タグ別アーカイブ: カモ

シマウマが「しま模様」になった謎を解明か、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

シマウマのしま模様は、ツェツェバエなどの吸血バエを寄せ付けないためにあるとする、生物学者の間で140年にわたり繰り広げられてきた論争に決着をつけることを新たに目指した研究論文が1日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。 1870年代以降、進化論をそれぞれ提唱した英国の自然科学者チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)とアルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace)が火付け役となって発生した議論の中で、科学者らはシマウマがトレードマークのしま模様をどのようにして持つに至ったかをめぐる論争を続けてきた。 しま模様はカモフラージュのためであり、サバンナで「動きによる目くらまし効果」を発揮することで、ハイエナやライオンなどの捕食動物からシマウマを守っているのだろうか。 しま模様から熱を放射することで、体温が上がりすぎないように調節しているのか。 もしくはしま模様は、集団同一性やおそらく交尾のためなどの社会的役割を果たしているのだろうか。 だが、米カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)のティム・カロ(Tim Caro)氏率いる研究チームが発表した最新の研究によると、しま模様は寄生性のハエの危害

引用元: シマウマが「しま模様」になった謎を解明か、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

AをするためにBをする、ということ

このベゾスの逸話みたいな話を、ぼくは「AをするためにBをする」と呼んでいる。なんかもったいぶった表現だが、要は「Aという最終目的を達成するために、Bという一見違ったことをやる」ということだ。ベゾスの場合、

A=オンラインで買い物をする人たちのデータを把握するために

B=まずは教育レベルの高い富裕層のデータを集めるために、ネットで本を売る。

というわけだ(まあその先に、データを使ってコストを下げまくってEコマースの市場を独占する、という最終ゴールがあるのだが)。

ベゾス先生の千里眼恐るべしというわけだが、別に世界征服を狙っていない人でも、この「AをするためにBをする」という考え方は有用である。いや、むしろベゾスと正反対の、意識が弱く怠け者な人ほど、「AをするためにBをする」ことをおススメしたい。

やり方は至極カンタンである。ベゾスネ申の場合、

A=最終目的

B=それをカモフラージュする手段

だったが、我々愚民の場合、

A=意志薄弱で達成できていないゴール

B=それを副産物に持つ、比較的ラク、あるいは自分の潜在欲求を満たす行動

という風に置き換わる。

引用元: AをするためにBをする、ということ.

ニセ超能力者やってたけど何か質問ある? | AMAの世界

超能力を信じていて、かつ「疑り深い」という人は、カモにされやすい人でもある。それは、そこにすでに「信仰」が存在しているからであり、振る舞いさえわきまえておけば、それは助けにこそなれ、障害にはならない。

引用元: ニセ超能力者やってたけど何か質問ある? | AMAの世界.

ボットはいかにして私から価格付けの力を奪ったのか

ボットはいかにして私から価格付けの力を奪ったのか: しかしあの古いギャンブラーの諺を思わずにはいられない。「カモになっているのが誰かわからないなら、それは自分だということだ」