で7千人以上のPKO隊員が駐留している。

性的な搾取問題で証言が多いのは、ハイチのほか、リベリアや南スーダン、コンゴ民主共和国のPKO部隊。リベリアでは18~30歳の女性489人への調査で、25%以上がPKO隊員との取引の性交渉を証言したという。国連は隊員に対し、支援物資などを見返りとした性交渉と、18歳以下との性交渉を禁じている。

報告書は「取引の性交渉は常態化している」と警告している。国連のデュジャリック報道官は10日の会見で「国連事務総長は、この問題でいかなる違反も許さない立場を決意している」と述べた。

引用元: 「物資見返り、隊員と性交渉」 ハイチ女性200人証言:朝日新聞デジタル.

Fairphone – 社会にやさしいスマートフォン | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

(紛争地域ではない)コンゴ民主共和国産のスズ・タンタラムを使用

工場従業員の昇給や作業環境改善を意識した中国の工場で生産

売り上げの一部を発展途上国の電子製品ゴミ回収に寄付

将来は古くなったFairphoneの中古買取を計画

SIMの二枚挿しが可能 – プロバイダー選択の自由度や、発展途上国での長期利用に貢献

バッテリーは自分で取り外して交換可能 – 長期利用やリサイクルにもつながる

ルート権限開放 – 好きなOSを入れられる

制作・コストの透明化 – 部品代や部品メーカーの内訳を出来る限り公開

引用元: Fairphone – 社会にやさしいスマートフォン | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.