タグ別アーカイブ: クレイトン・クリステンセン

クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」 | TechCrunch Japan

成長する製品を作る時、企業は膨大な時間とエネルギーとリソースを注ぎこんで顧客について知ろうとし、彼らの問題を解決するものを作ろうとする。

しかしクリステンセンは、多くの企業やスタートアップはここで間違いを起こすことが多いという。それは、一件直感に反するものだ。「顧客を理解することは誤った行動。それは複雑である」と彼は言い、顧客は企業が売れると思うものをめったに買わない、というピーター・ドラッカーの主張を引用した。

代わりに真に重要なのは、顧客が成し遂げようとしている仕事を理解することであり、起業家は、製品やサービスが満たす買い手のニーズを真に理解した時にのみ、事業や製品を最適化することができる。彼は、30年あまり続き、潰れてもおかしくなかった企業の一例としてIKEAを挙げた。しかし誰も彼らを模倣してモデルを改善できていない。それは、顧客がやりたい仕事を真に理解することに関係している、とクリステンセンは言う:「今日この部屋に家具を揃えたい」。ひとたびそれを理解すればそれは単純なことで、IKEAはそれを中心に店全体の流れと買い物体験を最適化した。

引用元: クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」 | TechCrunch Japan.

クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」

クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」: 破壊的イノベーションは職を生み出すが、効率的イノベーションは職を奪う

クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」

クレイトン・クリステンセン:「破壊的イノベーションは職を生み出し、効率的イノベーションは職を奪う」: 最高ではないが手頃な価格で有用な製品が市場を破壊する

金融日記:イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき、クレイトン・クリステンセン (著)、玉田俊平太 (監修)、伊豆原弓 (翻訳)

金融日記:イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき、クレイトン・クリステンセン (著)、玉田俊平太 (監修)、伊豆原弓 (翻訳): 個人的には新しい技術によって、古い大企業が破滅に追い込まれるのは大変素晴らしいことだと思う。それこそ資本主義社会が進化していくための成長痛に他ならないからだ。会社というのは法的な無機質の器に過ぎず、大切なのは常に個人なのだから。