タグ別アーカイブ: クリエイティブ

ASCII.jp:生体脳をコンピューターを介在してシンクロさせることに成功

米デューク大学(Duke University)のブレイン・マシン・インターフェース研究(Miguel A. L. Nicolelis氏の論文)が注目を集めいている。コンピューターを介在させてマウス4匹の脳を並列動作させる「ブレインネット」を用い、複雑な問題を解くなどの成果を上げている。

7月9日に一般公開された論文によると、この研究は大脳皮質に数百の電極を装着、脳内神経活動を記録し、コンピューターで信号をフィルタリングした後、脳に信号を戻すというシステム。BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)として研究が進められている。デューク大学の研究グループでは、電極からの信号を応答で報酬学習を行なったラットを複数用意し、4匹をブレインネット接続した状態で一定の行動を取らせる訓練をさせたところ、協調動作で一定の成果を上げた。

電極を通して報酬(水飲み)時のニューロン活動を記録し、それに合わせた信号をフィードバックしており、単に脳の電気的信号を同期させているわけではない(クリエイティブ・コモンズ4.0における公開:Miguel A. L. Nicolelis)

研究では、1匹のラットのみにある記憶(刺激に対する脳からの復号)を、ブレインネット接続した状態で別のラットから引き出すことに成功している。さらに研究では並列コンピューティングの技術を用いて、4匹のラットに温度と気圧の変化から降水確率を予測するという計算を行わせることに成功。1匹のラットよりも高い精度で答えを出したという。

同研究の別プロジェクトでは、アカゲザルの運動制御と感覚信号を担う脳部分に電極を移植し、CGで作成された仮想3D空間内の腕でモノを掴む動作を訓練。2匹のサルをブレインネットで接続して行動させたところ、協調動作の訓練を行なうことなしにモノを掴む動作が短縮されたことが確認された。

引用元: ASCII.jp:生体脳をコンピューターを介在してシンクロさせることに成功.

好きなだけ使えるお金 | ほぼ日刊ダメ人間

好きなだけ使えるお金があったとして、家入さんなら何をしますか?と聞かれたので、そんな中からは何も面白いものは生まれないと思うので、考えたこともありません、と答えた。だって本当に考えたことも無いもの。制限やハンデの中でこそ、クリエイティブなものは生まれると思うな。自由とは、束縛が無いことでは無く、束縛の外に出ようとすること。ただ、自分を束縛しているものが何なのかってのは、今の時代には見つけづらくなっているのかもしれない。

引用元: 好きなだけ使えるお金 | ほぼ日刊ダメ人間.

プロのデザイナーのツールになりえる細密な3DプリントペンLix, わずか2時間でKickstarterの目標額を突破 | TechCrunch Japan

3Doodlerとの違いを聞かれた協同ファウンダのAnton Suvorovは、こう言った:

“小さくて軽量な製品、そして電源はふつうのUSBポートから供給できる。われわれのLix Penは可搬性に優れ、使い心地も快適だ。3Doodlerは重くてでかくて使い辛くて電源は通常の商用電源だから実用的でない。Lixは、形状もすっきりしているし、何よりも、プロのためのクリエイティブなツールがねらいだ。スタイリストや建築家やデザイナーなど、3Dプリントに関心を持っていた人たちに、新しい仕事のやり方の可能性を開くだろう”。

Lixペンは確かに細い。いちばん太いところでも直径14ミリだ。空中でもプラスチックを押し出しできるので、立体物も作れる(いちばん下の写真)。押し出しのコントロールは、ペン先の近くにある二つのボタンで行う。

引用元: プロのデザイナーのツールになりえる細密な3DプリントペンLix, わずか2時間でKickstarterの目標額を突破 | TechCrunch Japan.

Can-Do vs. Can’t-Do Culture – 未来のいつか/hyoshiokの日記

As a venture capitalist, people often ask me why big companies have trouble innovating while small companies seem to be able to do it so easily. My answer is generally unexpected. Big companies have plenty of great ideas, but they do not innovate because they need a whole hierarchy of people to agree that a new idea is good in order to pursue it. If one smart person figures out something wrong with an idea ― often to show off or to consolidate power ― that’s usually enough to kill it.なんで、小さい会社がいとも簡単にイノベーションしているのに大きな会社はそれができないのか。大きな会社はすごいアイデアをいっぱい持っているが革新innovateできない。なぜなら、それを遂行するために新しいアイデアがよいということを全ての階層の人々に同意してもらう必要があるからだ。一人の賢い人がそのアイデアの何か問題を指摘すれば、時として力を持っている人、通常そのアイデアを殺すには十分である。それがCan’t Do Cultureである。 The trouble with innovation is that truly innovative ideas often look like bad ideas at the time. That’s why they are innovative ― until now, nobody ever figured out that they were good ideas.イノベーションの問題は、それが真にイノベーティブなアイデアの場合、当初とても悪いアイデアのように見える。それがイノベーティブである理由だ。それまで誰もがそれがいいアイデアであると発見できなかったのだから。 Creative big companies like Amazon and Google tend to be run by their innovators.クリエイティブな大会社(AmazonやGoogle)はそのイノベーターによって経営されている。それがCan Do Cultureである。Don’t hate, create.これは言うのは簡単だが行うのは難しい。自戒をこめて。

引用元: Can-Do vs. Can’t-Do Culture – 未来のいつか/hyoshiokの日記.

オモロキ、「ボケて」のコンテンツを独自編集して「Yahoo! JAPAN」のスマホアプリに配信 – CNET Japan

ボケてセレクトは、ボケてに投稿された全てのボケの中から、画像共有サービス「Flickr」上でクリエイティブ・コモンズの「Attribution(作品を複製、頒布、展示、実演可能だが、著作権者の表示を要求する)」ライセンスである画像を利用したボケのみをピックアップし、ランキング形式で提供するスマートフォン向けコンテンツ。

引用元: オモロキ、「ボケて」のコンテンツを独自編集して「Yahoo! JAPAN」のスマホアプリに配信 – CNET Japan.

「左脳は論理、右脳は創造」は誤認 | web R25

末神先生によれば、僕らの脳は右脳と左脳で分担しながら処理することで、目に見える世界を効率的に認識している。

「しかし、その“得意”というのも、処理にかかる時間が数十ミリ秒~数百ミリ秒(1ミリ秒=0.001秒)ほど短いだけで、もう一方の半球がその処理を行えないわけではありません。そもそも左右の半球は脳梁でつながっており、それぞれの半球で処理される情報は常に行き来しています。ですから、ある課題や知的作業について、一方の脳“だけ”が使われるという状況はまず考えられないんです」

ただ、大脳の左右半球に構造的・機能的な差があること自体は、様々な研究によって確認されていると末神先生は解説する。しかし、それが「左脳は計算、右脳はクリエイティブに使われる」というのは飛躍しすぎだというのだ。

「これは赤血球の抗原の種類によって性格が分類できるという、血液型占いに近い迷信といわざるを得ません。科学的根拠はありませんのでご注意を」

引用元: 「左脳は論理、右脳は創造」は誤認 | web R25.

広告とM&Aを人が繋ぐ。 – 漂流する身体。

しかし、変わる様な説得力のある提案を広告代理店が出来るかと考えても、難易度は高いと言わざるを得ません。大企業というのは何やるにせよ根拠が必要な組織ですが、何しろ尖ったクリエイティブには根拠が余り無いので、説得力は尖ったクリエイティブそのものの力に頼る事になり、それで大企業サイドが説得されてる絵姿は想像できません。しかも、広告代理店の方も、その尖ったクリエイティブがもたらす結果に自信を持ててる訳では無い。なぜなら広告代理店は、広告キャンペーンの結果の実販データを、普通は知らないので、PDCAをまわす事で貯まるノウハウに乏しい構造になっているからです。過去数年間、広告代理店と仕事する機会がそこそこありましたが、大手代理店のエース級の種牛チームから提案を受けても、ここは毎回感じる所です。ビジネスの話じゃなくて、広告の話をしている感じというか。なので、尖った提案に根拠を持たせようとすると、成功した事が誰しもに知られている有名事例からのアナロジーが増え、これが結果としてどこかで見た事のある、尖っている様で尖っていないクリエイティブに繋がります。

引用元: 広告とM&Aを人が繋ぐ。 – 漂流する身体。.