タグ別アーカイブ: ギズモード・ジャパン

ほとんどの働きアリは働いてないことが判明 : ギズモード・ジャパン

2:8の法則なんてもんじゃなかった…!

アリといえばチームワークのイメージですが、働きアリとは名ばかりで、実はまったく働いてない働きアリが圧倒的大多数を占めることがアリゾナ大学の最新の調査でわかりました。

調査対象は、北米の松林に生息する茶色の小さなアリ「Temnothorax rugatulus」。一般的に分業体制をつくる種として知られ、餌を集める専門、巣をつくる専門、卵の世話をする専門がいます。ところが巣を詳しく調べてみたら、これとは別に、なんにもしない専門がいたのです。

研究班ではまず5つのアリの巣をラボに用意し、巣の構成員全員にカラーペイントで点の目印をつけました。そして2週間に渡って、HDカメラで1日6回5分間ずつアリの動きを記録してみたのです。

すると、働きアリのうち71.9%は半分以上の時間怠けており、25.1%に至っては1度たりとも働いている姿が観測されなかったんだそうな。観測中ずっと精力的に働いている働きアリは、たったの2.6%でした。この結果は学会誌「Behavioral Ecology and Sociobiology」9月号に掲載中です。

過去の研究では、休むのは一時的なものであって、24時間サイクルのシフト交代制で働いているものと思われてきました。が、怠けるアリは昼夜関係なく1日中怠けていたのです。

これはもう、どう考えても仕事の合間の休み時間ではありません。これはこれで専門なのではないか、そして働きアリの分業体制の中でそれなりに重要な役割を担っているのではないか、と研究者たちは書いていますよ。

引用元: ほとんどの働きアリは働いてないことが判明 : ギズモード・ジャパン.

メガネ不要の3D映像。本物の人間が目の前にいるみたいだ : ギズモード・ジャパン

生身の人間と話しているのかと思ったら、映像だった。

メガネやゴーグル無しで3D映像を見る、それはインターフェース・デザイナーにとって難題のひとつです。何もかけない状態では3D映像を成立させることはできていませんでした。しかし、今年のCG界の祭典SIGGRAPHでは、ある研究グループが驚くほど精巧に再現された人間の3D映像を発表したのです。しかもメガネ無しで見ることができ、使用されたプロジェクターの数はなんと216機。

開発したのは南カリフォルニア大学のInstitute for Creative Technologiesで、撮影された人間の3Dモデルがどこから見てもちゃんと3Dに見える、多視点の3Dディスプレイを実現しました。まず、非常に強い照明の中で30台のカメラを使って人間を撮影した後、216個ものプロジェクターに映像を分けます。それぞれのプロジェクターは巨大なスクリーンの周りに半円を描くように配置され、そのため映像を見ている人はスクリーンの前を歩きながらでもスムーズに前のプロジェクターから次のプロジェクターへ、映し出される像を移動しながら見ることになるのです。結果として、映像ははっきりとした厚みを持ち、細部まで本物のように感じられるというわけです。

あまりにもリアルな映像を作り出せるので、この技術でデジタル人間の全身だって映すことができます。博物館や教育のシーンで活躍してくれそう。音声認識の技術を加えれば質問に答えることだってでき、そうなればもはや本当に映像と会話しているみたいな感覚です。それに本物の人間がそこにいるかのようなリアルさがあるため、デジタル人間とアイコンタクトを取り、まるで自分の話をしっかり聞いてくれている気さえしてきます。

引用元: メガネ不要の3D映像。本物の人間が目の前にいるみたいだ : ギズモード・ジャパン.

米国もメートル法へ移行を…と唱える大統領候補が登場 : ギズモード・ジャパン

ここは批判を恐れずに意見を述べましょう。我々はメートル法へと移行し、世界に巻かれることにしようではありませんか。真に国際的な一国となるうえで、これはほんの小さな一歩を踏み出すに過ぎないのですから。

CNNのインタビューに対して、こんなふうにリンカーン・チェイフィー(Lincoln Chafee)氏は語り、大統領選に向けた公約の説明を行なっていますよ。前ロードアイランド州知事のチェイフィー氏は、同じ民主党の大統領候補としては圧倒的な知名度を誇るヒラリー・クリントン氏に対して、米国の真の国際化を訴えながら対抗する構えをみせていますね。長年親しまれてきたヤードポンド法から、いざ実際にメートル法へと移行するには、多大のコストが必要とはなるものの、最終的には米国経済に多くの恩恵がもたらされることになると説いているようですよ。

なお、ほかにもチェイフィー氏は、イスラム国との戦いに、米国の一国としての力ではなく、国際連合の強化による国際的な対応を唱えるなど、いろいろと興味深い政策を打ち出しているんだとか。とはいえ、少なくともメートル法への完全移行だけは、たとえチェイフィー氏が大統領選に負けても実現させてほしいと応援したい人は、世界には多いはず。当の米国民がどう思っているかは定かではないですけどね~。

引用元: 米国もメートル法へ移行を…と唱える大統領候補が登場 : ギズモード・ジャパン.

グーグルマップ・Chrome・YouTube…全部オフライン利用対応へ! #io15 : ギズモード・ジャパン

Google I/Oの発表のうち、もっとも私達に役立ちそうなのがこれ。グーグルマップ・Chromeブラウザ・YouTubeがなんと今後オフライン利用に対応することが発表されました。対応スマホはAndroidスマートフォンとなっています。

ちなみにこれらの機能をグーグルは「the next billion」と表現しています。その意味は発展途上国におけるインターネット利用をさらに快適なものにする、ってことみたいです。さっそく詳細をみていきましょう。

Google I/Oの会場では、目的地を設定したスマートフォンをエアプレーンモードに設定するデモが行われました。通常エアプレンモードでは地図機能は利用できないはずですが…なんと、まだ地図機能が動作してるじゃないですか! 目的地のアドレスや電話番号、店舗の開店時間なんかもきちんと確認できます。さらに、進行方向の矢印や音声によるナビゲーションも動作。グーグルマップよ、貴様は不死身なのか!

またYouTubeでは最大で過去2日間に見た動画を保存し、オフラインで閲覧することができます。Chromeには「Network Quality Estimator」というシステムが導入され、ネットワークの状態に合わせて検索結果やウェブページを調整し、テキストや情報を画像より優先して閲覧することができます。この辺りが途上国でのインターネット利用に役に立つんでしょうね。

引用元: グーグルマップ・Chrome・YouTube…全部オフライン利用対応へ! #io15 : ギズモード・ジャパン.

自己清掃する海を作れ。20歳が発明した巨大なプラごみホイホイが対馬にくる! : ギズモード・ジャパン

太平洋のプラごみを10年で半分に減らす人類史上最も野心的な海掃除が、オランダの20歳青年の音頭で始まりました!

青年の名はBoyan Slat君。

海掃除と言っても、別にゴミ攫って世界中の海を回るわけじゃないですよ。「勝手にきれいになる海」をつくるんです。

詳しい説明の前にごみの量を整理しておきますと…世界の海には1年にざっと推定800万トンものプラスチックごみが投棄されています。これはサイエンス誌が今年発表した2010年の統計です。世界で初めて海洋ゴミを数値化したものとして注目を集めました。それまでの予想を遥かに上回るのも衝撃ですが、ごみポイ上位20ヶ国のうち12ヶ国までがアジアというのも日本にとっては衝撃度高いですよね。筆頭のごみポイ国はお隣・中国です。

そこでSlat君が考案したのは、世界中の海流が交わる要所(旋回と呼ぶ)に巨大なバリアを浮かべてゴミを一網打尽にするプランです。放っといても流れ流されてゴミの方から拾われにくるような仕掛けですね。これを発明し、デルフト工科大で最優秀技術デザイン賞をもらいました。

ついつい「一網打尽」と書きましたが、網は使いません。生き物が網に絡まって身動きとれなくなっちゃうので。代わりにブームという道具を海に浮かべ、そこにV字型のバッファーをつなぎ留めて、ごみ来い来い♪とやるんです、はい。

Slat君はさっそく太平洋ゴミベルト撲滅を目指して非営利団体「Ocean Cleanup」を設立しました。そこのサイトによると、海流はこのブームのずっと下を流れていくので、魚は安全に通り抜けられるんだそうな。プカプカ浮くプラスチックごみは水面のバリアのところに貯まるので簡単に拾って処分できる、ということです。

引用元: 自己清掃する海を作れ。20歳が発明した巨大なプラごみホイホイが対馬にくる! : ギズモード・ジャパン.

自己清掃する海を作れ。20歳が発明した巨大なプラごみホイホイが対馬にくる! : ギズモード・ジャパン

先月この海掃除システムをいよいよ2016年に仕掛ける計画が発表されました。場所はなんと長崎県と韓国の間にある対馬です。そう、海流が出会う場所と聞いて、社会で習ったリマン海流と対馬海流が脳内に蘇ったみなさんは大正解!玄界灘の辺りは魚も集まるけど、ゴミもよく集るんでしょね。ここに全長2kmのごみホイホイを仕掛けます。 海に浮かぶ仕掛けとしては「史上最長」です。

嵐にも耐えるプラごみホイホイ、計画通り進めば対馬を皮切りに世界中に仕掛ける予定ですよ。

その前に何はさておき分布図づくりということで、「Ocean Cleanup」は今年8月、船50隻を横1列に並べてハワイとカリフォルニアの間の海域3,500,000km²の範囲をガーーーッと走査し、太平洋プラごみ分布の高解像度MAPを世界で初めてつくる計画です。やることがいちいちデカいぞ、20歳。

今や海洋学者、海事エンジニア、翻訳者、デザイナーなど総勢100人のチームを率いるSlat君。彼のもとには対馬市長、ロサンゼルス市長など、計画実現の鍵を握る政治家からも応援が寄せられています。

「Ocean Cleanup」は昨年、クラウドファンディングで160ヶ国に住む38,000人から200万ドル(約2億5000万円)を超える出資を集めて誕生したみんなのプロジェクトです。いやほんとこれ、うまくいくといいですね!

引用元: 自己清掃する海を作れ。20歳が発明した巨大なプラごみホイホイが対馬にくる! : ギズモード・ジャパン.

なるほど。JR西日本が始めた酔っ払い線路転落防止策が海外で話題 : ギズモード・ジャパン

ふつう「酔っ払いの転落事故」と聞いてみんながイメージするのは、「線路と平行にちどり足で歩いていて足を踏み外す」パターンですよね? ところがいざ調べてみるとそれは意外にも少なく、約1割しかないことがわかりました。

逆に圧倒的に多かったのが、まったく想像もしなかったような行動パターンでして、「線路に突然歩き出してそのまま落ちる酔っ払い」、これが全体の約6割にも達したんです。次いで多かったのが「直立状態から突然ヨロけて落ちる酔っ払い」(約3割)。

いずれの場合も大半の酔客は「動き出して数秒で転落」していました。帰らなきゃって思っちゃうんでしょね…。

いきなり線路に突進して落ちる酔っ払いのイメージ図

この驚くべき結果をもとにJR西日本がやったのが、こちら。

そう、ホームに横向きになるようにベンチの向きを変えたのです。なーるほど、これだったら距離も稼げるし、周囲の人が止めに入るまでのエキストラ数秒が稼げますね! わかってしまうと、な~んでこんな単純なことに今まで気付かなかったんだろう、調べればわかることなのに、という感じです

引用元: なるほど。JR西日本が始めた酔っ払い線路転落防止策が海外で話題 : ギズモード・ジャパン.

倒産したので、顧客情報を競売で流出させます…ってどうよ? : ギズモード・ジャパン

米国内では老舗の家電販売チェーンとなるRadioShackが、惜しまれつつも、倒産のあおりをうけて全米の約2000店舗の閉鎖を余儀なくされました。債権の回収にあてるため、あらゆる金目のものは売りに出される大閉店セールを展開中……。というのはわかるんですけど、もっとも高く売れそうなRadioShackの顧客の個人情報までが競売にかけられているんですよね。

RadioShackが競売にかけたのは、1300万人以上の顧客のメールアドレスおよび6500万人分の住所データと伝えられています。えぇっ、でも、これまでは個人情報を保護するとうたって収集してきたデータを、倒産と同時に売りさばいてしまうのは違法ではないの?

いまRadioShackの店舗へ苦情を申し立てようとも、すでに大半のショップが通常営業を終了しているみたいです。おまけに、店のレジになっていたPOS端末まで売り払われる始末ですから、とてもとりあってはくれなさそうですよね。ある店では中古パソコンも大処分セールにかけられていましたが、中身のプライベートなデータは本当に安全に消去されてから販売されているのかな?

個人情報を平気で販売する体制へと様変わりしてしまった、現在のRadioShackに対しては、あらゆる不安が頭をよぎってしまいます。なお、すでにRadioShackの顧客リストの競売事件に対しては、米国内のいくつかの州で差し止めを求めて裁判沙汰ともなっているようです。

一方、過去にRadioShackと取り引きがあったAT&Tなども、RadioShackの今回の対応に対しては反対姿勢を表明しています。でも、その理由は、AT&Tの携帯電話ユーザーに関する詳細が情報から判明することで、顧客リストの流出がビジネスに支障をきたすことをおそれるゆえなんだとか。ちょっと純粋なプライバシー保護の観点とは異なる思惑もからんではいるみたいですが、なにはともあれ、この個人情報の投げ売りは大いに物議を醸しても当然ですよね~。

引用元: 倒産したので、顧客情報を競売で流出させます…ってどうよ? : ギズモード・ジャパン.

なんじゃこりゃ…車体の下に吸い込まれて開くドア : ギズモード・ジャパン

自動車のドアって、スライドドアなどを別にすれば、基本的にノブに手をかけてヒンジを中心に開閉するスタイルが、19世紀に自動車が発明されて以来、ほとんど変化していないそうですね。でも、こんなふうに車体の下に滑り込んでいく設計のドアデザインはいかがでしょうか?カリフォルニアに本社があるJatechが発表した「Retractable Vehicle Door」は、通称「消える自動車ドア」こと「Disappearing Car Door」のネーミングの通り、これで乗りつけて車内から颯爽と出てくれば、周囲から大注目の的となること間違いなし! また、隣の車や壁との隙間がほとんどない場所でも、ドアを開くためのスペースを必要としないため、非常にスムーズな乗り降りができる実用性も備えていると好評のようです。ただ同社は、高級車のみならず、普通のコンパクトカーにでも搭載可能な新構造として、なんと2007年から各メーカーへのOEM提供が可能と謳ってRetractable Vehicle Doorをリリースしてきたものの、残念ながら広く普及することはなく現在に至ってしまっています……。緊急時のマニュアル開閉機能による安全基準も満たしていると説明されていることですし、今年こそ、どこかの自動車メーカーから公式採用されてメジャーデビューしてこないかなぁ。

引用元: なんじゃこりゃ…車体の下に吸い込まれて開くドア : ギズモード・ジャパン.

盗撮しないでよ…IPカメラ内蔵の電球が登場 : ギズモード・ジャパン

新たにSengledが「2015 International CES」にてリリースした「Snap」は、720pのHD映像に対応するIPカメラやマイク、スピーカーまで内蔵されたLED電球となっており、室内の人の動きなどを検知して自動録画できるようになっています! 録画映像は、ネットワーク経由でクラウドにアップロードされているため、遠隔再生で常にSnapが取り付けられた室内をチェック可能とのことですよ。撮影中はインジケーターランプが光り、はっきりと周囲に録画中であると示されるようにはなっているようですが、これは気づかないうちに勝手に撮られちゃう人も続出するのでは?なお、すでにSengledは、JBL製のBluetoothスピーカーを内蔵し、さりげなく天井からサウンドを奏でられる「Pulse」および「Pulse Solo」LED電球を発売しているほか、Wi-Fiルーター機能を搭載し、室内にアクセスポイントを提供できる「Boost」LED電球も好評販売中です。ユニークなスマート電球の最新ラインナップに加わる、ネットワークカメラ内蔵のSnapも、防犯用途を中心にして、きっと需要は大きいんでしょうが、くれぐれも使い方にはご注意を。

引用元: 盗撮しないでよ…IPカメラ内蔵の電球が登場 : ギズモード・ジャパン.