タグ別アーカイブ: ガソリン

国交省が「UBER」に中止指導 福岡で実験中 (qBiz 西日本新聞経済電子版) – Yahoo!ニュース

福岡市などで、一般ドライバーの乗用車に相乗りする「ライドシェア」の実験を行っている米企業ウーバー・テクノロジーズに対し、国土交通省が「無許可でタクシー業を行う『白タク』行為を禁じた道路運送法に抵触する可能性が高い」として中止を指導したことが3日、分かった。日本法人のウーバー・ジャパンは「やり方を修正して懸念を払拭(ふっしょく)したい」として、実験継続の意向を示している。

実験は「みんなのウーバー(UBER)」の名称で、2月5日に開始した。利用者がスマートフォンのアプリで、場所を指定して配車を依頼すると、付近にいる同社に登録した一般ドライバーが迎えに来て、目的地まで送る。九州大の関連法人「産学連携機構九州」と提携。交通需要の調査などを目的にしており、利用は無料だ。

だが、ドライバーにはデータ収集の対価として、乗車時間などに応じウーバー社から報酬が支払われており、国交省は無登録の有償旅客運送に該当する可能性が高いと判断した。ウーバー・ジャパンは「今後はガソリン代やデータ通信費などの実費を支払う」としており、この場合は有償運送に当たらないとの立場だ。

ウーバー社は2009年設立。54カ国約280都市で、アプリを利用したハイヤーやタクシーの配車、有料のライドシェアサービスを提供している。タクシー業界などから反発が強く、海外では同社のサービスを規制する地域も出ている。

引用元: 国交省が「UBER」に中止指導 福岡で実験中 (qBiz 西日本新聞経済電子版) – Yahoo!ニュース.

誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond

アルカイダ誘拐の歴史

アルカイダは設立当初は裕福な支援者からの援助で運営されていたが、現在ではヨーロッパからの身代金が主たる資金源と考えられている

2003年に人質32人の身代金としてドイツが500万ユーロ払ったのが「アルカイダ誘拐ビジネス」の始まり

2004年にはアルカイダ活動員が誘拐のハウツーガイドを発行

身代金の多くは、民間企業を通じて払われるか、途上国支援金名目で支払われる。イエメンのアルカイダへの支払いはオマーンかカタール経由になることもある

現在では誘拐は計画的に行われており、逃走用ガソリンを逃走路に埋めておく、人質が女性だった場合にモスリムの誘拐犯とその女性の体が触れ合わないためのマットレスを用意するなど周到

引用元: 誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond.

マンホールふたなど50枚飛ぶ 下水道でガソリン引火か:朝日新聞デジタル

2日午後3時40分ごろ、東京都品川区豊町6丁目の住民らから「マンホールのふたが全部飛んだ」といった110番通報が相次いだ。荏原署によると、下水道で爆発があり、その風圧でマンホールや側溝のふた約50枚が持ち上がり、外れた。けが人はなかった。現場は国道1号付近の住宅街で、一時騒然となった。

署によると、ふたが外れたのは南北約200メートル、東西約160メートルの範囲で、国道1号や周辺の路地。近くで10代男性がバイクを修理していたところ、ガソリンが側溝から下水道へ流れ、何らかの原因で引火して爆発した、と署はみている。都下水道局も原因を調べている。この影響で、国道1号の一部や歩道などが通行止めになった。

近くに住む70代の女性は「打ち上げ花火のようなドーンという音が3回して、警察官から『下水管を洗浄しているので、ガスを使うのは控えてください』と言われた」。タイヤ販売会社を経営する男性(64)は「下水が逆流してトイレが水浸しになった」と話した。

引用元: マンホールふたなど50枚飛ぶ 下水道でガソリン引火か:朝日新聞デジタル.

言い分聞いてくれない裁判官宅と間違え3回放火 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

静岡市内の司法書士宅などで昨年7月に相次いだ放火事件で、静岡中央署などは8日、同市葵区瀬名中央、無職平出勝男容疑者(62)を、現住建造物等放火容疑で再逮捕した。

発表によると、平出容疑者は昨年7月5日深夜~6日未明、同市大岩本町の無職女性(92)宅に、ガソリン入りのペットボトルが入った段ボール箱を置いて火をつけ、壁などを焼いた疑い。女性にけがはなかった。

捜査関係者によると、平出容疑者は死亡した父親の遺産分割について親族と民事裁判で争っていたという。調べに対し、「民事裁判で言い分を聞いてくれなかった裁判官の家に火をつけたつもりだった。同じ名字の家があってこれまでに3回放火したが、間違えたようだ」と供述しているという。昨年7月時点では、この裁判官は県外に異動していた。

平出容疑者は今年1月、遺産分割調停に関わった2人の司法書士宅に対する現住建造物等放火容疑と同未遂容疑で逮捕されている。

引用元: 言い分聞いてくれない裁判官宅と間違え3回放火 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

ニュージーランド政府、「ジェットパック」試験飛行を許可 « WIRED.jp

ニュージーランドとオーストラリアのメディアが8月13日(現地時間)に伝えたところによると、ニュージーランドの航空局(CAA)はMartin Aircraft社に対し、「実験飛行許可」を承認したという。これによって広範にわたって市販される道が開けるかもしれない。

同社の最新モデル「P12」は、技術的には「ジェットパック」とはいえないものの、2基のダクテッドファンを使って上昇し、2.0リットルV4ピストン200馬力のガソリンエンジンを備えた垂直離着陸機だ。最高高度は1500m、巡航速度は56km/hに達するように設計されている。予定価格は15万ドルだという。

「Martin Jetpack」の最初のモデルが発表されたのは2008年だった。※11年には飛行試験で、高度約1500mまで上昇、時速96km以上での巡航に成功している。(日本語版記事)

TVNZの記事のなかで、CAAは次のように述べている。「試験飛行は、必要な安全手順に関する厳しい制限の対象となった。それ以外にも、地面から20フィート(約6m)または水面から25フィート(約7.6m)を超えて飛行させてはならないなどの制限が課せられたうえ、人が住んでいない地域の上空に指定された2箇所の試験飛行区域に限られる」

引用元: ニュージーランド政府、「ジェットパック」試験飛行を許可 « WIRED.jp.

エンジンの熱効率、新理論で60%に 早稲田大  :日本経済新聞

早稲田大学の内藤健教授は8日、自動車のエンジンの効率を高める新たな燃焼方法の理論を見つけたと発表した。燃焼室で複数の方向から音速に近い速さで燃料を吹きこんで一点でぶつけて圧縮して燃焼させる。コンピューターでの数値計算(シミュレーション)で可能性を確かめた。エンジンの試作を終えており、今年度内に実証試験でおおよその性能を調べる。

自動車のガソリンエンジンは過去20年間で燃費が1.5倍になったといわれるが、熱効率は最大でも30%。低速運転のときには15%にとどまる。より効率的な燃焼方法を探る研究が進んでいる。

新理論だと数値計算では熱効率が60%以上になる可能性があるという。自動車エンジンだけでなく、航空機用にも応用できる。内藤教授はそれぞれの小型エンジンを試作、実証試験を始めた。実用化に向けて協力企業も探す。

引用元: エンジンの熱効率、新理論で60%に 早稲田大  :日本経済新聞.

サボテンから発想! 水から油を除去できる極小針を中国が開発 « WIRED.jp

極小針を使用したソリューションでは、油滴は針の先端に集まって、錐体から基部に上って行く。そこでもっと大きな油滴になって吸収、除去されるという仕組みだ。

油滴は独力で移動する。基部近くの側面よりも先端近くの側面の方が、曲率が大きいためだ。これによって力の不均衡が生じて、油滴は錐体を移動する。

表面が粗い針の方が、滑らかな針よりも2.5倍効率的であることと、長くて高密度な針の方が、短くて低密度の針よりも効率的なこともわかった。これはおそらく、長くて高密度な針の方が、短くて低密度な針よりも、油が付着できる表面が大きいからだろう。

ガソリンや石油エーテル(石油の低沸点留分の一種)などの油を、水から分離させることに成功した。表面を粗くしたポリスチレンなど、油を吸着しやすいさまざまな素材から作られた錐体が機能することがわかっている。

引用元: サボテンから発想! 水から油を除去できる極小針を中国が開発 « WIRED.jp.

道路を走れる飛行機をつくる

まだパイロットでない皆さんのために言うと、私たちが望むほど多く飛べない理由は主に4つあります。第一に天候、それにコスト、トータルでの所要時間、目的地での移動手段です。天気が悪くなったときには、ただ着陸して羽を畳み、家までドライブして帰れます。多少雨が降ってもワイパーがあります。お金を出して格納庫に預ける代わりに自宅のガレージに止められます。私たちが使っている自動車用無鉛ガソリンは航空用ガソリンと比べて安く、環境にも優しいものです。トータルでの所要時間も短縮できます。鞄を運んだり、駐車する場所を探したり、靴を脱いだり、飛行機を格納庫から引っ張り出す必要はなく、その時間を目的地へ向かうために使えるからです。目的地での移動手段という問題も解決します。羽を畳んでそのまま走り出せばいいのですから。

引用元: 道路を走れる飛行機をつくる.

ポイントやマイレージの年間発行額、2013年度は少なくても1兆円超へ – CNET Japan

2011年度の発行額は、最少でも9770億円に達したと推計。発行規模は業界によって大きく異なるが、クレジットカードやコンビニエンスストアでの増加率が顕著であったという。

ポイント付与の基本となる指標やその数値の面ではクレジットカードとガソリンでの値が高まった。ポイント適用率の面では総合スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアでの値が高まっており、これらが全体的な発行規模を押し上げる要因となっていると分析している。

2011年度は東日本大震災の影響で売上減少が見られたが、2012年度以降、景気の回復や消費者のポイントカード提示率の上昇などに伴い、発行額はゆるやかに拡大。2013年度には1兆円を超え、2017年度には1兆8000億円程度の規模になると予測している。

引用元: ポイントやマイレージの年間発行額、2013年度は少なくても1兆円超へ – CNET Japan.