タグ別アーカイブ: コミット

Googleは10億個のファイル・20億行のコード・合計86TBでできている – GIGAZINE

Googleのエンジニアリング・マネージャーであるレイチェル・ポートヴィンさんが、「The Motivation for a Monolithic Codebase」と題した講演の中で、Googleのシステムが86TB(テラバイト)でできていることを明かしました。

Google Is 2 Billion Lines of Code—And It’s All in One Place | WIRED

http://www.wired.com/2015/09/google-2-billion-lines-codeand-one-place/

講演ムービーはコレ。話は5つのテーマに分けて行われていて、Googleのリポジトリについての話は1番目、3分過ぎから始まります。

The Motivation for a Monolithic Codebase Why Google Stores Billions of L – YouTube

2015年1月時点で、総ファイル数は10億、ソースファイルの数は900万、コードは20億行あり、3500万回のコミットがあって、内容は86TBあるとのこと。そして、営業日1日に対してのコミット回数は4万5000回。

累積コミット数のグラフはこんな感じ。左側の回数目盛りは40までですが、それぞれ1目盛りが1000万回分に相当。2000年1月1日からの数字ですが、コミットが1000万回を越えたのは2012年ごろのこと。回数はぐんぐん増えていて、2015年1月時点で3500万回まで増えています。

Googleで働く「Googler」は2万5000人、世界に12あるオフィスで働いています。1日あたりのコミット回数は4万5000回とありましたが、そのうち1万5000回が人間の手によるもの、3万回が自動化されたシステムによるもの。ファイルリードリクエストは1日に10億回で、ピーク時には80万QPS(秒間クエリ処理数)に到達するとのこと。

これが1週間のコミット数を、人の手によるものと全体とを分けてグラフ化したもの。単位は1000回なので、だいたい人の手によるコミットは週間7万5000回ほど。

Linuxのカーネルが4万ファイルで1500万行あるのに対して、Googleのリポジトリは25万ファイル・1500万行が人の手によって毎週変更されています。累計のサイズは900万ファイルで20億行にもなります。

Windowsの公式Facebookページによると、Windows XPは4500万行のコードでできていたとのこと。数字だけを単純に比較すると、Googleは3週間でWindows XP全体に相当する量のリポジトリを変更している、ということになります。

引用元: Googleは10億個のファイル・20億行のコード・合計86TBでできている – GIGAZINE.

Snapchatのような最新テクノロジーを理解できない大人がすべきこと | TechCrunch Japan

Twitterが取り入れられた過程を思い返してみれば、人はTwitterで行われているやりとりに加わるまでその良さが分からないというのは明らかだろう。そこに到達するまで、多く人は「たった140文字で価値のあることを伝えられるのか?」とか「ブログではだめなの?」と言うものだ。Twitterに深く入り込むことが、Twitterを理解する唯一の方法だ。チームがSnapchatを完全に理解することができるようになる方法について私は考えた。

そして思いついたのが、会社で「Snapchatデー」を開催することだった。1営業日のメール、IM、チャット、テキストメッセージ、Trelloでのコメント、Githubのバグ対応、更には電話も含め、全ての社内コミュニケーションを禁止した。代わりに、全ての社内コミュニケーションをSnapchatで行うのだ。

「Snapchatデー」の出だしは困難なものだった。Snapchatは、効率的な社内コミュニケーションツールとして設計されていないことは明らかだし、それを実感した。ただ、一日の半分が過ぎたころには、チームの全員、このプラットフォームでのメッセージの送受信が上手くなり、操作方法をある程度学ぶ必要のあるインターフェースの基本的な使い方を覚えていた。Snapchatでどのようにバグ対応を連絡するかって?コミット画面の写真を撮って送っていた。

Seamlessでメンバー分の食事の意向を聞いて注文するのも一苦労だった。

チームの最年少メンバーらが他のメンバーのメンターになった。他のメンバーというのは、25歳以上のメンバーほぼ全員だ。若いメンバーは、フォントサイズや色を変える方法、フィルターを付けてSnapchatのStoryを作る方法を教えた。一日の終わりには、全員がSnapchatでプロ並になり、それ以来、Snapchatを使い続けるメンバーもいて、会社のためになっている。

引用元: Snapchatのような最新テクノロジーを理解できない大人がすべきこと | TechCrunch Japan.

YouTuberが儲からなくて大変らしいですね(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

言われてみれば、YouTube含めたネットでの動画視聴は、たとえそれが「ながら視聴」であったとしてもよほど作品や出演者にコミットされていなければ相当に時間を食うわけです。YouTuberが小学生以下に高い人気を誇るのも、購買力のない小学生が「安価な時間を楽しく潰せる仕組み」として、ブロードバンド環境下でパソコンやiPadなどでこれらの動画を観ているわけですから、その盛り上がっている数字が子供主体であってもなんら不思議はないんですよね。

それを広告主が気づくと「いくらYouTberやAppBankに取り上げてもらっても、無料アプリで無課金ユーザーが来るだけで儲からないので、そっちにタイアップをして金を突っ込むよりもニコ動やYahoo!に広告を突っ込んだほうが効果が出やすい」という話になってしまうわけです。いまでも「無料ダウンロード数を宣伝で使いたいから小学生でいいので告知したい」と思っている広告主は多いので、そういう方面ならまあいいんでしょうが、YouTubeの主力になっている髭剃りや海外旅行などの広告をいくら小学生に見せても効果がないのは当たり前なんですよねえ…。

このあたりは、YouTuberでとても人気になっている瀬戸弘司(せとこうじ)さんがTwitterでYouTubeに限らずネット広告単価は経験上1月8月は下がるというお話もされていましたし、リアルの世界を知れば知るほどYouTuberは普通のメディアビジネスとそれほど変わらないのでは、と感じるわけであります。

引用元: YouTuberが儲からなくて大変らしいですね(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース.

善意は興味でできている: やまもといちろうBLOG(ブログ)

何より、これからの社会保障の問題は私たち全員が直面する問題であって、氷水では絶対に解決しない衰退と貧困との戦いであることを良く考えておかなければならない。それは、弱者にしわ寄せが行きますよという話と、いつでも私たちが弱者に転落する可能性があるんですよという話との両面なんだよね。

逆に言えば、何にコミットして、何にコミットしないかという判断を突きつけられる時代になるんだ。そして、コミットが得られなかったステークホルダーは崩壊する。ALS患者の影で、他の難病への民間からの寄付がちょっぴり減ったかもしれない。高齢化したある自治体は利便性故に投資の対象となり、その隣の自治体は消滅に追いやられるかもしれない。いつの間にか切り捨てられる側になる時代に差し掛かっていることを、氷水の議論をすると共に私たちは語る必要があるんじゃないのか。

引用元: 善意は興味でできている: やまもといちろうBLOG(ブログ).

「取材記事は発表前に確認させてください」という広報担当者が「時代遅れ」では全くない理由(片岡英彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

また同時に、広報担当者は取材を受けた「社員を守る」という責任を持つ。仮に「広報確認」なしに一社員がうっかり発してしまった言葉がメディアに載ってしまったとする。その結果、株価に影響を与えたり、新事業が事前に公表されてしまったりした場合、この社員が責任を問われかねない。特に「社」としてコミットできない財務的な内容を、社員がうっかりメディアにコミットしてしまったら、上場企業では経営上の大問題になりかねない。株価に大きな影響を与えることもある。そのようことにならないために「社員を守る」という観点でも、広報担当は「広報確認」を行っている。

こうした「広報」の役割について、全く理解がないのであれば「知らないこと」は「書かない」に限る。ところが最近は、マスコミであれブロガーであれ、「知らないこと」を「知らないなりに書く」ことが当然の風潮になっている。そして「社員」が裏取りされない情報を発言した結果、大勢の人々に晒される危険性もある。これは社にとっても社員にとっても、大変危険なリスクだが書き手が責任を負うことはまずない。

だから・・・広報担当は「企業防衛」の立場から「広報確認」を行う。同時に「取材者(社員)の立場を守る」のだ。

引用元: 「取材記事は発表前に確認させてください」という広報担当者が「時代遅れ」では全くない理由(片岡英彦) – 個人 – Yahoo!ニュース.

最終選考: 「お金あげるから辞めて」 – Radium Software

米 Zappos 社では,新人研修を受けている最中の新入社員に対して,こんな提案をする。

「今,辞めてくれたら特別に $1,000 (約10万円)あげるけど,辞めない?」

これは,新入社員の会社に対するコミットメントを試すための儀式。もし yes と言ったら,本当に $1,000 と研修期間分の給料をあげて辞めてもらう。

この程度の「エサ」で辞めてしまうというのは,会社と仕事に対するコミットメントの無さを表している。そのようなコミットメントの無い社員を雇ったとしても,会社にとって利益にならないし,どうせいずれ辞めてしまうだろう。だったら,今 $1,000 払ってでも辞めてもらった方がいい――それが Zappos 社の考え。いちおう,理に適っているよね。

でも,たかだか $1,000 を貰えるってだけで,せっかく入った会社をいきなり辞める人なんているんだろうか? ……と思うのだけれど,なんでも,コールセンターに配属予定の社員のうち,約1割はお金を貰って辞めていくんだとか。これが本当だとすると,かなり効果的なフィルターとしてはたらいていることになる。

引用元: 最終選考: 「お金あげるから辞めて」 – Radium Software.

日本マイクロソフト カリスマ性なき樋口氏が「使える雇われ社長」になったワケ:MyNewsJapan

そうは言っても、言うは易し、行うは難き。一見、苦戦を強いられそうな環境のなか、樋口社長(2008年4月就任)は5年間で、社内の何を変え、日本法人の業績を伸ばし、米国本社から連続して褒められるような「使える雇われ社長」になれたのか。

複数の社員らによれば、第一に、タイミングが良かったのだという。「大手法人関連の部分では、樋口さんは2000年代前半~中盤の努力が実った、いいタイミングでやってきた、と言えます」(元社員)。つまり、棚ボタだ。

これは、2000年前後からはじまった包括契約(EA=エンタープライズ・アグリーメント)というプログラムの話だ。マイクロソフトは、その強い立場を利用して、大手企業から複数年契約を取り付けるよう、営業に力を入れた。契約金額はPCの台数で設定し、たとえば3年間のライセンス使用のコミットを貰うかわりに、ソフトの利用権、バージョンアップ権やその他特典を付与する。

その営業努力が実り、法人に対する全社的なパック販売で、WindowsとOfficeを中心に安定した収入が入るようになり、数年先の売上まで確定した。最低限の売上が確定するため、その上で、WindowsとOffice以外の追加的なサービスを一生懸命に売り込める時間ができ、さらに売り上げが伸びる好循環になったという。

「企業が安心して使えるサービス内容、価格体系、信頼性がウチにはある。(グーグル・アマゾンに比べて)長く法人ビジネスをやってきた信頼が生きている」(技術系の営業社員)というから、前任者までの時代に築かれた企業向けの強力なブランド力が、ここにきて効いてきたのは確かだろう。企業のコンプライアンスの重要性が増すなか、信用力の面で、新興企業よりもリードしているのである。

引用元: 日本マイクロソフト カリスマ性なき樋口氏が「使える雇われ社長」になったワケ:MyNewsJapan.

若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営

ちなみに、アマチュアなヤツほどアウトプットをコミットすると言う。コミットを前面に押し出すヤツでプロだったためしが無い。

根性だけは負けませんというヤツで根性があったためしが無い。人って長けたところは口にしないんだね。

引用元: 若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営.

クライアントをウチと呼ぶべきか?|戦略コンサルタント七転八起日記

プロジェクトが佳境に入りコミットメントが深くなってくると、クライアントが自分の会社のように思えてくるようになり、「ウチの今後を考えると・・・」とクライアントを一人称で呼ぶことがままある。

一体感が強くなり、クライアントと協働している感が出てくると飛び出すワード「ウチ」。盛り上がり、苦しさ相まってクライアントとのMTGでこの言葉を発するとクライアントも非常に喜ぶこととなる。

しかし、これは問題だと思っている。あくまで客観視たるのが戦略コンサルだと思う。ITコンサル、業務コンサルであればむしろこの一人称感覚は非常に重要で、奨励したい。だが、クライアントが長年解決できない課題を鳥の目、虫の目で捉える必要のある戦略コンサルはあくまで三人称であるべきだ。一人称になるということは虫の目視点に陥っている証左である。

あくまで、三人称で鳥の目視点を保持し続ける。戦略コンサルはクライアントをクールに客観視し続けることを矜持としなければならない。

引用元: クライアントをウチと呼ぶべきか?|戦略コンサルタント七転八起日記.

ExGameの製作で感じたこと » nmi.jp

海外の才能と戦う件について。才能豊かなエンジニアは世界中におり、そして日本にも存在します。コンピュータのあらゆる分野に幅広い才能があるエンジニアですら、私の知る限り日本に数名おります。そんな彼らと比較しても、私の感じた限り、決してサンフランシスコのエンジニアスキルが全体的に日本よりもずば抜けて高い、ということはありませんでした。

そして、ずば抜けた才能を持っているエンジニアは、みな彼らの一生を賭けて達成すべき何らかの目標を持っていました。それは本当に一途であり、そして彼らはその分野で非常に高い成果を挙げています。今にして思うと、JavaScriptのクロスブラウザという、大変辛い割にはコンピュータサイエンス的に面白みに欠ける分野に対して、必死にコミットするエンジニアはそうはいなかったのでしょう。少なくともExGameでは、自分程度の才能でも世界を相手に戦うことができました。

最先端の技術にせよ、日ごろ自分たちが扱っているものにせよ、日本のエンジニアが世界に対して劣っているということは決してないということに、今は自信を持っています。アメリカ、特にシリコンバレーの方が環境として進んでいるのは間違いありませんが、しかし一人ひとりのエンジニアの質の差はそれほどない、と考えております。日本において自分の技術力に自信があるのであれば、世界でも自信を持ってよいと思います。

引用元: ExGameの製作で感じたこと » nmi.jp.