タグ別アーカイブ: コストパフォーマンス

格安でも高視聴率 テレ東「路線バス」旅番組に他局歯ぎしり (日刊ゲンダイ) – Yahoo!ニュース

最近、キー局幹部が恐れている番組は土曜日の特番枠でOAされるテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」。その理由は脱力感漂う、ゆる~い旅番組にもかかわらず毎回、叩き出す高視聴率だ。テレ東が東京・虎ノ門にあることから、“虎ノ門の奇跡”と呼ばれている。

「13年に放送された3本の平均視聴率は12.8%。今年正月に放送された番組も13%を叩き出して、フジテレビの『めちゃイケSP』を超えてしまった。先月26日のOA分も12.6%で日本テレビの『志村動物園』には負けたものの、同枠2位をキープ。テレ朝の『お願いランキング』、フジ『超潜入!リアルスコープ』、TBS『ジョブチューン』などが食われてしまった」(放送作家)

そこで今や民放キー局の編成マンの間では警戒すべき番組に“認定”されているとか。

「こう言ったら大変失礼なんですが、なぜ、あの番組が数字を取れるのか……。『YOUは何しに日本へ?』や『なんでも鑑定団』『出没!アド街ック天国』といったテレ東の人気番組とは明らかに異質。しかも、出演しているのが太川陽介と蛭子能収といったテレ東ならではのタレントばかり。編成も視聴率強化週間などに関係なくぶつけてきているし……」(制作関係者)

「路線バス」のヒットで他局の幹部はスポンサー対策でも頭を抱えているという。「路線バス」よりもコストパフォーマンスの悪いことを広告代理店から指摘され、平謝りを続けるしかない状態なのだ。

「『路線バス』は1時間当たりの制作費が約600万円と格安。これは出演料込みの金額です。ちなみに、テレ朝は3500万円、フジ4000万円、TBS3000万円、日テレ2800万円とケタが違う。コスパの悪さを知ったスポンサーはカンカンです。最近は高額なキー局に出稿できない中小の企業が『路線バス』にCM出稿しようと連日、列をなしています」(広告代理店関係者)

テレ東はこれまでの年3回から4回に増枠する方向とか。次回のOA予定は8月。

引用元: 格安でも高視聴率 テレ東「路線バス」旅番組に他局歯ぎしり (日刊ゲンダイ) – Yahoo!ニュース.

[N] えッ、バージョンアップも!?実は和製英語だと知らなかった言葉ランキング

これも和製英語だったの!? と少し驚いてみてください。1位 オーダーメイド2位 リフォーム3位 スキンシップ4位 バージョンアップ5位 コストダウン6位 コストパフォーマンス7位 アフターサービス8位 ブックカバー9位 ガードマン10位 デッドボール

引用元: [N] えッ、バージョンアップも!?実は和製英語だと知らなかった言葉ランキング.

SSDとHDDの本当のアクセス速度を、FPGAで専用ハードウェアを作って測ってみた: なひたふJTAG日記

やっぱりフラッシュメモリは消去や書き込みにそれなりの時間がかかるのでしょう。シーケンシャルアクセスでいいなら、現時点では無理にSSDを使うより、HDDの前半分を使ったほうがコストパフォーマンスもよいかもしれません。

引用元: SSDとHDDの本当のアクセス速度を、FPGAで専用ハードウェアを作って測ってみた: なひたふJTAG日記.

【鉄道ファン必見】JR九州 電池で走る電車、実証試験へ ローカル線の体質改善に期待+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

【鉄道ファン必見】JR九州 電池で走る電車、実証試験へ ローカル線の体質改善に期待+(1/2ページ) – MSN産経ニュース
現在のディーゼル車は燃料費がかさむ上に、4年に1度の定期点検で1300万円~1500万円が必要となる。蓄電池電車は、使用エネルギー量を原油 換算で2割削減できる。また、ディーゼル車に比べて部品数が少ないことから点検費用も半分に抑えられ、コストパフォーマンスが高い。
JR九州の全路線(2273キロ)のうち、非電化区間は4割(924キロ)あり、計300両のディーゼル車が走っている。JR九州は、将来的に全てのディーゼル車を蓄電池電車に置き換えることで、大幅なコスト削減を期待している。
蓄電池電車は、電気自動車の4~5倍の容量があるリチウムイオン電池を床下に設置。電化区間で、停車中や惰性走行中に架線から充電し、非電化区間を蓄電池の電力で走る。鉄道総合技術研究所(東京)とともに、既存の817系電車2両を1億4千万円かけて改造した。